Uターン・Iターンとはどういう意味?


地方で働く、Uターン・Iターン

転職活動の際、求人を検索していると”Uターン・Iターン歓迎”という記載を見かけることがありますよね。

なんとなく地方の求人に多いと感じると思いますが、その通り地方で就職することを想定している言葉です。でも、なんでUターン・Iターンという風に使い分けているのでしょうか。

企業の求人は専門用語が多く、分かりにくいこともありますが、こういった用語を一つ一つ理解できていた方が、転職活動をよりスムーズに進めることができます。

そこで、求人において見かけることの多い”Uターン・Iターン”という用語について、それぞれ解説いたします。

Uターンとは

Uターンとは、地方で生まれ育った者が都心へ移住し、その後就職・転職のために出身地に戻ることを指します。

代表的な例をご紹介します。

  • 大学進学のために都心へ移住→出身地の企業に就職するために戻る(Uターン就職)
  • 大学進学のために都心へ移住→そのまま都心で就職→出身地の企業に転職するために戻る(Uターン転職)

こういったケースがUターンに該当しますが、明確に定義されている言葉ではありませんので、上記以外のケースも考えられます。一度都心に出た後に出身地に戻るのであれば、大体”Uターン”に該当すると考えても差し支えないでしょう。

Iターンとは

Iターンとは、都心で生まれ育った者が、その後就職・転職を機に地方へ移住することを指します。

Uターンと違って、”ターン”している要素がないので、厳密に言えば誤用ではありますが、Uターンに倣って使用されています。代表的な例は以下となります。

  • 都心で生まれ育つ→地方の企業に就職する(Iターン就職)
  • 都心で生まれ育つ→都心で就職する→地方の企業に転職する(Iターン転職)

こちらもUターンと同じく、明確に定義がなされているわけではありません。都心で生まれ育ち、地方で就職・転職をするのであれば大体”Iターン”に該当すると考えてください。

なぜUターン・Iターンを”歓迎”するのか

そもそもなぜ企業はUターン・Iターンを歓迎するのか。

地方では大学を機に出身地を離れていってしまう者が数多くいます。しかし、出て行かれて戻ってこないのでは、当然働き手の母数が減ってしまいます。そこで、Uターン・Iターンを歓迎することにより、地元の人材に限らず、幅広い地域に向けて門戸を開くことにより、人材採用の可能性を広げるのです。このように、人材難を解消するための母数確保が理由の一つと考えられます。

“優秀な人材の確保”も理由の一つとして挙げられます。これは地方が都心に劣っているという意味ではありません。ただ、企業の数にしても大学の数にしても、都心の方が多いのは明らかです。そのため、都心の方が人材の多様性に優ることは否定できません。また、大学・企業数の多さもあり、都心でしか得られない情報やスキル・専門性・経験があることも事実です。このような人材の獲得を目指してUターン・Iターン歓迎の求人を出すのです。

また、Uターン・Iターンを歓迎するのは企業だけではありません。Uターン・Iターンを支援する制度を設けている自治体もあり、受け入れに積極的な場合もあります。

Uターン・Iターンのメリット

でも、”歓迎”されてもメリットがなければUターン・Iターンをしようとは思いませんよね。そこで、Uターン・Iターンを行うメリットについてもご紹介します。

Uターン・Iターンを行ってから、逆に都心に戻れないなんて方も中にはいます。地方の魅力も実は十分にあるのです。

生活費

住居費・駐車場代・食費・交通費など、都心は何かと生活費が嵩みます。一方で、地方であれば都心と比較して大きく生活費を抑えることができます。特にインパクトがあるのは住居費でしょう。

都心に住んでいて最も家計にダメージを与えるのが住居費。この住居費さえ抑えられれば、自由に使えるお金も増えて、趣味に興ずることもできるなんてこともありがちですよね。

地方の住居費は都心より安い傾向にあるため、同じコストでも遥かに広い物件に住むことができます。

週末は観光地へ・・・

場所にもよりますが、観光地に恵まれた地域であれば、週末の予定には事欠きません。

都心のように一カ所に大勢が入り乱れているということもなく、人混みからも解放されます。

週末は車を走らせて、気になっていた観光地に赴いて、ストレスなく伸び伸びと過ごしましょう。

地方料理が美味しい

こちらも場所によりますが、料理が美味しい地域に行けば、毎日の食事が楽しみになります。

特に、”安い”が”美味しい”というお店があることが多く、思う存分に美味しい料理を食べることができます。

家族・友人

Uターン就職・転職であれば、出身地に戻るわけなので、家族と親しい友人と近くにいれるという点が大きなメリットになります。

Iターンの場合でも、新しい友人との出会いが待っていますので、それはそれで楽しみですね。

転職の際にはUターン・Iターンも選択肢に

上記のように地方で働くメリットは多くあります。また、地方にも隠れた優良企業は多く、決して都心に比べて劣っているということもありません。

もちろん、都心には都心の良さがあります。地方で就職・転職したものの、馴染めずに都心に戻ってくる方もいます。

ですが、自分の転職の幅を広げるためにも、一度地方での転職も検討してみては如何でしょうか。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。