「リクナビNEXT」限定求人多数、リクルート運営の王道転職サイト

リクナビNEXT

1.リクナビNEXTとは

リクナビNEXTとは、株式会社リクルートキャリアが運営する転職求人サイト。

人材業界において確固たる地位を築くリクルートグループが運営する転職求人サイトだけあり、求人掲載数は多く、様々な種類の求人が掲載されている。

リクナビNEXTには、転職求人サイトとして際立った特徴がない。他サイトと比べて機能も一般的。コンテンツは大規模サイトならではの豊富さを誇るが、特別エッジの立ったコンテンツがあるわけでもない。

だが、際立った特徴がなくとも使う価値があるのが、リクナビNEXTのような王道転職求人サイトの強さである。リクナビNEXTにしか見れない求人も多く、それだけでも転職希望者にとっては十分にメリットがある。

2.数字が物語る、王道転職サイトとしての圧倒的な強さ

リクナビNEXTの強さを説明するのに多くを語る必要はない。なぜなら、様々な数字がリクナビNEXTの強さを物語っているからである。

2−1.転職決定数NO.1

リクナビNEXTは転職求人サイトの中でも転職決定数がNO.1である。
※2015年1月楽天リサーチ調べ

転職求人サイトは転職エージェントと異なり、自分自身で求人に応募して選考を進めていくので、リクナビNEXTを利用したからといって転職成功確率が上がるわけではないが、数多くある転職求人サイトの中でNO.1の決定数を誇るのはやはり凄い。

決定数が多いということは、掲載されている求人に求職者は満足して応募しているということを意味し、サイトを使う利用者の満足度が高いと想定される。

2−2.リクナビNEXT限定求人が約85%

リクナビNEXTに掲載されている求人の85%は、リクナビNEXTでしか見れない限定求人である。

もっとも、転職求人サイトは掲載するだけで費用が発生するので、余程募集を急いでいる求人でなければ、複数サイトに同時掲載することもないだろう。そういう意味では、限定求人の数値が高くなるのは当然ではある。

それでも80%超を限定求人で占めていることは十分に評価されるべきことであろう。

2−3.約8割の転職者が利用

リクナビNEXTは驚くべきことに、転職者の約8割が利用している。リクルートグループが運営しているという安心感からか、「まずはリクナビNEXTを見る」という習慣が転職者にあるのだろう。

新卒就活時に多くの方が世話になっているであろうリクナビだが、転職活動時でもやはりスタンダードである。

2−4.日本最大級、会員数591万人

リクナビNEXTは日本最大級591万人もの会員数を有する。数多くの転職者に支持されていることがよく分かる。

2−5.毎週1,000件を超える新着求人

リクナビNEXTでは毎週1,000件を超える新着求人が更新される。

常に新しい求人の掲載がなされるので、いつ見に行っても情報が変わっている。毎週の新着求人をチェックして、最適な転職タイミングを見極めたいところだ。

3.王道転職サイトならでは、ツボを押さえた機能

リクナビNEXTには、あまり変わった機能はありません。一般的な転職求人サイトとさして変わらない作りになっています。しかし、逆に言えば一般的な転職求人サイトにある機能は押さえているということでもある。

それに、王道転職求人サイトは求人の数と質が担保されているので、余計な機能をつけなくてもいいのが強み。転職者がストレスなく求人を探せればそれでOK。機能は極めて普通だが、それがリクナビNEXTの強さを逆に物語っているとも言える。

3−1.スカウト機能

今や転職求人サイトの定番機能であるスカウト機能だが、もちろんリクナビNEXTにも実装されている。

匿名のレジュメに経歴や転職の希望条件を記入しておけば、リクナビNEXTに求人を掲載している企業から求人応募の案内が届くようになる。”スカウト”とは言っても、実情はレジュメを一定の条件で検索して一括送信しているのがほとんどだが、スカウトメールが届くことは少なくとも求人の応募条件に当てはまっていることを意味する。つまり、一般的な応募よりは選考通過率も高くなる可能性がある。

また、匿名なので個人情報が漏れる心配はなく、レジュメを公開する企業も制限できるので、勤務先や仕事で付き合いのある企業に転職活動がバレることはまずない。

3−2.求人サイトならではの充実した求人情報

求人詳細

求人詳細

リクナビNEXTでは、転職求人サイトならではの充実した求人詳細を閲覧できる。

どのような事業を行っている企業なのか、どのような社風なのかといった、応募求人を選ぶ上での気になる点が細かく・分かりやすく掲載されている。

豊富な求人数の中から、自身に合った仕事をじっくりと求人詳細を見ながら選んでいくことができるのである。

3−3.転職のヒントに使える、転職成功ノウハウ

一般的に転職活動は人生において何度も行うことはない。そのため、転職の仕方についていまいち分からないという方がほとんどだろう。

そのような方のために、リクナビNEXTでは転職成功ノウハウをサイト内で公開している。

転職成功ノウハウ

転職成功ノウハウ

そのコンテンツ量は膨大であり、あらゆるキャリアの方のためにそれぞれ役に立つコンテンツが存在する。

また、一般的な転職ノウハウだけではなく、読み物として興味を惹く独自コンテンツもある。例えば、著名人に仕事のこだわりを聞く、「プロ論。」がその一つである。

プロ論。

プロ論。

直接的には転職に関係はないかもしれないが、今後のキャリアにおいて「どのように仕事をしていくか」を考える手助けにはなるだろう。

さらに、中々転職活動が上手くいかない人のためには「あなたが受からない理由、診断します。」というコンテンツも用意されている。

あなたが受からない理由、診断します

あなたが受からない理由、診断します

リクナビNEXTのカウンセラーが書いているコラムで、カウンセラーとしての経験より、どのような場合に転職活動で苦戦するかを説明してくれる。

4.まとめ:転職活動を思い立ったらまずは登録

リクナビNEXTは転職求人サイトとして利用率が非常に高いことから分かるように、転職活動を思い立ったらまずは登録しておくべきサイトである。

リクルートグループが運営しているだけあり、求人の質・量も担保されており、機能も必要最低限をしっかりと押さえている。そして、コンテンツは十分すぎるほどにある。

同じ株式会社リクルートキャリアが運営するサービスにリクルートエージェントもあるが、両方とも登録しておいて、必要に応じて使い分けるのもありだ。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。