完全週休二日制と週休二日制の違いとは?


似ていても注意!完全週休二日制と週休二日制の違い

完全週休二日制と週休二日制とは、求人情報に頻出する用語であり、転職活動をしているとよく目にするはずです。

どちらも”週休二日制”なのだから違いはないだろう、と思って意識をしていないと、入社してみたら休日の形態が考えていたものと違っていた!なんてこともあり得ます。

完全週休二日制と週休二日制は、言葉が似通っているので混同されている方がいますが、この二つの用語が指す意味は異なります。

休みのシステムがどのようになっているか、というのは皆さん転職先を決める上で重要視している点であるはずなので、できるだけこれらの用語についても明確に違いを理解しておくべきです。

また、求人情報を正確に読み解くことは、転職活動の効率化にもつながります。自分のニーズに合致する求人とそうでない求人を見分ける上でも、やはりこれらの違いは理解しておきましょう。

完全週休二日制とは?

完全週休二日制とは、その言葉の通り”完全に”週休二日であることを指します。つまり、毎週必ず二日間の休みが与えられる制度が、完全週休二日制なのです。

しかし、注意が必要です。完全週休二日制と聞くと”土日休み”と考えがちですが、毎週必ず二日間の休みであれば、休みの曜日に関わらず完全週休二日制です。

つまり、休みが二日間とも平日であろうと、毎週与えられていれば完全週休二日制に該当するのです。さらに、二日間の休みは固定である必要はありません。

以上を踏まえて、完全週休二日制に該当する例をいくつか紹介します。

  • 毎週土・日休み→完全週休二日制(土・日)
  • 毎週水・日休み→完全週休二日制(水・日)
  • 毎週日・その他1日休み→完全週休二日制(日・他1日)
  • 毎週シフトに応じて2休み→完全週休二日制(シフト制)

また、祝日の扱いについても注意が必要です。完全週休二日制は祝日の休みを保証するものではありません。祝日が含まれる週であれば、その他1日を休みにすれば、完全週休二日制となります。完全週休二日制は、あくまで”毎週二日間が休み”であることを意味する制度なので、祝日が休みであるかどうかは求人情報を確認する必要があります。完全週休二日制に加えて祝日も休みの場合は、完全週休二日制(土・日・祝)というように明記されることが多いです。

ただし、求人情報には明記されていなくとも原則的に祝日を休みにしている場合もあります。そのため、完全週休二日制の求人に応募した場合は、以下の点を確認するといいでしょう。

  • 休みの曜日はいつか
  • 休みの曜日は固定であるか
  • 祝日も休みであるか

週休二日制とは?

週休二日制とは、月に1週以上の二日間休みがある制度を指します。月に1週以上あれば、その他の週は二日間休みにする必要がないので、”完全”が外れて週休二日制を呼ばれます。

例えば、隔週土曜日に出勤があるような場合、繁忙期の月については土曜日出勤が発生する場合が、週休二日制に該当します。毎週二日間の休みがないと完全週休二日制とは言えないので、年に数回しか休日出勤がなくとも、週休二日制に該当してしまいます。

また、完全週休二日制と同様に、休みの曜日は土日である必要はなく、曜日が固定されている必要もなく、祝日も休みである必要はありません。ただし、週休二日制の場合でも、労働基準法によって毎週1日の休みは必ず与えられます。

週休二日制とされていても、実質的には完全週休二日制とほぼ同様であったり、代休付与によって結果的には休みの日数が完全週休二日制と同じ場合もあります。そのため、以下の点を確認しておくといいでしょう。

  • どのような休日形態であるか(隔週で週1日休みになるのか?年に数回だけ週1日休みになるのか?)
  • 代休などの制度はあるのか

ミスマッチを起こさないためにも、休日の制度は把握しよう

入社してみたら、思っていたのと違った、というのが転職活動において最も避けたいことです。

そのために、休日の制度がどのように運用されているのかは必ず聞いておくべきでしょう。

完全週休二日制と週休二日制の違いはもちろん、それぞれの制度の中でも、どの曜日が休みであるのかといった点は確実に把握しておきたいところです。

また、完全週休二日制と週休二日制は、制度としては完全週休二日制の方が、総休日日数が多いように見えますが、代休制度によって実は休日日数に違いがないということもあり得ます。

定期的に週二日間の休みを必ず取りたいのであれば、完全週休二日制が望ましいでしょうが、繁忙期と閑散期によって休みが調整できるのであればそうしたいという方にとっては、実は週休二日制の方が適している可能性もあります。

しかし、いずれにせよ、完全週休二日制と週休二日制だけでは、休日制度の詳細を把握することはできません。

転職エージェントを利用している場合のみですが、休日について面接官に聞きにくいのであれば、転職エージェントに聞いてもらうという方法もあります。

入社後のミスマッチを起こさないためにも、そして求人の情報を正確に理解するためにも、完全週休二日制と週休二日制の違いは明確に理解しておきましょう。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。