『ランスタッド』世界39ヵ国に展開される転職エージェント

ランスタッド

1.ランスタッドとは

ランスタッドとは、ランスタッド株式会社によって運営される転職エージェントだ。人材系サービスは総合的取り扱っており、派遣・バイト・新卒就職支援も行っている。

そもそもランスタッドとは1960年にオランダで創業されており、アデコ・マンパワーグループと並ぶ世界最大級の総合人材サービス企業である。世界39カ国に展開され拠点数は4,600以上の超巨大グループ。グループ全体の売上はなんと2兆にも達する(2016年実績)。日本での存在感はそれほど高くないとは言え、名前くらい聞いたことがある方は多いのではないだろうか。

以下このページでは、世界的な人材サービスであるランスタッドについて紹介したい。

2.ランスタッドの特徴

正直サービス特徴はそれほどないランスタッドだが、以下にいくつか主だった特徴を挙げていきたい。

2−1.日本国内117拠点

ランスタッドは日本国内だけで117の拠点を持っている。さすが転職に限らず、派遣・バイトの求人も取り扱っているだけある。

逆に言えば、転職だけを取り扱っているわけではないために、拠点数が多くとも転職関連の求人数が多いわけではないことにも注意が必要だ。実際に、求人数で比べるとリクルートエージェントやDODAとは比較にならないほど少ないのが現実である。

ただ、転職エージェントに登録してみたものの、拠点がないためにサポートを受けられないということを経験したことがある方もいるだろう。その点、全地域に対応しているのは強みだ。

2−2.10,000社以上の取り扱い

ランスタッドでは10,000社以上に及ぶ企業の求人を取り扱っている。全国に拠点を設けているだけあり、多くの企業と取引があるのは強みと言えるだろう。

ただ外資のイメージでハイクラス求人を期待する方も多いだろうが、ランスタッドではハイクラス求人の取り扱いは決して多いとは言えない。その点を期待するなら、やはりJACリクルートメントの方がおすすめである。

むしろ、求人を見ると20代第二新卒層の方がランスタッドとの親和性は高い。

2−3.再就職支援・障がい者の転職

ランスタッドの最大の強みとして挙げられるのは、多様なニーズに応えるサービスの展開だろう。

例えば、早期退職をした方に向けた再就職支援や障がい者の方の雇用・転職支援だ。外国人・留学生の就職支援にも手を広げている。本国ランスタッド自体が再就職支援に力を入れていることを反映してのことだろう。社会的意義もある活動である。

3.まとめ

求人数が圧倒的に多いわけではなく、サービス特徴も際立った点はないため、メインのサービスとして登録することはおすすめできないが、地方に住んでいて求人数の担保に困っている方などはサブとして使うのはありだろう。

外資系・ハイクラスの転職なら正直JACリクルートメントの方が強いが、世界最大級の人材総合サービスとしてのノウハウはある。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。