スカウトサービスについて


スカウトサービスとは

スカウトサービスとは、求人企業や人材紹介会社がサービス登録者に対して、スカウトメールを通して面接などのオファーを直接行うサービスである。

登録したらひたすらメールを待つだけのスカウトサービスもあれば、転職エージェントや転職ポータルサイトの機能の一部としてスカウトメールが組み込まれている場合もあります。

一般的に転職エージェントであろうと転職ポータルサイトであろうと、求人企業は受け身で求職者の応募を待ちますが、スカウトサービスは求人企業が求職者にアプローチする”攻めのサービス”です。ちなみに、人材紹介会社も企業に紹介できる人材に登録してもらうためにスカウトサービスを利用することがあります。

一方で、通常は自身で応募する企業を決める求職者にとっては、求人企業(もしくは人材会社)からのオファーを受けることができるスカウトサービスは”受け身のサービス”と言えます。

以下では、スカウトサービスの流れ、スカウトの種類、スカウトサービスのメリットについて紹介します。

スカウトサービスの流れ

経歴の登録

スカウトサービスを利用するには自身の学歴や職務経歴を事前に登録しておく必要があります。登録してある経歴が求人企業の検索条件に合致すれば、スカウトメールが送信されます。

経歴は求人企業に対して公開されているので、魅力的な内容であればあるほど、多くの企業からのスカウトメールが送られてくる可能性も高まります。

もちろん、氏名など個人が特定できるような情報は伏せられるのが一般的です。さらに、現職の企業に転職活動を知られたくないという人も当然いると思いますが、自分の情報を特定の企業には表示させないようにすることも可能です。そのため、現職に転職活動がバレるというリスクについては気にする必要はありません。

また、どこまでの情報を公開するかも調整できることが多いです。

スカウトメールを受ける

経歴を登録すると、あなたに興味のある企業からスカウトメールが送られ、面接などのオファーがなされます。人材紹介会社からも求人への応募のオファーが送られてくることがあります。

企業・人材紹介会社から直接スカウトが来るという特別感はありますが、実は条件に合致した求職者全てに対して一括メールを送信できる場合がほとんどなので、スカウトメールが来たからといって、選考自体が特別有利に進められるということではありません。注意しましょう。

ただし、少なくとも”条件には合致している”ことになるので、自分から無闇に応募するよりはマッチングの確度は高まるでしょう。

オファーに反応する

スカウトメールが来てからの流れは、基本的に通常の選考と変わりありません。

スカウトメールに記載されているオファーの内容に応じて、書類選考や面接選考に進みます。選考以降は、各企業・人材会社それぞれのフローに従います。

スカウトメールの種類

スカウトサービスにおいて送られてくるスカウトメールは大きく以下の二種類に分けられます。

人材会社からのスカウトメール

まずは、人材会社からのスカウトメール。

例えば転職エージェントを運営する人材紹介会社が、自サービスに登録してもらうために送るスカウトメールが挙げられます。また、転職サイト自体が、特定の求人を特定の求職者に一斉送信するケースもあります。

求人企業からのスカウトメール

次に、求人企業からのスカウトメール。

求人企業が独力でスカウトサービスに登録している人材を検索し、スカウトメールを送る場合が挙げられます。細かく経歴を見てスカウトメールを送る場合もありますが、条件の合致した人材に一斉送信する場合も多々あります。

スカウトサービスの仕組み(無料の理由)

求職者はスカウトサービスを無料で利用できます。

理由として、スカウトメールを送る求人企業側に”1通◯◯円”という費用が発生するためです。転職サイトの一部としてスカウト機能が組み込まれている場合は、掲載自体に費用が発生していたり、採用が決まったら成果報酬が発生したり、いずれにせよ費用を回収する仕組みはあります。

スカウトサービスのメリット

1.サービスが無料である

スカウトサービスの利用は無料です。求人の打診が無料でくるのであれば、使わない手はありません。

2.受け身でオファーがされる

スカウトサービスは求職者にとっては”受け身のサービス”です。

基本的には、スカウトメールが来ることを待つだけです。働きながら転職活動をしていると、中々求人検索に時間が取れないこともあります。そのため、企業側からオファーが待っているだけで来るのは、転職活動を効率的に行う上では大きなメリットとなります。

3.思わぬ求人に出会える

自身で求人を探すと、どうしても特定の業界や職種に偏りがちです。

しかし、日本には無数の企業が存在します。その点、スカウトサービスにおいては、あらゆる企業からオファーが来ますので、自身で求人検索をしていては見つかることのなかった、思わぬ求人に出会えることもあります。

しかも、あくまで受け身ですので、自分の手を動かさずして可能性が広がるのはメリットと言えるでしょう。

4.ある程度条件に合致しているので選考も比較的スムーズ

スカウトメールは条件に合致している求職者に一斉でメールが送られていることが多いため、選考が特別に有利に進められるわけではありません。

しかし、少なくとも企業の採用ニーズに合致している求職者に送られているので、そもそも年齢条件に合致していないような求人からはほとんどメールは来ません。つまり、門前払いの求人というのはほとんどないと考えられます。

その点では、比較的スムーズに選考を進められます。

スカウトサービスのデメリット

1.不要なメールがたくさん送られてくる可能性がある

スカウトメールは一斉送信が多いので、メールボックスに不要な求人メールが溜まってしまう可能性があります。

しかも、同じ求人から何度もメールが来ることもあるでしょう。メールボックスを分けるなどの対処をしておかないと、無駄なメールが増える一方になるのはデメリットです。

2.あくまで受け身であること

スカウトサービスは本質的に”受け身”なサービスであるため、自分から求人を狙い撃ちにしていくことはできません。

そのため、”攻め”の転職活動には向いていません。

3.自身の経歴を公開していること

スカウトサービスを効果的に利用するためには、自身の経歴をある程度公開する必要があります。

氏名を公開していなくても、SNSが発達している現代においては個人の特定も以前よりは容易です。そのため、企業から特定されることもあるでしょう。かといって、特定の企業を除外することはできるので、取引先企業や現職にバレるリスクはほとんどありませんが、個人情報を公開することに抵抗のある方には向いていないかもしれません。

スカウトサービスの活用方法

スカウトサービスは”受け身”のサービスであるため、求人検索に時間の取れないような方には向いています。また、他のサービスとの併用ももちろんできるので、メリットのほうが多いと言えます。

“いい求人があれば転職したい”という温度感であれば、とりあえず登録してスカウトを待つということ方法もあります。

ただし、積極的に転職活動を進めたい場合は、やはり併用は必須でしょう。転職活動において自分の理想の企業に入社するためには、自分から積極的に求人を探していく活動も必要だからです。

転職活動の主軸に据えるには心もとないが、サブのツールとしては非常に有用です。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。