ベンチャー企業は成長できる、というのは本当か?


転職活動におけるベンチャーという選択肢

年収を増やしたい、社会的知名度のある企業に入社したい、成長できる環境に身を置きたい・・・など、転職活動を行う理由は人それぞれです。年収や社会的なステータスという点を重視すれば、やはり大手企業ということになるでしょう。実際に転職希望者の中には大手志望の割合はかなり多いと思われます。

しかし、”成長”を転職のキーワードとして考える場合はどうでしょう。

“成長”を重視するなら、オススメしたいのがベンチャー企業です。確かに大手企業は研修制度が整っており、成長できる環境は用意されています。大手企業でしか学べないことは多いでしょう。

しかし、ベンチャー企業における”成長”は大手企業のそれとはまた異なります。ベンチャー企業だからこそ手に入る能力というものは確実に存在します。

そこで、以下ではベンチャー企業で成長できる理由についてお話したいと思います。ベンチャー企業における”成長”は必ず、後々大切な資産となっていきます。

ベンチャー企業ではなぜ成長できるのか

柔軟性

ベンチャー企業は大手企業のように、社員が多いわけではありません。

大手企業であれば、営業で採用された人間は営業を、経理で採用された人間は経理と、一人一人決まった仕事が割り振られます。異動などもあるでしょうが、職域は基本的に限定されています。

ところが、ベンチャー企業だとそうはいかない。商品の企画をしながら、それを実際に作り、作った商品を営業する、なんていうこともしばしば。自分が経験したことのないことであろうと、どんどん任されます。人材が豊富な大手企業のように、それぞれの分野に特化した人材をいちいち採用できません。ではどうするか?できないことは、できるようになればいいのです。ベンチャー企業のマインドはこんな感じです。

“ここまでが自分の仕事”というような線引ができないベンチャー企業では、様々な経験ができるはずです。対応力がかなり広がりますし、”やればできる”という前向きな発想も身につけられます。つまり、柔軟性が身につくのです。

スピード感

ベンチャー企業で重要なのはスピード感。規模では勝てない大手企業に対抗するためには、高回転でトライ・アンド・エラーをしていって、スピードで圧倒していくしかありません。

大手企業だったら、上司の承認を得たりしなければいけなかったり、失敗のリスクが懸念されて見送られるようなことでも、ベンチャー企業だとGoサインがポンポン出ます。失うものが少ないベンチャー企業では、失敗は恐れられません。むしろ失敗して機会を逃すよりは、やってみて失敗するかどうかを試せばいいという考え方が根強くあります。

だからこそ、何事もスピード感持って行われます。考えている暇があったら、とにかくやってみよう、という思考が身につき、いい意味で前のめりになれます。

責任感

人数が少ないベンチャー企業では、一人一人に与えられる責任も大きくなりやすいです。経験が少なかろうと責任のある仕事をどんどん任せられます。

組織として未発達だからこそ、上司との上下関係も薄く、社長と対等の立ち位置で話す機会もしばしば。不思議なもので、責任のある仕事を任せられると、人間というのは成長します。誰かが尻拭いしてくれるような守られている立場だと、ついつい手を抜いてしまうことも、責任が自分に降ってくると考えると、全力で望まざるを得ません。

このように責任感の醸成もベンチャー企業の特徴でしょう。

コスト感覚

大手企業だと、組織が大きすぎて、もはや何がどうなっているかもわからないでしょうが、ベンチャー企業に勤めていると、会社全体の状態というのは実によく把握できます。

変な話、営業が自分一人だとすると、会社全体の売上を把握できてしまうわけです。逆に支出もある程度予想ができます。事務所の家賃、一人一人の給料など考えていけば、大体どれくらいの利益が残るかもなんとなくでわかります。

そうなると、コスト感覚というのが芽生えます。大手企業だと、大きいお金を抵抗なく経費として使えるかもしれませんが、ベンチャー企業だと全体が見渡せる分、一つ一つのコストを賄うのがどれくらい大変なことであるかが身に沁みてわかるはずです。

自分一人の給料を賄うためには、それの何倍もの価値を提供しなければいけないという感覚が身につくはずです。経営者感覚に近いものが身につくでしょう。

もちろん大手でしか身につかないこともあります

もちろん大手でしか身につかないこともあります。資金が豊富にあるからこそできる発想というのは間違いなくあります。

また、大手企業は、既に体制も整っており、”社会の常識”というのが凝縮されています。ベンチャー企業だと、現場で随時わからないことを学んでいくようなスタイルですが、大手企業だと整った土壌の中でそれを当たり前のものとして教わることができます。

また、大企業の仕組みを把握していた方が、大企業に営業をかけるときに役に立ったりもします。ベンチャー企業を志望するような人であろうと、大企業の仕組みを理解しておくことはメリットがあるのです。

ベンチャー企業での経験は必ず将来活きる

転職活動をする際には、ついつい大手企業にばかり目を向けてしまいがちですが、私はベンチャー企業も強くオススメします。

大手企業に入ってキャリアに箔をつければ、次の転職活動にその経歴が役に立つことは確かにあるでしょう。一方で、誰も知らないようなベンチャー企業だと、履歴書・職務経歴書で誇れるものがなくなって、ステップアップの道が閉ざされてしまうとお考えでしょう。しかし、断言しますがそんなことはありません。

前述したように、ベンチャー企業では責任感のある仕事をどんどん任せられて、新しいスキルも必要に迫られて吸収していく必要があります。その経験があなたのキャリアに箔をつけるのです。履歴書・職務経歴書で華々しい大企業の名前は書けないかもしれません。ただしそれ以上に、濃密な経験を書くことができます。それはあなたの自信にもなります。

個人的に筆者は、ベンチャー企業で働くことによって目覚ましい成長を遂げたような人たちを数多く見てきました。彼らなら、この先職に困ることはないだろうなと感じます。

ベンチャー企業での経験は将来必ず活きます。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。