法定労働時間と所定労働時間の違いってなに?


法定労働時間と所定労働時間は言葉こそ似ているが、その意味はそれぞれ異なる。

まず、これら二つの言葉はそもそも同列で並べること自体が適切ではない。なぜなら「法定労働時間」は労働時間に関する統一的なルールである一方で、「所定労働時間」は法定労働時間の範囲内で各会社がそれぞれ設けるルールだからである。

これら二つの言葉の違いを理解しておくことで、求人を読む際に企業が法律を守って労働時間を定めているか、といったことが分かるはずだ。

そこで、それぞれの言葉について解説したいと思う。

1.法定労働時間とは?

法定労働時間とは、労働基準法という法律によって決められている労働時間のルールです。”法”で”定め”られている”労働時間”なので「法定労働時間」と呼ばれるのだ。

なお、労働基準法で決められている法定労働時間は以下である。

1日8時間・1週40時間
※商業、映画・演劇業(映画製作事業除く)、保健衛生業及び接客娯楽業であって、常時使用する労働者が10人未満の事業場は、特定として週法定労働時間44時間
参考記事:労働時間・休日・労働制度の基本をおさえよう

つまり、企業は1日8時間・1週40時間を超えた労働を従業員に行わせてはいけないのである。しかし、現実として1日8時間・1週40時間を超えて仕事をしているという方は多いだろう。

実は、1日8時間・1週40時間のルールはあくまで”原則”であり、”例外”も認められる場合がある。それは、時間外労働だ。

企業はあらかじめ労使協定(36協定)を締結して、所轄の労働基準監督署に届け出ることにより、法定労働時間を超えた労働を従業員に行わせることができる。

もちろん、無制限に認めてしまっては、法律の意味がなくなる。そのため、時間外労働には上限が設定されており、さらに従業員に対して割増賃金を支払わなければいけないのである。

ちなみに、変形労働時間制やフレックスタイム制のような労働時間制度が導入されていると、またルールが変わるので注意しよう。ただ、一般的な労働時間制度が導入されている場合は、「法定労働時間は1日8時間・1週40時間」で「法定労働時間を超える場合は割増賃金が発生する」と覚えておけばいいだろう。

2.所定労働時間とは?

所定労働時間とは、就業規則等で定められた「始業時刻から終業時刻までの時間から休憩時間を差し引いた労働時間」を言う。つまり、企業それぞれの労働時間に関するルールである。

所定労働時間は、企業ごとが自由に設定することができるのだが、あくまで法定労働時間の範囲内で設定しなければいけない。「1日9時間」のように、労働基準法を無視するような所定労働時間を設定することはできないということだ。

逆に言えば、法定労働時間と同じ時間を設定する必要もないのだ。企業の求人情報を見ると、7時間労働・7時間15分労働・8時間労働等、企業によって設定されている労働時間が異なるのはこういうわけだ。

3.所定労働時間を超えた労働を行った場合の割増賃金はどうなるのか?

法定労働時間を超えた労働を行った場合、割増賃金の支払いが必要となるのは前述した通りだ。それでは、所定労働時間を超えた労働を行った場合はどうなるだろうか。

いくつか具体例を挙げて解説する。

3−1.所定労働時間が8時間の場合

所定労働時間が8時間の場合で、所定労働時間を超えて労働を行った場合は割増賃金が発生する。

法定労働時間が8時間と決まっているので、これは当然だろう。

3−2.所定労働時間が7時間の場合

それでは、所定労働時間が7時間の場合で、所定労働時間を超えて労働を行った場合はどうなるだろうか。

この場合は、何時間超えて労働を行ったかが問題となる。

1時間しか超えていないのであれば、「7時間+1時間=8時間」であり、法定労働時間内にギリギリ収まっていることになる。つまり、割増賃金の支払いは不要だ。

だが2時間を超えた場合には、「7時間+2時間=9時間」となり、法定労働時間を1時間超えて労働を行ったことになる。つまり、割増賃金は1時間分支払う必要がある。

以上より、「所定労働時間を超えた労働=割増賃金の支払いが必要」とはならないことが分かるだろう。割増賃金の支払いが必要となるかどうかは、あくまで「法定労働時間を超えたか否か」で判断するのだ。

もちろん、所定労働時間が法定労働時間より短く設定されていたとしても、就業規則によって「所定労働時間を超えた時点で割増賃金を支払う」と設定しておくこと自体は自由だ。実際に、このように設定している企業は少なくない。このように設定している場合は、たとえ所定労働時間が7時間でも、所定労働時間を超えて労働を行うと割増賃金は発生することになる。

4.まとめ

以上、法定労働時間と所定労働時間の違いについて説明させてもらった。

法定労働時間は全体のルールなので、「1日8時間・1週40時間」と覚えておけばいいので、転職活動で求人情報を読む際には、所定労働時間に注目するようにしよう。

例えば、給料が20万の求人が二つあったとしても、片方が「所定労働時間7時間」でもう片方が「所定労働時間8時間」であれば、前者の方が短い労働時間で20万の給料がもらえることが分かるだろう。

求人を読む際には、給料だけに注目しがちだが、所定労働時間の長短によって、給料の見え方も実は変わるのだ。

参考リンク:厚生労働省


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。