徳島県でおすすめの転職エージェント2選+徳島発の求人情報サイト1選


徳島県で転職がしたい、徳島に住んでいるが県外で転職をしたい。しかし、どこの転職エージェントを利用すべきかいまいちわからない。このような悩みを持っている方もいるだろう。

転職エージェントはどれも同じではなく、それぞれ求人数やサポート体制など、全く異なる特徴を持つ。求人数が多くてもサポート体制が充実していないこともあるし、その逆もしかりだ。

そこで、このページでは、徳島県で転職活動を行いたい方のために、どのように転職エージェントを選ぶべきかについて、転職エージェントで働いてきた私の経験から紹介したいと思う。

転職活動は人生の大きな選択の一つ。後悔しないためにも、自分に合った転職エージェントを見極めよう。

1.大手か中小か?

都市圏と比較すると、どうしても徳島県における転職エージェントの選択肢は少なくなる。だが、大手転職エージェントでも地方の転職をサポートしてくれることがある。一方で、地元密着で手厚いサポートを行ってくれる中小転職エージェントも存在する。そこで、まずは大手・中小転職エージェントそれぞれのメリット・デメリットについて紹介したいと思う。

1−1.求人数なら大手転職エージェント

転職の際には、選択肢を広めるためにも求人の数を重視する方は多いだろう。その点、大手の強みは求人数が豊富にあることだ。大手企業から中小企業まで取り扱っているので、自分の志向に合った求人を見つけやすいだろう。

一方で、弱みとしてはサポート体制だ。大手転職エージェントは、全国に拠点を置いているとはいえ、さすがに全都道府県に拠点があることは稀だ。そのため、カウンセリングを受けるために県をまたいで移動しなければいけないこともある。

電話面談を行っている転職エージェントもあるが、電話越しでのサポートには限界がある。それに、直接会って面談するのと比べて電話での面談は求職者のサービス離脱率が高く、転職エージェント側もあまり力を入れてくれない傾向にある。

1−2.サポートが充実している中小転職エージェント

中小転職エージェントは基本的に大手と比べて求人数は多いとは言えない。しかし、その分サポート体制に力を入れている企業が多い。

また、地域密着型の転職エージェントは全国に拠点を置いていない分、その特定地域に置いては地元企業と密な関係性を築いているのも強みの一つだ。保有求人数は少なくとも、一つ一つの求人に対する理解度が高く、適切な求人を紹介してくれるだろう。また、対面でのカウンセリング・面接対策を行ってくれるため、自信を持って選考に臨むことができるはずだ。

ただし、県外の求人を扱っていることは少ないので、県外への転職を希望する場合は大手への登録が必須となるだろう。

1−3.大手1社・中小1社への登録がおすすめ

以上より、徳島県で転職を行いたい場合は、大手・中小の転職エージェントでそれぞれ1社に登録しておくことをおすすめする。

大手の求人数はやはり魅力だ。特に県外への転職を希望するなら必ず登録しておく必要がある。一方で、転職エージェントならではの充実したサポートは大手だと十分に受けられないことがある。また、地元企業への理解度は地域密着型の中小転職エージェントに分がある。

それぞれ1社登録しておくことにより、大手・中小のメリットを最大限活かすことができるだろう。

2.徳島県でおすすめの転職エージェント2選

それでは、徳島県でおすすめの転職エージェントを大手・中小それぞれ1社ずつ紹介したいと思う。

2−1.DODA

大手の転職エージェントでおすすめなのがDODAだ。

DODA

DODA

DODAは求人数がとにかく豊富なのが特徴だ。徳島県の求人も公開求人で440件有しており、業界No.1のリクルートエージェントの191件を上回っている。
※2016年12月時点

カウンセリングを受けるためには、広島の拠点まで移動しなければいけないのがネックだが、当然電話面談も受け付けている。しかも、淡白なサポートのリクルートエージェントよりも(アドバイザーによって個人差はあるが)サポートに力を入れているのもDODAの特徴だ。

全国の求人を扱っているので、県外への転職を考えている方にもおすすめ。徳島在住で転職エージェントを利用したい方は登録必須だ。

2−2.いつか徳島

徳島密着型の転職エージェントとしておすすめしたいのが、ムツビエージェント株式会社が運営する『いつか徳島』である。

いつか徳島

いつか徳島

正直求人数はそれほど多くない。2016年12月時点で確認したところ、大体80数件である。それでは、登録に値しないかというとそうではない。

中小転職エージェントは確かに求人数は少ないが、大手と比べてサポート体制がとにかく手厚い。転職エージェントを選ぶ基準の一つとして求人数も大事だが、サポート体制も同じくらい大事なのだ。なぜなら、自分に合った求人を紹介してくれるかどうかは、このサポート体制にかかっているからである。

その点、いつか徳島は徳島県に拠点を置いているので、対面でのカウンセリングを行ってくれる。場所は、阿波富田駅から徒歩5分・徳島駅から徒歩20分。遠方の場合は電話での面談も行ってくれる。

「徳島で働きたい」と考える求職者のニーズから生まれたサービスであり、徳島県に対する愛情があるのも好感が持てる。

無理に求人を紹介されることもなく、少ない求人数ながらも自身に合った企業を真摯に探してくれるはずだ。

3.徳島に本社を置くジャストシステムの『ピタジョブ』

転職エージェントではなく、求人情報サイトにはなるが、もうひとつ紹介しておきたいのが徳島に本社を置く東証一部上場の株式会社ジャストシステムが運営している『ピタジョブ』である。

ピタジョブ

ピタジョブ

もともとジャストシステムはソフトウェアの開発会社であり、日本語ワープロの代名詞的存在である『一太郎』を販売していることで知られている。

ソフトウェア開発会社なので、人材サービスについては素人のジャストシステムである。しかし、素人が作ったはずのサービスであるはずなのに、この『ピタジョブ』がこれまた使いやすさ抜群なのである。むしろ、素人が作ったからこそ、従来の求人情報サイトの在り方に引っ張られずに、徹底的にユーザー目線でサービス設計ができたのであろう。

UIがかわいらしく、操作は直観的に行える。だから、使い方に迷うことはまずない。そして、イラストなどを多用することで、「使っていて楽しい」という感覚を与えてくれる。

また、DODA・マイナビエージェント・typeの人材紹介と連携しており、各サービスの求人をサイト上に掲載している。そのため、求人数も豊富。

徳島県の求人数は137件であり、四国全体でも487件掲載しており、決して少なくはない。
※2016年12月時点

徳島出身の企業が提供するサービスとして、一度登録してみてはどうだろうか。抜群の使いやすさに、求人探しも捗ること間違いなしである。

4.徳島県で転職を成功させる3つのポイント

最後に、徳島県で転職を成功させるポイントを紹介したい。

4−1.エージェントからの連絡にはなるべく早く返信する

特に大手の転職エージェントを利用する場合に心がけておきたいのが、転職エージェントからの連絡に対する反応である。

大手の転職エージェントでは、一人一人のアドバイザーが担当する求職者の数がかなり多い。そのため、転職活動に積極的な求職者に力を入れる傾向にある。転職エージェントも慈善事業なので、この点は当然といえば当然である。

特に、電話でしか面談を行っていない場合、求職者の転職に対する温度感はアドバイザーにも伝わりにくい。そのため、力を入れるべきかそうでないのかを判断しにくいのである。

だが、アドバイザーからの求人紹介に早く返信をしておけば、「転職活動に積極的だ」という印象を相手に与えることができる。転職エージェント側の都合に合わせて行動するのは不本意かもしれないが、転職活動の成功率を上げるために、アドバイザーのモチベーションを上げるのが手っ取り早い。むしろ相手を利用するために、素早く返信しているという気持ちでいればいい。

4−2.希望に合わない求人にも応募する

次に、希望に合わない求人にも応募することをおすすめする。このことの効果は2つある。

まず、転職エージェント側のモチベーションを上げることだ。徳島県の求人はそれほど多いわけではない。その中で、あなたにあった求人をアドバイザーが紹介してくるわけだが、あまりにも応募を拒否されてしまうと、アドバイザー側も何を紹介すればいいのかがわからなくなってしまう。転職エージェントにとっては、紹介した求人に応募してくれないと、売上の見込みが立たないので、その場合はサポートが消極的になっていく。それを避けるためにも、希望に合わない求人に応募することも重要だ。

とはいっても、そもそも入社するつもりのない求人に応募したくないだろう。だが、転職エージェントのモチベーションを上げる以外にも効果はある。それは、面接の練習だ。

面接で自分を出し切れずに終わってしまう方は少なくない。希望する求人にだけ応募したものの、面接本番で緊張して、話したいことも話せずに選考を落ちてしまうのはあまりにもったいない。転職エージェントで面接対策を受けられるとは言っても、やはり本番と対策は全く違う。面接は受ければ受けるほど慣れてくるものだ。そういう意味で、希望に合わない求人でまずは腕試しをしていくのが重要だ。それに、面接を受けてみると、当初は興味がなかった企業に興味が湧くということは往々にしてある。視野を広げるためにも、求人への応募はある程度行っておこう。

4−3.転職エージェントを使い倒す

転職エージェントはどれだけ利用しても無料だ。それなら、せっかくなのでフルに転職エージェントを活用しよう。

職務経歴書や履歴書の作成に不安があるなら、書類添削を行ってもらうべきだし、面接に自信がないなら面接対策を頼むべきだ。転職エージェントのアドバイザーは数多くの求職者をサポートしてきているので、受かる求職者の傾向も理解している。過信は禁物だが、アドバイザーからのアドバイスを参考にすることは決して無駄にはならない。

5.まとめ

地域それぞれに転職の仕方はちょっとずつ違うもの。徳島県で転職をするなら、徳島県でのベストな転職方法を実践することが重要だ。

大都市圏と異なり転職エージェントの数も少ない中で、どのように転職エージェントを活用すべきか、しっかり理解した上で転職活動を行うことで転職の成功率は変わってくる。

また、転職エージェントに登録したとしてもそれを利用するか否かはあなた次第だ。どうせサービスは無料なのだから、とりあえず登録してみてもいいだろう。

徳島県で転職活動をしたい方にとって、このページが少しでも役に立てることを願っています。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。