転職活動に最適な時期


転職活動に適している時期とは?

一般的に転職活動に適している時期は3~4月もしくは9~10月、つまり春・秋の時期と言われます。これは企業の決算月に関係します。実は、企業の決算月で最も多いのが3月であり、その次が9月なのです。(参考:国税庁活動報告

つまり、3~4月と9~10月のタイミングにちょうど年度が切り替わる企業の数が非常に多いのです。

年度の切り替わるタイミングは、人事異動や新規事業の立ち上げが行われることが多く、退職者が発生しやすい時期でもあります。そうなると各社とも人員の補充を行う必要が生じ、一時的に中途採用のニーズが高まるのです。

中途採用ニーズの高まりと共に求人数も増加するため、転職希望者にとっては豊富な選択肢の中から自分にマッチした仕事を探せる時期とも言えます。

反面、当然のごとく転職希望者も増加する傾向にあり、競争相手も多い状況になります。そのため、求人数が多くとも一概には転職に”有利”な時期とまでは言い切れません。

ただ、一年を通して募集の出されている求人が”適任者が見つかれば採用をしたい”というものであることが多いのに対して、年度替わりの採用ニーズはもっと緊急性が高い傾向にあります。欠員の補充が関係していることが多いためです。

いつ転職活動を行うべきか

それでは、転職活動はいつ行うのがベストか?一般的に適していると言われている3~4月もしくは9~10月に行うべきか?

転職活動の時期を検討するにあたり、他にも考慮しなければいけない点は多々あります。例えば賞与をもらってから転職活動を行うのであれば、賞与の時期ありきで転職時期を決めた方がいいでしょう。

また、何よりも重要なのは現職の引継ぎ状況でしょう。社会人としては、あまり非常識な退職の仕方をしない方がいいです。転職活動を行うのであれば、後任者に対する仕事の引継ぎを、スケジュールに余裕を持って行っていくべきです。

逆に、転職時期を調整するために、何ヶ月も予定を遅らせてしまうと、その間に新しい職場で得られたであろう経験を失うことにも繋がります。慎重になりすぎるのも考えものです。それに、年齢が与える印象も大きいので、誕生日よりも前に転職活動を進めるという考え方もあります。

個人的には、転職活動について、一般的に言われている”適した時期”を意識する必要はないかと思います。どちらかというと、自分の状況を鑑みた上で、どの時期に転職活動を始めるのが最適化を判断すべきかと思います。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。