非公開求人について


非公開求人ってなに?

転職エージェント(人材紹介サービス)を利用する際に、「非公開求人を多数扱っています!」というような謳い文句をよく見るかと思います。実際、転職エージェントが扱っている求人は、多くの場合が非公開求人となっています。

非公開求人とは、一般には公開されていないような求人のことを指します。具体的には、転職情報サイトには掲載されておらず、転職エージェントを通してしか紹介されないような求人です。

企業は採用するために求人を出しているはずなのに、あえて非公開にする意味がいまいち理解できないかもしれません。しかし、企業が非公開求人を行う理由はしっかりとあります。

この理由を押さえた上で、非公開求人のメリットも理解しましょう。

なぜ非公開求人にする必要があるのか?

企業が人材を募集する上で、求人を非公開にするメリットは一見なさそうです。求人を公開した方が応募も当然増えるはずですし、その分様々な人材の中から採用活動を行えます。

しかし、企業が人材を採用する際には、書類選考に目を通して、面接に時間を割くためにも、人を充てる必要があります。つまり、人的リソースをある程度確保しておく必要があります。

そして、応募数が多ければ多いほど、必要となる人的リソースは増えます。

大量に採用を行うような場合であれば、応募が多くても問題はないかもしれませんが、これが一名しか採用しないような求人の場合はどうでしょう?

一名の採用に対して大量に応募がなされ、多くの人的リソースが割かれては、企業にとっても負担が大きくなってしまいます。そのような時には、あえて求人を非公開にして、転職エージェントから紹介された人材のみ対応した方が遥かに効率的です。

それに緊急性のない求人で、”いい人がいれば採用したい”というような、長期な求人の場合にも、無駄な応募がいっぱい来られたら困ります。

このように、非公開求人にすることによって、自由な応募をできなくし、転職エージェント側で求人に適した人材を探してもらうことは、企業にとって大きなメリットになるのです。

そのため、企業は求人の内容によっては、求人を非公開にしてしまうのです。

参考)転職エージェントと転職サイトの違いとは?

転職希望者にとっての非公開求人のメリット

企業が求人を非公開にするメリットは以上の通りです。それでは、転職希望者にとって非公開求人はどのようなメリットがあるのでしょうか?

まず、非公開ということで、転職情報サイトに掲載されていないような求人であるという点は大きなメリットです。転職活動に幅が広がります。

まあ、それ以外に大きなメリットはありませんが・・・専門性の高い人材を求めるピンポイントの非公開求人であれば、条件がいい場合があるにはあるので、転職エージェントに登録して非公開求人を紹介してもらう分には損はないでしょう。

非公開求人は何か”特別な”求人というわけではありません。秘密めいているので、特別感があるかもしれませんが、単に応募がいっぱい来られても困るという場合がほとんどです。

むしろ人事機能がない企業が使う場合が多いので、中小企業の求人もかなりあります。それが悪いというわけではありませんが、大企業の特別な条件の求人というものを想像されている場合は、その考えは一度取り払ってもらった方がいいです。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。