転職スケジュールを立てる


いつまでに転職したいか

転職活動は一般的に1~3ヶ月程度の期間を要するとされます。

しかしあくまでこの期間は目安であり、実際は個々の求職者の状況によって異なります。在職中・退職後のいずれに転職活動を行うのか、また、現職の終業時間や有給休暇取得の状況によっても、同時に応募できる企業数が左右されてしまいます。

そのため、転職活動を始める前に、自身の状況に合わせて事前に転職スケジュールを立てておく必要があります。

特に、”いつまでに転職をしたいか”を定めておくことが重要です。転職活動には、書類選考・面接選考・現職における仕事の引継ぎ・入社前の準備など、こなさなければいけないことが多々あります。”いつまでに転職をするか”決めておくことにより、各工程に割くことのできる期間を逆算していくことができ、スケジュールを管理しやすくなるでしょう。

柔軟に対応できるよう、スケジュールに余裕を持たせる

転職活動のスケジュールは人それぞれの状況によって立てる必要があります。

退職後に転職活動を行うのであれば、選考の日程調整は容易であり、同時に応募できる企業数も在職中に行うよりはるかに多くなります。志望度の高い企業に応募していき、空いている日程に選考を詰めていけば、スムーズに転職活動を進めていくことができるでしょう。早くて1ヶ月程度で転職活動を終わらせることができます。もちろん、実力によって個人差は出ます。

一方で在職中に転職活動を行う場合は、現職の仕事状況にスケジュールが大きく左右されます。残業が多いと、思うように面接日程も調整できません。有給休暇を利用できればある程度解消されるでしょうが、やはり日程調整に苦労することは変わりないでしょう。営業職であれば業務中に面接を入れてしまうという手も・・・でもあまり大きい声ではおすすめできません。

日程調整が自由にできないと、同時に何社も選考を平行していくことが難しくなり、スケジュールも想定外に後ろ倒しになっていくことがあります。もちろん最初の1社で内定が決まってしまえば、それほど時間を要しませんが、同時並行が困難な分、1社の合否がスケジュールに与える影響は大きいです。

そのため、在職中に転職活動を行う場合は長期化にも対応できるよう、あらかじめスケジュールに余裕を持たせておくといいでしょう。勢いあまって現職に退職を告げてしまうと、無収入の状態で転職活動を行わなければいけない可能性もあります。注意が必要です。

転職活動の流れ

転職活動は大まかに以下のような流れで進みます。”いつまでに転職をするか”をあらかじめ決め、それぞれの工程に必要な時間を割り振っていきましょう。

自己分析・情報収集などの準備は自分自身で完結することであり、柔軟に期間の長短を調節できますが、選考期間・現職の引き継ぎ期間は自分の思い通りに進めることはできません。他人が関わる工程については、慎重にスケジュールを見積もりましょう。

自己分析

転職を検討する段階でまず行うのは自己分析。

自己分析によって、転職の目的を整理し、目指すべき方向性を定め、同時に自身の能力を客観的に把握します。そのことにより、どのような業界・職種・企業を志望すべきか自ずと絞られるでしょう。また、転職の目的が現職に在籍したままで十分に解決できるような内容であれば、そもそも転職する必要性すらないこともあります。例えば部署の異動や給料交渉だけで解決するような場合が該当します。

転職目的が曖昧なまま転職活動を行っても、希望の求人は見つかりません。また、現職で感じているのと同様の物足りなさ・不満を転職先で感じてしまうことになりかねません。

妥協せずに納得のいく転職活動を行うためにも、自己分析は重要です。

自己分析に割く時間自体は人それぞれです。普段から自身のやりたいことが明確であり、自己分析を行っているのであれば、特段に時間を設ける必要はないでしょう。ただし、いずれにせよ転職活動を始める前には行っておくべきです。

いつまでも自己分析に時間を割いてしまっても本末転倒なので、最長でも1週間程度で考えましょう。ある程度転職の軸が決まっているのであれば、選考と平行して行うことも問題ありません。

転職エージェント・転職サイトに登録

転職活動を検討しているのであれば、転職エージェント(人材紹介サービス)もしくは転職サイトに登録をしましょう。もちろん両方登録しても問題ありません。

初めての転職だと、転職活動のやり方もわからず中々どのように進めていけばいいのかイメージもつきません。勝手に転職活動を難しいものだと思って、決心がつかないこともあるでしょう。

転職サービスに登録すれば、心構えも多少は変わり、転職モードに頭が切り替わります。そのため、まだ転職活動を決心していなくとも、とりあえず登録だけでもしておくことをおすすめします。

また、転職サービスにも様々な種類があります。第二新卒・既卒・ウェブ業界・ハイスペック特化など、多種多様なニーズに応えるサービスが存在します。転職サービスは基本的に無料であることがほとんどなので、少しでも気になるようであれば登録はしてしまいましょう。登録したサービスの中から、転職の方向性に合わせて徐々にメインに使うサービスを絞っていけばいいです。

情報収集(業界研究・職種研究・企業研究)

世の中には、無数の業界・職種・企業があります。

今まで経験したことのない業界・職種・企業に思いもしなかった適性があるかもしれません。業界研究・職種研究・企業研究を行うことにより、今まで囚われていた固定観念から抜け出し、視野を広げていくことができます。

未経験を歓迎するような企業も少なくないので、気になる業界・職種・企業があったら、調べていきましょう。

また、履歴書・職務経歴書作成や面接といったアピールの場では、出来る限りその企業・業界・職種の特性を押さえておくことをおすすめします。その方が、”なぜその企業・業界・職種”を志望しているのかを、より効果的に伝えることができるようになります。

履歴書・職務経歴書・面接でのアピールポイントを個々の企業ごとに用意するためにも、最低でも個々の企業の選考に間に合うようにスケジュール調整を行っていきましょう。働きながらだと時間が不足しがちですが、移動中などの隙間時間にスマホを利用して行えば、効率的に進めることができます。業界・職種・企業研究は選考が続いている限りは、選考と平行して空き時間にやっておきましょう。

履歴書・職務経歴書作成

志望企業の候補が決まったら、履歴書・職務経歴書を作成します。

最近はパソコンでの作成が認められることが多く、データとして残しておくことができるため、時間はそれほど取られないようになりました。ただし、全面的に使いまわしをするのはなるべく避けましょう。

個々の企業によって求められている人材も異なります。そのため、企業ごとにアピールポイントを変えて履歴書・職務経歴書を作成するのが理想です。もちろん、時間がどうしても足りない時は仕方がありません。書類選考以上に重要なのは面接選考なので、書類選考に問題なくと通過できているのであれば、ある程度は使いまわしてもいいでしょう。

逆に書類選考の通過に苦戦しているのであれば、改めて履歴書・職務経歴書の内容を見直す必要が生じます。

応募

志望する企業に目途がついたら応募をしていくことになります。

気になる企業があれば早めに応募を行いましょう。人気の求人だと、応募タイミングが一歩遅くなるだけで、募集締め切りとなってしまう可能性があります。また、複数企業を同時に応募しておくことをおすすめします。

企業ごとを比較しながら転職活動を行うことができ、スケジュールの間延びをさけることもできます。ある程度選考が進んでいる企業があっても、選考に落ちた時のことを考えて、追加で応募してもいいでしょう。

ただし、自身のスケジュールで回せる数は把握しておく必要があります。一気に応募をしすぎてスケジュール調整がままならないのでは、かえって転職活動にブレーキがかかってしまいます。

応募をしたら書類選考が始まります。企業によって差はありますが、書類選考は比較的早めに結果が出る傾向にあり、3日間程度あれば結果を知ることができるでしょう。ウェブテストをあらかじめ受験する必要があれば、可能な限り早めに受験するようにします。

面接

書類選考に通過したら面接がいよいよ始まります。

在職中に転職活動を行っていると、日程調整に苦戦します。面接官側の面接可能日時も限られていると、面接日が後ろ倒しになってしまい、転職期間も延びていきます。急な残業などもあるでしょうが、基本的には一度調整した日程を変更しないように注意が必要です。万が一日程変更の必要が生じれば、変更理由を正直に伝えて、謝罪と共に変更の打診をします。

面接の結果が出るのも平均的に1週間程度要します。面接日の調整も考えると、一つの面接に対して1~2週間の期間を見積もりましょう。そうなると、一つの企業の最終結果が出されるまでには1ヶ月程度は見積もる必要があります。

転職活動をスムーズに進めるためには、同時に選考進めることは必須でしょう。

内定

企業から内定が出たら、入社を検討することになります。

他にも志望している企業があれば、入社の返事を待ってもらうことになりますが、返事をどれくらい待ってもらえるかは完全に交渉力次第というところでしょう。基本的にはあまり待ってもらえないと思ってください。余程気に入られていればともかく、大体1週間程度が目安です。もっと早くに返事を求められる場合もよくあります。

志望企業の最終選考日程をあらかじめ同時期にしておいて、内定が出る時期を近づけるという手もあります。

現職退社・転職先入社

入社する企業が決まってもやることはまだあります。

まず現職を退社しなければいけません。一般的には1ヶ月前に退社の意思を伝えることが多いですが、企業の就業規則によって異なるので、事前確認が必要です。また、引継ぎの期間も考慮に入れなければいけません。

内定企業が入社までどの程度の期間を待ってくれるかも事前に確認しておきましょう。通常1~3ヶ月程度ですが、急募の求人だと長くは待ってくれないこともあります。つまり、場合によっては内定が出る少し前に退社の意思を伝えなければいけないこともあります。しっかりと逆算しておきましょう。

また、入社企業によっては健康診断の受診や、住民票といった様々な書類の用意を求められることがあります。入社までに準備ができなければ、入社自体が取り消されることさえあります。1ヶ月あれば十分だとは思いますが、入社前の準備もスケジュールとして見積もっておきましょう。

転職活動スムーズに進める肝!スケジュールは意識しましょう

転職活動は新卒の就職活動と違って、働きながら行うことが多いので、スケジュール立ても自由には行えません。だからこそ、あらかじめスケジュールを計画的に立てることが、転職活動をスムーズに進める肝となります。

綿密なスケジュールを立てる必要はありません。しかし、転職活動を始める時期、選考を進めていく時期、転職を終わらせる時期をある程度イメージしておかないと、ズルズルと転職活動が長引いてしまいます。

スケジュールを立てることにより、応募できる企業数を事前に想定することもできます。スケジュールを立てて、納得のいく転職活動ができるようにしましょう。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。