Webディレクターとは?仕事内容をかんたん解説!


Webディレクターとはどのような仕事を行うのだろうか。

IT・Web業界では必ずと言っていいほどに存在する、Webディレクターというポジション。ウェブサイトを持っていない企業がほとんどない現在においては、事業会社でも求められる職種だ。しかし、どのような業務を行っているのか、いまいち理解しづらい職種でもある。

そこで、このページではWebディレクターがどのような職種であるか、どのようなスキルが求められるのか、そしてWebディレクターを目指す場合にどのような転職サービスを利用すべきかについて紹介したい。

1.Webディレクターとは?

Webディレクターは一般的に、「ウェブサイトの制作・運営を指揮する」仕事を指す。明確な定義はないため、実際の現場ではプロデューサー・プランナー業務を行うこともあり、仕事の幅は非常に広いと言える。ただし、一般的には制作・運営の指揮を行う立場にあるので、実装業務を行うことは稀だ(Webディレクター兼任の作業者の場合はまた別)。

具体的には以下のような業務内容が挙げられる。

1−1.企画立案

ウェブサイト制作・運営の企画立案はWebディレクターの大きな仕事の一つだ。

コンセプト立案、デザイン・構成の明確化、システム面における要件定義など、ウェブサイトを形作る上での全体的なイメージをウェブディレクターが方向づけることになる。

そして、作成した企画を社内・社外の者に認識のズレなく伝えるために、企画書として文書化する必要性が生じることもある。具体的にはワイヤーフレーム・要件定義書の作成などが挙げられるだろう。

Webディレクターの仕事は、自身の頭の中に描いているウェブサイトの制作・運営像を、関係者に正確に伝えて実現させることにあると言える。

1−2.予算管理

ウェブサイトの制作・運営は、どのようなウェブサイトを作るかによって、必要となる費用が大きく変動する。ウェブサイト制作・運営を行うにしても、発生する可能性のある作業は以下の通り多岐に渡る。

  • デザイン
  • コーディング
  • ライティング
  • プログラム開発
  • 脆弱性検査
  • 保守 など

事前にウェブサイト制作・運営において必要となる工程を洗い出しておかないと、プロジェクトの途中で当初想定していなかった作業が発生し、費用の高騰化・スケジュールの遅れに繋がりかねない。

例えば、イラストを完全オリジナルで作成するのか、もしくは素材を利用するのかだけでも、制作にかかる費用・工数は変動する。

決められた予算内で何ができるのか・何ができないのかを把握した上で予算管理をしていくのもウェブディレクターの仕事だ。

1−3.メンバー選定・スケジュール策定

制作・運営するウェブサイトの規模にもよるが、規模が大きければ大きいほど制作・運営業務に必要なメンバーは多くなる。以下、ウェブサイト制作・運営に関係する可能性のある職種の例だ。

  • デザイナー
  • コーダー
  • プログラマー
  • ライター
  • カメラマン
  • マーケティング担当者
  • 法務担当者 など

各工程における必要となる作業者を割り出し、どのようなスケジュールでウェブサイト制作・運営を進行していくのか策定していくのもWebディレクターの重要な仕事だ。

特に、作業者が同時並行で複数プロジェクトを抱えている場合は、他のプロジェクトとの兼ね合いを考えてメンバー選定・スケジュール策定を行わなければならない。

ウェブサイト制作は、多くの関係者が関わる。すり合わせに想定以上の時間がかかったり、途中で要件が変更されたり、バグが見つかったりすることで、想定外の時間ロスが発生する可能性がある。そのため、余裕のないスケジュールを立てていると、いつの間にかリリースまでの時間が残されていないということもあり得るのだ。そのことにより、作業者への負担が増えたり、各関係者に迷惑をかけることになる。

1−4.進行管理

前述したようにウェブサイト制作では、想定外の場面で余計な時間ロスが発生することがよくある。そのため、Webディレクターは常にプロジェクトがスケジュール通りに進行しているか管理をしなければならない。

もしある工程でスケジュール遅れが発生したとしたら、その他の工程や予備日でその遅れを取り戻すための調整をする必要がある。

また、例えば関係者(クライアントなど)から要件の変更を要する要望がなされた場合には、要件変更により費用が追加でかかる旨やスケジュールを後ろ倒しにする必要がある旨などを理解してもらわなければならない。

各関係者とのコミュニケーションを密に行い、常に全体の進行を把握して管理するのもWebディレクターの仕事だ。

1−5.ウェブサイト分析

ウェブサイトの改善を行うために、ウェブサイト分析を日常的に行うのもWebディレクターの仕事である。

ウェブサイト運営におけるKGI・KPIを達成できているか否か。もし達成できていなかったらウェブサイトのどの部分に問題があり、改善が必要なのかを分析するのだ。

2.Webディレクターに求められるスキルとは?

Webディレクターの業務内容は明確に定められておらず、仕事場によってその業務範囲は大きく異なる。だが、いずれにせよ広範な知識が必要となることは共通する。

実作業を行うことは少ないとは言え、各関係者との意思疎通を図るためにも様々な分野における知識が必要なのだ。以下、Webディレクターに必要となるスキルだ。

2−1.フロントエンド言語の知識

HTML・CSSの最低限の知識はWebディレクターには必須だろう。HTML・CSSを使ってウェブサイトを作れる必要はないが、もし作れるのであればなお良い。

HTML・CSSの知識を持つことにより、コーダーとのコミュニケーションを円滑に進めることが可能となるのに加えて、軽微な修正であれば自身で行うこともできるようになる。

また、SEOを意識する上でもtitle・h1・h2タグ程度は理解しておかなければいけない。

2−2.バックエンド言語の知識

バックエンド言語に関する知識を持っておくこともWebディレクターの業務に役立つ。

シンプルなウェブサイト制作においてはHTML・CSSへの理解だけで十分かもしれないが、データベースとの連携を要するような規模の大きいウェブサイト制作においては、フロントエンド言語に対する理解だけでは心もとない。

フロントエンド言語・バックエンド言語で実現可能な機能を区別できることにより、予算管理・スケジュール策定もよりスムーズに行えるようになる。

2−3.Webデザインの知識

Webのデザインは紙媒体のデザインと異なる特徴もあるため、Web特有のデザインに関する知識もWebディレクターには必要だ。

ウェブサイトのデザインは短いスパンで流行が移り変わる。特に、デバイスの利用動向によって求められるデザインが大きく変わるのがWebデザインの大きな特徴だ。スマートフォンの普及により、パソコンだけではなくスマホを意識したデザインが必要とされたことからも分かるだろう。

海外のウェブサイトも含めて、様々なWebデザインを常にチェックして最新の流行にキャッチアップしていかなければならない。

2−4.Webマーケティングの知識

WebディレクターにはWebマーケティングの知識も求められる。例えば、検索エンジンからの集客を想定しているのであれば、SEOに関する知識は必須だろう。

多くの場合、ウェブサイトを作成・運営する目的は集客だ。ウェブサイトを作って終わりでは自己満足で終わってしまう。制作したウェブサイトの効果を最大限発揮するためには、マーケティングを意識した運営が必要である。

2−5.法律の知識

Webディレクターには、Webとは一見関係のない法律知識も必要となる場合がある。

例えばECサイトなどを運営する場合には、ウェブサイト上に「個人情報の取り扱い」「サイト利用規約」「特定商取引に関する表記」を掲載することになるだろう。また、健康食品などを扱う場合には薬事法に関する知識も必要だ。

もちろん、法律の専門家ではないので法律の内容を全て把握しておくことは難しいだろう。だが、少なくともウェブサイトで扱う商材の関連法律にどのようなものがあるかは理解しておかなければならない。

2−6.折衝能力

Webディレクターは実作業を行うことが少ないが、関わる関係者の数はとにかく多い。各関係者との橋渡しを行うために、各所との折衝を行うのもWebディレクターの重要な役割だ。

一人の関係者によるわがままが全体の進行に影響を与えるのが、ウェブサイト制作・運営である。各関係者のわがままを全て聞き入れていては、いつまでたってもプロジェクトは進まない。そこで、Webディレクターの調整力が試されるのである。

3.Webディレクターを目指す方におすすめの転職サービス

最後に、Webディレクターとして転職をしたい方におすすめの転職サービスを紹介したい。Webディレクターは大量募集を行うような職種ではないため、一定の期間で掲載課金をするような転職サイトでは中々求人が見つからないこともある。また、専門性も求められる職種なだけに、Webディレクターを求める企業はWeb業界に特化した転職サービスを利用する傾向にある。

Webディレクターとして転職を成功させるには、Web業界に強い転職サービスを利用することが大事だ。

3−1.転職エージェント

3−1−1.Geekly

Geekly

Geekly

Webディレクターを目指す方に強くおすすめしたい転職エージェントはGeeklyだ。

拠点が東京なので、基本的には関東圏での転職をしたい方が対象となるが、とにかくサービスの質が高いのが特徴である。IT業界で3年以上のコンサルティング歴を持つ、実績のあるコンサルタントで固められており、無理な拡大をせずに少数精鋭によるサービスレベルを保持している。サービス満足度は非常に高く、受賞歴も多数ある。

専門性の高い分野であるからこそ、Web業界への転職はコンサルタントの知識がポイントだ。その点、Geeklyなら安心して転職の相談をすることができるだろう。

3−1−2.ワークポート

ワークポート

ワークポート

ワークポートは今でこそ全業種に対応した総合転職エージェントとしてサービス提供を行っているが、元々はIT・Web業界に特化した転職エージェントであった。

やはりその名残はあり、今でもWeb業界の求人は多く取り扱っている。そのため、コンサルタントのWeb業界に関する知識もあある。拠点も、東京のみならず大阪・福岡に置いているので、関東圏以外の方でもサービス利用できるのは嬉しい。また、サイト上では惜しみなくサービス利用者の満足度アンケートを掲載しており、サービスレベルの高さに関する自身も窺える。

3−1−3.DODA

DODA

DODA

Web業界への転職はWeb業界に特化した転職エージェントを利用したいところだが、そのような転職エージェントは中小規模の場合が多く、全国展開していないことが多い。そのため、地方に住んでいる方は全国展開している総合転職エージェントへの登録をおすすめする。

その点、DODAなら全国各地に拠点を置いており、地方に住んでいる方にもおすすめできる。求人数も非常に多く、総合転職エージェントの中でサービスの評判が高いのも特徴だ。

また、事業会社におけるWebディレクター求人であれば、むしろ総合転職エージェントの方が見つけやすい場合も多い。そういう意味では、Geeklyやワークポートのサービス圏内に住んでいる方でも、事業会社への転職を考えているのであれば登録メリットがある。

3−2.転職サイト

3−2−1.Green

Greenトップページ

Green

Web業界への転職に強いサービスとして評判なGreenもおすすめだ。

Greenは転職エージェントではなく、転職サイトではあるが、掲載期間による課金モデルを取っていないため、募集人数の少ないようなWebディレクター求人も多く取り扱っている。

求職者と採用担当者が双方向にコミュニケーションを取るような機能が多いのがサービスの特徴である。また、Greenでは面接を行う前に”面談”形式で求職者と採用担当者が会うことを奨励している。

面談も選考の一部ではあるが、それでも軽い気持ちで採用担当者と会える”面談”という形式は、Web業界で働く人間の性質に非常に合うだろう。

また、採用担当者から直接スカウトが送られてくるので、転職エージェントとはまた違った企業と出会える可能性も高い。Web業界はベンチャーが多く、隠れた”面白い”企業が多い。Greenはそういった企業と出会うにはうってつけのサービスだ。

3−2−2.Find Job!

Find Job!

Find Job!

Find Job!はIT・Web業界に特化した、20年の歴史がある転職サイトだ。

Web業界に特化して転職サービスはまだまだ若い企業が多い中、サービスを20年も継続させているという実績は特筆すべきだろう。求人数は7000件以上(2017年1月時点)と非常に多く、求人の更新頻度も高い。

Greenが腰を据えて求職者と採用担当者がマッチングを行うような転職サイトであるのに対して、Find Job!はどちらかというと旬な求人情報が入ってくるのが特徴だ。

4.まとめ

以上Webディレクターの業務内容・必要なスキルと転職活動を行う上でおすすめしたい転職サービスだ。

Webディレクターは幅広い業務を行うため、重要となるのはやはり知識だ。移り変わりが激しいWeb業界では、常に最新の情報を追っていかなければならない。情報収集を怠らずに最新の情報を追っかけるのが好きな方に向いている仕事だと言える。また、関係者とのやり取りが多いので、人とのコミュニケーションに抵抗がないことも重要だ。

Webディレクターの企画力次第、ウェブサイトの成功が左右されると言っても過言ではない、責任のある仕事であるWebディレクターはやりがいもある。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。