『就職エージェント(新卒紹介)』ナビに登録する以外の、新しい就活の選択肢


就活の幅を広げる『就職エージェント(新卒紹介)』

今年も3月1日エントリースタートと共に、多くの就活生がリクナビやマイナビといった、大手就活メディアにこぞって登録をしました。

就活と言うと”まずはナビに登録”というのが一つの常識になっており、これをやらない就活生はほとんどいないでしょう。確かにリクナビやマイナビのような就活メディアは、掲載企業数が多く、豊富な企業の中から志望企業を選んでいくことができます。

一方で、あまりにも情報量が多くて、どこから手を付けていいかわからなくなってしまう方もいるのではないでしょうか?

そのような方に知っておいてもらいたいのが”就職エージェント(新卒紹介)”のサービスです。まだ新卒就活の手法としては一般化されていないため、認知度は低いと思いますが、今後広がっていくことも考えられる就活手法の一つです。

そこで本記事では、就職エージェントがどのようなサービスであるか、そしてどのようなメリットがあるかについて紹介します。”ナビに登録”することも大切ですが、就活のやり方はそれだけではありません。

視野を拡げるためにも、就活の選択肢の幅を広げるためにも、様々な就活手法を知っておくことはきっとプラスになります。

『就職エージェント』とはどのようなサービスか?

新卒市場では比較的新しいサービスである”就職エージェント”。就活生にとって馴染みは薄いかもしれませんが、実は企業の人事担当からするとイメージのしやすいサービスであります。

というのも、”就職エージェント”のサービスの流れが、中途採用における”転職エージェント(人材紹介サービス)“と酷似しているからである。むしろ、転職エージェントの新卒採用版が”新卒採用”ということもできます。

具体的なサービスの特徴は以下の通りです。

就活エージェントを通して就活を行う

ナビを活用した就活の場合、自分自身で企業にエントリーをし、スケジュール調整をし、選考に臨んでいくことになります。つまり、自分一人で就活を進めるのが基本です。

しかし、就職エージェントサービスの場合は、就活生はまず紹介会社に登録することになります。登録した紹介会社より、専任の就活エージェントが就活生一人一人につきます。

そして、就活エージェントが就活生に対して企業を紹介したり、選考への応募手続きを行ったり、企業とのスケジュール調整を行うことになります。つまり、就活エージェントが就活生の代わりに企業との調整を行うことになるのです。

成果報酬制

就職エージェントサービスを就活生が利用する際、サービス利用料は原則無料です。では、紹介会社はどこから利益を得ているのでしょうか?

それは、企業です。

紹介会社は、新卒の就活生を企業に紹介し、紹介した就活生の中から内定が出た場合に、成果報酬として企業から紹介手数料を得るのです。ナビの場合は、掲載を行うだけで費用が発生するので、企業にとってはリスクの少ない採用方法になります。

ただし、大量採用する場合はナビの方が当然費用対効果が高いです。就職エージェントは、ピンポイントで求める人材がいる場合や、大量採用を行わないような求人に適したサービスとなります。

ナビのような就活メディアでの採用が網漁だとすると、就職エージェントは一本釣りのイメージです。

『就職エージェント』のメリット

それでは、就職エージェントを活用するメリットは何だろうか。就職エージェントには以下のような特徴があり、自分自身で行う就活とは違うメリットがあります。

アドバイザーからのアドバイス

就職エージェントサービスには、就活生一人一人に専任のアドバイザーが担当としてつきます。

学生にとって就職活動は初めての経験。分からないことだらけのはずです。もちろん、周りの友人や先輩といった存在もいるでしょう。

しかし、就職活動に特化したアドバイザーという存在が近くにいることは、思いの外こころ強いことでしょう。

アドバイザーから書類添削や面接対策など、様々な悩みを相談することができるのです。

企業との調整代行

就職エージェントでは、企業との選考調整は全てアドバイザーが代わりに行います。

企業とのやり取りは神経を使うもの。選考への応募、選考の日程調整など、面倒な手続きを全て行ってくれることにより、余計な心配を減らすことができます。

自分に適した企業の紹介

就職エージェントでは、就活生の適性や希望を基に、アドバイザーが企業を紹介してくれます。

就活メディアの場合は、膨大な企業数の中から自分自身で企業を探す必要があります。一方で、就職エージェントでは、業界・職種に精通したアドバイザーが、就活生に適した企業をピックアップしてくれます。

また、アドバイザーは企業側から事前にどのような人物を求めているかヒアリングしています。そのため、あなたに適した企業のみをあらかじめスクリーニングして紹介してくれます。このことにより、ミスマッチもある程度抑えることができます。

選考のフィードバック

就職エージェントでは、アドバイザーが選考に関するフィードバックを行ってくれます。

面接においてどのような点が評価されたか、そしてどのような点が逆にマイナス評価となってしまったかをフィードバックしてくれるため、選考を有利に進めていくことができます。

また、選考に落ちた場合でも、なぜ落ちてしまったのかを教えてくれるので、次の選考に活かすことができます。

企業の情報を得られる

就職エージェントでは、アドバイザーがエージェントならではの企業情報を就活生に教えてくれます。

アドバイザーは選考企業ともやり取りを行っています。そのため、選考企業においてどのような人物が求められているか、どのような点が面接において重視されるか、どのような人物が採用される傾向にあるかといった情報を持っています。

こういった情報を就活生に教えることにより、選考をスムーズに進める手助けをしてくれます。

非公開求人の存在

就職エージェントでは通常の就活メディアでは公開されていないような求人を持っていることがあります。

例えば大量に応募が来られては困るような求人などがこれに該当します。このような非公開求人の存在も、就職エージェントのメリットの一つといえます。

『就職エージェント』のデメリット

上記のようなメリットがある一方で、就職エージェントには以下のようなデメリットもあります。

求人数が少ない

就職エージェントは、リクナビやマイナビのような就活メディアと比べて、求人数は圧倒的に少ないです。

そのため、求人数の幅としては決して広いとは言えません。豊富な求人の中から自分で志望企業を絞り込んで行きたい場合には、適していません。

スクリーニング

就職エージェントでは、アドバイザーが就活生に適した企業を紹介します。

これはメリットでもありますが、デメリットもあります。というのも、そもそも企業が求めていないような人材である場合は、紹介がなされないからです。

就職エージェントも慈善事業ではありません。利益を出さなければいけません。そのため、無理筋な企業はそもそも紹介されない可能性があります。

事前にスクリーニングがなされてしまうという点は、ミスマッチが起こりにくいというメリットがある一方で、可能性を知らないところで狭められているというデメリットにもなるのです。

『就職エージェント』を活用しよう!

“まずはナビに登録”。ほとんどの就活生は既に行っていることかと思います。

しかし、就職エージェントもメリットの非常に多い就活手法であり、自分自身の可能性を広げてくれることがあります。そのため、就職エージェントの活用も検討することをおすすめします。

もちろん、ナビと併用するのもありです。

就活の手法は一つではないということを忘れずに、自分自身の選択肢の幅をどんどん広げていきましょう。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。