『就職AGENTneo』エージェントから不採用の理由を聞いてレベルアップ!

就職AGENTneo

1.就職AGENTneoとは

就職AGENTneoとは、株式会社ネオキャリアが運営する就職エージェントサービスである。
参考記事:『就職エージェント(新卒紹介)』ナビに登録する以外の、新しい就活の選択肢

一括採用が一般的な日本に新卒市場において、長らくリクナビ・マイナビといったナビ媒体が就活サービスとして利用されてきた。採用の時間が限られているため、学生を早期に囲い込むには、集客力のあるナビ媒体に企業が頼らざるを得なかったからだ。しかし、近年では就職エージェントのサービスも徐々に認知されてきており、サービスの利便性から企業・求職者共に利用者が増加傾向にある。そもそも、”エージェント”というサービスは、中途市場では当たり前のように使われてきていたサービスであり、新卒市場に馴染まない理由も本来はない。そのような背景もあり、大手中小関わらず、多くの人材会社が就職エージェントに参入してきているのである。

そして、その中の一つがこの就職AGENTneoである。就職AGENTneoを運営する株式会社ネオキャリアは、スピード感ある積極的な事業展開で知られている企業であり、第二新卒分野では『第二新卒AGENTneo』、保育士分野では『FINE!保育士求人』等、様々なサービスを提供している。

また、就職エージェント比較サイトである『ココリク』も運営している。自らが就職エージェントを運営しながらも、就職エージェント比較サイトをサービスとして提供するという、攻めの事業展開だ。
参考記事:『ココリク』比較サイトで探す、自分に合った就職エージェント!

このページでは、そんな株式会社ネオキャリアが運営する就職AGENTneoについて紹介したい。

2.就職AGENTneoの特徴

就職AGENTneoでの就活の進め方は、従来の就活とは全く異なる。従来の就活は、ナビサイトに掲載される膨大な企業の中から、自分が興味のある企業を探し、自分に応募するというスタイルである。

だが就職AGENTneoでは、専任のアドバイザーが一人一人の学生に担当としてつき、就活のあらゆる面をサポートするのだ。具体的には、以下のようなサービスを学生に対して提供しており、効率的に就活を進めていくためには、力強い味方となるはずだ。

2−1.自己分析・自己PR書き方セミナー

多くの学生にとって、履歴書・エントリーシートを作成するのは初めての経験のはずだ。どのように自己分析してどのように自己PRを書いていけばいいのか、イメージがしづらいのではないだろうか。

就職AGENTneoでは、こういった学生のために、自己分析の仕方・自己PRの書き方をレクチャーするセミナーを開催している。もちろん、履歴書・エントリーシートに関するその他の疑問についても答えてくれる。

就職AGENTneoのアドバイザーは、何人もの新卒学生をサポートしてきたプロである。どのような履歴書・エントリーシートが選考を通過しやすいのか熟知している。長年サービスを運営しているだけあり、ノウハウは十分に蓄積しており、これを活用しない手はないだろう。

2−2.面接対策セミナー

面接に不安を抱える学生も当然多いだろう。面接におけるマナー、自己紹介の仕方、各質問に対する受け答えの仕方などなど。細かい部分まで気にすればキリがない。

こういった面接での立ち回り方についても、もちろん就職AGENTneoではサポートしてくれる。面接対策セミナーに参加することで、面接における疑問を解消して、自信を持って選考に臨むことができるようになる。面接は一回限りだ。その一回を成功に導くためには、事前の準備を怠らないことが重要である。

多くの学生を内定までサポートしたアドバイザーによる面接対策は必ず役立つはずである。

2−3.求人の紹介

ナビ媒体から就活を行う場合は、応募する企業を自分自身で探していくことになる。だが、就職AGENTneoを使えば、専任のアドバイザーがあなたの希望や適性を踏まえながら、最適な求人をピックアップして紹介してくれる。

あまりに膨大な情報量の中から企業を探していくのは非常に骨の折れる作業である。その点、あらゆる業界の企業に精通しているアドバイザーが、これまでの経験値から学生の適性に合わせて企業を探してくれたほうが遥かに効率的であるはずだ。また、知名度はないものの隠れた優良企業も、ナビ媒体の情報だけでは見つけにくい。こういった企業の紹介を行ってくれるのも就職エージェントを利用するメリットである。

もちろん、自分で企業を探すのも大事なので、並行してナビ媒体を活用するのも効果的だ。

2−4.企業ごとの個別選考対策

就活では数多くの企業に応募することになると思うが、企業ごとのカラーが違うことを考えると、書類の書き方・面接での受け答え方は企業ごとに変えていくべきである。なぜなら、企業によって行っている事業が違い、社風も違い、求める人材も違うからだ。

就職AGENTneoでは、企業の採用担当者と直接つながっている(厳密に言えば営業担当を介してつながっている)アドバイザーが、企業ごとの特色を考えて個別に選考対策を行ってくれる。さらに、仮に選考に落ちたとしても、選考に落ちてしまった理由を採用担当者からヒアリングして、あなたにフィードバックしてくれるのだ。ナビ媒体を通して自分自身で応募しては、このようなフィードバックはまず得られない。

つまり、就職AGENTneoで就活を進めれば、選考に落ちてもその反省を次の選考に活かしていくことができるのである。個人的には、この点が就職AGENTneoに限らず、就職エージェントを利用する最大のメリットである。

2−5.合同企業説明会への参加

また、就職AGENTneoが主催する合同企業説明会へ参加することができるのもメリットの一つである。

合同企業説明会では、複数の企業採用担当者と同時に会うことができ、直接企業に関する情報を聞くことができる。また、この合同企業説明会は選考会直結でもある。もし、興味がある企業があれば、選考を希望することもできるのだ。

企業の真の姿を知るには、実際に現場で働いている社員に会うことが一番。どのような働き方をしているのか、じっくりと聞いてみよう。

2−6.サービスは全て無料

就職AGENTneoでは、上記のように学生の就活を初めから終わりまでフルサポートしている。だが、これだけサービスが充実していながらも、サービスを全て無料で受けることができるのだ。

もちろん、慈善事業ではないので、収益源はある。ただ、学生からはお金を取らずに、企業側からお金を取るビジネスモデルを採用しているので、学生は無料で活用できるわけなのだ。

3.就職AGENTneoの実績

就職AGENTneoはこのようにサービスが充実しているが、実はほとんどの就職エージェントが同内容のサービスを無料で提供している。そこで、他社と比べて注目したい就職AGENTneoの強みとしては、実績を挙げたい。以下、就職AGENTneoの実績である。

3−1.利用者35,000人

就職AGENTneoの利用者は35,000人である。もちろん、ナビ媒体と比べたら大した数ではないかもしれない。だが、新興サービスである就職エージェントとしては非常に高水準である。

多くの利用者がいるということは、それだけ多くのノウハウを蓄積しているという意味でもある。

3−2.1,800名以上の内定獲得支援

就職AGENTneoでは、1,800名以上の内定獲得を支援してきている。こちらも同様に就職エージェントとしては高水準だ。

就職エージェントのサービス自体が、学生にメリットが多いサービスなので、基本的には利用しない手はない。もちろん、求人がナビ媒体より少ないというデメリットはあるが、全ての企業に応募できるわけではないのだから、少なくともナビ媒体と併用すべきだろう。

内定を獲得しないと就職AGENTneoも企業からお金をもらえない。そのため、全力でサポートしてくれるはずだ。

4.就活後半戦でも活用できる!

就職AGENTneoに限らず、全ての就職エージェントに共通していることだが、就職エージェントは就活後半戦でも力を発揮してくれるサービスである。

一括採用により学生が一斉に就職をスタートする日本では、前半戦で学生の採用をしきれなかった企業は、学生を集めることでさえ苦労していくことになる。そのような企業は後半戦になると、少しでも採用母集団を集めるために就職エージェントに頼っていくことになる。

応募できる企業がなくなっていく中で、就職エージェントではまだ採用を続けている企業しか紹介しないので、学生にとっては力強い味方となるはずだ。しかも、適性に合った求人を中心に紹介してくれるので、効率的に就活を進められるというメリットもある。

5.まとめ

以上、就職AGENTneoについて紹介させてもらった。

就職AGENTneoのサービス特徴は、他の就職エージェントと比較して大きな違いがあるわけではないが、実績という点では際立っていると言える。就職エージェントというサービス自体が、アドバイザーの力によって左右されるサービスであるため、経験値を多く積んでいる点は大きな強みとなる。

ナビ媒体に登録するのは当然として、便利な就職AGENTneoにも登録してみてはどうだろうか。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。