履歴書の年号の書き方


転職活動において履歴書は、ほぼ間違いなく企業に提出することになる書類。事実情報を書くだけではあるが、それだけにミスはしたくないところ。細かい部分ではあるが、”年号”は特に書く欄が多いので、表記は統一するようにしなければいけない。

そこで本記事では、履歴書の年号の書き方について説明したいと思います。

年号は和暦か西暦か

年号を記入する時に多くの方が迷うのが、”和暦”と”西暦”のどちらで書くべきかという点である。

結論から言えば、表記がどちらかに統一されてさえいえれば、”和暦”と”西暦”のどちらで記載しても問題はない。逆に、「昭和62年」と「1987年」のように和暦と西暦が入り乱れているような履歴書はNGだ。注意力が散漫で雑な性格という印象を抱かれてしまう。

ただ、どうせ統一するのであれば、基本的には西暦で統一することをオススメする。なぜかというと、和暦で書かれていたとしても、多くの方は脳内でどうせ西暦に計算し直すからである。実際のところ、「平成◯年」と言われても、いつ頃の年代かパッと分かる方は少ないだろう。

履歴書を熟読する面接官もそうはいないので、パッと見て分かりやすい方がいい。そういう意味でも、やはり西暦の方がオススメだ。

和暦の利点としては、漢字が多くなることにより、見た目が真面目な印象になることはあるので、固い業種なら和暦の方がいいということもあるかもしれない。

ただ、いずれにせよ和暦と西暦のどちらかを選択したことにより不利になるということは、まずないだろう。

ちなみに、履歴書で利用した年号表記は、職務経歴書でも同じ表記にした方がいい。職務経歴書と履歴書の両方を面接官は見比べた時に、年号が統一されていないと混乱してしまうからである。細かいところで言うと、文章中の年号も統一するように気をつけよう。

年号の省略はNG

和暦の場合は昭和を”S”のように省略したり、西暦の場合は1997年を”97年”と省略したり書く方法もあるが、履歴書においてはNGだ。

履歴書は企業に提出する正式な書類なので、正確に書くべきだ。

また、学歴欄などでは「平成19年卒業」「平成19年入学」のように、連続して同じ年号が続くこともある。この場合でも、”平成”部分は一切省略せずに記載をしよう。西暦の場合でも同じだ。

年号が分からない場合は調べよう

入学年や卒業年を正確に把握している人は意外と少ない。そのような場合は、インターネットで年号早見表を見て、正確な入学・卒業年を記載しよう。

資格についても、取得年を忘れている場合はあるだろうが、可能な限り、合格証書などを見つけて正確な年号を記載しよう。

どうしても見つからない時は、取得したと記憶している年号を記入しておくか、空欄でも問題ないだろう。もちろん、10年以上前に取得した資格について、2年前に取得したと書くのはさすがにだめだ。あくまで、自分の記憶を頼りに、可能な限り正確に書くように心がけよう。

年号早見表

最後に履歴書の学歴欄を記載する際の助けに、年号早見表を掲載する。ただし、自分の誕生年は”年度”で判断するように注意をしよう。例えば、1980年4月生まれなら1980年の欄を見ればいいが、1980年1月生まれの場合はその前年の1979年を基準に見る必要がある。

西暦・和暦 中学入学 中学卒業 高校入学 高校卒業 大学入学 大学卒業
1997年・平成9年 2010年 2013年 2013年 2016年 2016年 2020年
1996年・平成8年 2009年 2012年 2012年 2015年 2015年 2019年
1995年・平成7年 2008年 2011年 2011年 2014年 2014年 2018年
1994年・平成6年 2007年 2010年 2010年 2013年 2013年 2017年
1993年・平成5年 2006年 2009年 2009年 2012年 2012年 2016年
1992年・平成4年 2005年 2008年 2008年 2011年 2011年 2015年
1991年・平成3年 2004年 2007年 2007年 2010年 2010年 2014年
1990年・平成2年 2003年 2006年 2006年 2009年 2009年 2013年
1989年・平成1年 2002年 2005年 2005年 2008年 2008年 2012年
1988年・昭和63年 2001年 2004年 2004年 2007年 2007年 2011年
1987年・昭和62年 2000年 2003年 2003年 2006年 2006年 2010年
1986年・昭和61年 1999年 2002年 2002年 2005年 2005年 2009年
1985年・昭和60年 1998年 2001年 2001年 2004年 2004年 2008年
1984年・昭和59年 1997年 2000年 2000年 2003年 2003年 2007年
1983年・昭和58年 1996年 1999年 1999年 2002年 2002年 2006年
1982年・昭和57年 1995年 1998年 1998年 2001年 2001年 2005年
1981年・昭和56年 1994年 1997年 1997年 2000年 2000年 2004年
1980年・昭和55年 1993年 1996年 1996年 1999年 1999年 2003年

参考リンク:履歴書の書き方ガイド完全版!


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。