転職成功の鍵は、今の仕事を本気でやること

パソコンを持つビジネスマン

今の仕事に不満を感じていますか?

転職を考えている人は、少なからず今の仕事に対して不満や物足りなさを感じているかと思います。そうなると、仕事に対するモチベーションも中々高まらないでしょう。しかし、今の仕事をずっと続ける気がなく、転職を決意していたとしても、その仕事を最後まで本気でやることをオススメします。転職予定が1年先だろうと、半年先だろうと、3ヶ月先だろうと、1ヶ月先だろうと、それは変わりません。

“社会人としての責任”というのもその理由の一つですが、それ以上に、今の仕事を本気でやることが結果的に転職成功の鍵となるからです。

ここで言う”本気”というのは、何も長時間労働をするべきというような話ではありません。自分の心に問いかけた時に、”本気でやった”と答えることができるかどうかが重要なのです。

どのような人物を採用担当はとりたがるか

では、なぜ今の仕事を本気でやることが転職成功につながるのだろうか。

それは、自分の身を企業の採用担当者に置き換えれば自ずと見えてくるはずです。あなたが、企業の採用担当者だったらどのような人物を採用したいと考えますか?転職する理由として、現在の仕事の不満しか挙げないような人を採用したいと思いますか?

仕事に不満を持つこと自体は、人間としては仕方のないことであり、それ自体に問題はありません。しかし、それを面接の場などで、むやみに言うことは適切ではありません。なぜか?

それは、仕事に対する不満は前職を辞める理由になっていたとしても、志望企業があなたを採用するべき理由にはなっていないからです。つまり、あなたという人間に関するアピールに全くなっていないのです。

企業が採用したいと思う人材は、企業に良い変革をもたらすような人材です。だからこそ、企業は面接の際に、前職で何をやってきたかを聞くのです。過去の実績からあなたの将来性を予想して、採用すベき人材であるかどうかを判断します。

企業の採用担当者は、あなたの前職に対する愚痴なんて聞かされても困るのです。その情報が、あなたの印象をプラスにすることはありません。

あなたは、企業があなたを採用するべき理由を、企業に対して納得してもらわなければいけません。企業の採用担当者は、いろいろな人とと会っては面接をしています。その中で、あなたを採用することがベストであると思わせなければいけません。前職の不満を話しても、そのように思われることはないのは明らかでしょう。

自分自身を売り込むためには、その理由を作らなければいけません。そして、その理由を作るためには、今の仕事を本気でやることが一番手っ取り早いのです。けっきょく。

ということで、今の仕事を本気でやりましょう

今の仕事に対して不満はあるかもしれません。ただ、そこに務めている限りは、不満ばかり言っていても仕方がありません。不満は、転職することによって解消しましょう。不満があることは、仕事で無闇に手を抜く理由にはなりません。

例え不満があったとしても、今の仕事を本気でやることは、転職活動の際にアピールできるポイントが増えることに繋がります。また、不満があったとしても、自分なりに職場環境を変革しようとしたりすれば、それもアピールポイントになるでしょう。

どうせ転職をするのであれば、できればより良い条件のところに行きたいでしょう。そのためにも、今の仕事に本気で取り組んで、面接の際にアピールできることがいっぱいあった方がいいに決まっています。

月並みではありますが、仕事を本気でやれば”成長”できるという大きなメリットがあります。手を抜いて仕事をするのと、本気で仕事をするのとでは、あなた自身の成長度合いに大きな差が生まれます。当然、本気で仕事をした方が成長につながります。

そして、成長は自信につながります。自信を持つと、話す言葉にも力が込もり、あなたの言葉に説得力が生まれるでしょう。これは面接の時に大きな武器になります。

現在の勤務先が嫌で、不満がいっぱいな人こそ、是非今の仕事を本気でやってみてください。それこそが、転職成功の鍵となるはずです。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。