履歴書に印鑑の押印は必要なのか?押印のやり方を解説!


履歴書には原則押印不要。ただし押印が望ましい場合もあり。

現在、履歴書への印鑑の押印は原則不要です。

昔は履歴書へ押印することが一般的でした。そのため、以前は必ずといって言いほど、履歴書に押印欄が設けられていました。逆に、現在の履歴書には押印欄が設けられていないことがほとんどです。

そこで本記事では、なぜそもそも履歴書に押印が必要とされていたのか、現在において履歴書に押印すべきケース、そして履歴書への押印の仕方について紹介します。

履歴書における押印の必要性

文書に押印する意味

履歴書に関わらず、日本では様々な文書に押印する文化があります。契約書・遺言書・請求書など、その種類は無数です。

では、なぜそもそも文書に押印する必要があるのでしょうか。

文書を作成する際に、その文書が作成者の意思によって作成されたか否かは大変重要です。なぜなら、作成者の意思によって作成されたか定かでない文書は、その真偽性自体が疑わしいためです。

遺言書を例に考えてみるとわかりやすいでしょう。作成者の意思によって作成されていないような、偽造された可能性のある遺言書を、遺言書の関係者たちは受け入れられるでしょうか?当然受け入れることはできないでしょう。逆に、作成者の意思によって作成されたことが証明されていれば、受け入れざるを得ません。

文書への押印とは、作成者の意思によって作成された文書であることを証明するために行う行為なのです。文書へ押印することにより、その文書の真実性がある程度担保されます。

つまり、履歴書への押印とは、その履歴書が作成者の意思によって作成されており、内容が真実であることについて作成者が認めていることを示すために行っていたのです。

署名と記名押印の違い

印鑑による押印は、文書の真実性を担保する唯一の方法ではありません。

印鑑による押印の他にも、自筆による署名という方法があります。自筆による署名は、本人の筆跡が残る点、他者が代わりに行うことができない点で、証拠能力に長けています。

だが、契約書などはパソコンで作成される場合が多く、あらかじめ氏名を印字していることもあります。自分以外の手で氏名を書くことを”記名”と言います。記名は署名と比べて証拠能力に乏しいことは明らかでしょう。

そこで、記名に加えて氏名の横に押印を行うことにより、文書の真実性を担保する”記名押印”という手段もあります。しかし、印鑑も複製が可能であることを考えると、記名押印の証拠能力に疑問が残ると考える方もいるでしょう。

そこで、実印と認印の違いを意識する必要が生じます。

実印と認印の違い

印鑑は大別すると”実印”と”認印”の二種類があります。

この二種類の違いは、印鑑の素材や彫り方といった、印鑑の性質そのものではありません。実印と認印を分けるのは、官公庁に登録されているか否かです。

実印とは、官公庁に登録を行った印鑑を指します。個人の者であれば、市区町村に自分の印鑑を届け出ることにより、実印の登録が可能です。印鑑を登録すると、印鑑証明書という、登録されていることの証明書が発行できるようになります。

一方で認印とは、印鑑登録がされていない印鑑を指します。

証拠能力で言えば当然、実印の方が認印より優れています。なぜかというと、実印は官公庁に届出者の氏名と結びつけて登録されているため、本人の印鑑であることが証明できるからです。

記名押印の証拠能力も、実印で行うか認印で行うかにより、大きく左右されることになります。

履歴書における押印の見直し

以上より、文書ひいては履歴書にこれまで押印を行っていた理由が分かったかと思います。それでも、現在は履歴書の押印は原則不要となっています。

その背景には1997年に閣議決定された『押印見直しガイドライン』が関係しています。

『押印見直しガイドライン』では、今まで押印が求められていた文書の中で、その押印の在り方を見直すべき文書について列挙されています。そして、履歴書も押印の在り方を見直すべき文書として挙げられています。

履歴書については、「押印を求める必要性や実質的意義が乏しく、押印を廃止しても支障のないものは廃止し、記名のみでよいこととする。」とされているのです。

そもそも履歴書は経歴・状況の確認を行うために利用されるものであり、利害関係者が少ない文書です。真実性が担保されていなくとも、極端に利害を受ける者は少なく、いちいち押印を行う必要性も高くはありません。

実際に履歴書への押印は半ば形骸化されていたこともあり、『押印見直しガイドライン』によって、押印廃止の方針がくだされたのです。

また、押印廃止により、手続きの簡略化やペーパーレス化に資することも期待されます。押印を失敗しただけで、履歴書を書き直す手間は考えてみれば相当に非効率であったはず。

履歴書への押印が必要なケース

履歴書への押印は現在では原則不要です。ただし、あくまで”不要”であるだけなので、”禁止”されているわけではありません。特に、以下のようなケースに該当する場合は、履歴書への押印を行った方が無難でしょう。

  • 履歴書に押印欄がある場合
  • 企業に履歴書への押印を求められた場合

法的には押印を行う必要はないのですが、押印を行ったからといって法的に不利な立場に立たされるわけでもありません。であれば、企業に押印を求められた場合は、その企業のルールを尊重して押印を行うべきでしょう。

履歴書への押印の仕方

履歴書への押印を行う場合は以下の点について押印を行いましょう。

使用するのは実印か認印か

履歴書への押印は、認印で十分とされることがほとんどです。

実印による押印を指示されているのでなければ、認印で押印をすればいいでしょう。

印鑑マットを使う

押印をキレイに行うためには、印鑑マットを使用することをオススメします。また、水平な机の上などで行うといいでしょう。

もし印鑑マットを持っていない場合は、印鑑マットに似たような代用品を利用します。新聞紙を重ねたり、ティッシュを重ねると、印鑑マット代わりになり得ます。

ただし、100円ショップなどで売っているので、急ぎでない限りは準備しておいた方がいいです。

朱肉はつけすぎず、「の」で押印

押印を行う際には、朱肉はつけすぎないようにしましょう。印鑑を朱肉にポンポンと軽く押す程度で問題ありません。また、速乾性の朱肉を使用すれば、押印後に印影が滲むことを避けられます。

印鑑をキレイに押印するポイントとしては、押印した際に印鑑の接地面「の」を描くイメージで力を移動させていくことです。もちろん、接地面をズラしてはいけません。あくまで、”力”の移動を「の」字型に行うのです。

押印に自信がなければ、できるだけ避ける

押印に慣れていない方だと、何度やっても印影が滲んだり欠けたりして、キレイに押印ができないことがあります。

押印に失敗すると、履歴書をプリントアウトし直したり、書きなおしたりする必要も生じるため、大変非効率です。そのため、企業に求められている場合を除いで、可能な限り押印する機会を避けることをオススメします。

押印欄のある履歴書は選ばずに、押印欄のない履歴書を使用しましょう。押印があるかないかで評価が変わることはまずないので、気にする必要はありません。
参考記事:履歴書の書き方ガイド完全版!


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。