検索エンジン型求人サイトについて


検索エンジン型求人サイトとは

検索エンジン型求人サイトとは、インターネット上に存在する求人情報を収集して、検索結果一覧として表示するサービスを指します。

通常の転職サービスは、企業から求人の掲載依頼を受けて、サイト上に求人情報を掲載します。

しかし、検索エンジン型求人サイトは企業から直接掲載依頼を受けずとも、インターネット上に存在するあらゆる求人情報を収集します(掲載依頼を受けた上で掲載を行う場合もあります)。各転職サイトの求人情報はもちろん、企業のコーポレートサイトに掲載されている求人情報も収集の対象となります。

検索エンジン型求人サイトにおいてユーザーが求人検索を行うと、その検索条件に近い求人が検索結果一覧として表示されます。検索結果一覧に表示されている求人情報をクリックすると、掲載元の求人情報ページにリンクします。

“求人情報専門のGoogle”と言う表現が近いでしょう。

米国では検索エンジン型求人サイトの利用は一般的であり、代表的なサービスであるindeedは米国において10人中7人が利用しているとされています。

検索エンジン型求人サイトの流れ

Googleの利用が無料であるように、検索エンジン型求人サイトの利用も一般的には無料です。また、あくまで求人情報を収集しているだけの”検索エンジン”であるため、応募自体は求人の掲載元で行うのが特徴です。

気になる求人を検索

検索エンジン型求人サイトのサービスは主に”検索”が軸となります。

キーワードや検索条件を指定して、自身の希望の求人を探すことになります。インターネット上のあらゆる転職ポータルサイト・コーポレートサイトに掲載されている求人情報が検索対象になりますので、横断的な検索ができるのが特徴です。

求人検索を行うと、Googleのように検索結果が一覧にて表示されます。その中から気になる求人を探します。

気になる求人をクリック

検索結果画面で一覧表示されている求人の中で、気になる求人があればクリックします。

クリックすると、その求人の詳細ページに飛びます。求人の詳細ページは、求人情報の掲載元である外部サイトにリンクされています。

掲載元で求人応募

もし求人への応募を希望する場合は、掲載元の求人詳細ページで応募を行います。

あくまで掲載元の求人詳細ページでの応募となりますので、検索エンジン型求人サイトで応募しているわけではありません。

検索エンジン型求人サイトの仕組み(無料の理由)

検索エンジン型求人サイトの利用は一般的に無料です。ビジネスモデルとしては、有料広告枠を設けているケースやクリック課金型の費用体系としている場合がある。

例えば、検索エンジン型求人サイトに求人を依頼し、掲載された求人がユーザーによりクリックされた場合に費用が発生する”クリック課金型”。また、インターネット上の求人サイトを無差別に検索エンジン型求人サイトが収集するが、より求人を目立たせるために有料で広告枠に掲載する”有料広告枠型”。

企業側から費用をもらうことにより、ユーザーは無料で利用することができるのです。

検索エンジン型求人サイトのメリット

1.サービスが無料である

検索エンジン型求人サイトの利用は無料です。特に登録も必要としない場合がほとんどであり、いつでも好きな時に気軽に求人を検索できるのが特徴です。

2.求人を横断的に検索できる

検索エンジン型求人サイトの最大の強みは、求人を”横断的に”検索できる点です。

様々な転職ポータルサイトの求人を横断的に一括検索できるのがとにかく便利。転職サイトを行き来する必要がなく、一箇所で求人検索を済ますことができます。

インターネット上の求人を横断的に収集しているので、求人数も当然膨大。そのため、幅広い選択肢の中から、気になる求人を探すことができます。

3.検索に特化している

検索エンジン型求人サイトは”検索”に特化しています。そのため、一般的な転職ポータルサイト内の検索システムより検索精度が高い傾向にあります。

検索エンジン型求人サイトのデメリット

1.応募自体は掲載元で行う

検索エンジン型求人サイトでは、応募自体は掲載元で行うことがほとんどです。そのため、結局は外部サイトで新たに会員登録をしなければいけないこともあります。
※検索エンジン型求人サイト上で応募できる求人も全くないわけではありません。

転職活動の全てを検索エンジン型求人サイトで完結することはできません。

2.求人情報が多すぎて精査が必要

検索エンジン型求人サイトには膨大な求人が掲載されているため、自身の希望に合う求人を探すためには、上手く絞り込んで求人検索をしなければいけません。

あまりに求人数が多すぎて、かえって求人を選べない・・・なんてこともあり得るかもしれません。

検索エンジン型求人サイトの活用方法

日本でも近年広まりつつある検索エンジン型求人サイトですが、米国ではいち早く一般的となっています。

利用も無料であり、デメリットもほぼありません。転職ポータルサイトを利用しても、結果的にはサイト内で検索を行うのであれば、検索エンジン型求人サイトで横断的に求人検索をした方が選択肢の幅が広がります。

特に登録もないので、とりあえず使ってみることをオススメします。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。