転職活動の書類選考通過率はどれくらいか?


就職活動の際には何十社もの企業にエントリーをしていって内定を目指したと思うが、転職活動でも同じように応募していかなければならないのか。疑問に感じる方もいるだろう。

実は多くの転職エージェントでは「転職の書類選考通過率は20%だからとにかくいっぱい応募してください」と案内している。これを聞くと、転職も就職と同じくたくさん応募しなければいけないと思われるだろう。だが、この数値をそのまま真に受けてはいけない。なぜなら、転職希望者の経歴や利用する転職エージェントによって、書類選考通過率は大きく変動するからだ。

書類選考通過率が低いという説明を鵜呑みにしてたくさん応募してみたら、いつの間にかスケジュールが面接で埋め尽くされてしまうこともある。

そこで、このページでは転職活動における書類選考通過率について、より詳しく説明をしていく。

1.書類選考通過率20%の真偽

まずは、転職エージェントで説明される”書類選考柄率20%”の真偽について説明したい。本当に書類選考通過率はこれほどに低いのか?

1−1.経歴によって大きく変動する

書類選考通過率は経歴によって大きく変動する。

例えば、学歴良し・職歴良しの華々しい職務経歴書を書類選考に出せば、当然通過率は上昇する。逆に、職務経歴書の見栄えがあまりよくない者は、当然書類選考通過率が低下する。社会人経験が極端に浅い者などがこのケースに当てはまるだろう。

転職エージェントから説明される”書類選考通過率”はあくまで全体の平均でしかない。応募する者によってもその数値は大きく変わってくる。実績があればあるほどに、書類選考通過率は上がるので、無茶な数を応募することは控えた方がいいだろう。

1−2.応募する求人によって大きく変動する

また、書類選考通過率は応募する求人によっても大きく変動する。

中途採用はピンポイントでの採用が基本だ。企業の求める人材像は細かく設定されていることが多い。特に、専門性の高い領域であればあるほどにその傾向は強まる。そのため、転職活動で書類選考が通過しやすい求人は、前職経験と親和性のある求人となる。逆に言えば、前職経験と親和性の薄い求人は中々通過しない。

例えば、接客しか経験のない者がいきなり経営企画のような求人に応募しても通過しないだろう。また、管理職求人にマネジメント経験のない者が応募しても同様だ。一方で、営業経験者が営業求人に応募すれば当然書類選考通過率が高まる。

ランダムに求人に応募していけば書類選考通過率は低くなるし、精査して応募していけば書類選考通過率は高くなる。

2.転職エージェントによって異なる書類選考通過率

さらに言ってしまえば、そもそも書類選考通過率は利用する転職エージェントのサービスによっても大きく異る。転職エージェントで「転職の書類選考通過率は20%」と説明されたとしても、その通過率はあくまでその転職エージェントにおける書類選考通過率でしかない。

全てに当てはまるわけではないが、傾向的には万人を対象とした総合型転職エージェントの書類選考通過率は低く、領域に特化した特化型転職エージェントの書類選考通過率は高くなる。その理由を以下で説明したい。

2−1.総合型転職エージェントの書類選考通過率が悪い理由

総合型転職エージェントとは、全年齢・全職種・全業種を網羅して扱っている転職エージェントを指す。万人に向けたサービスであるため、求人数は一般的に他の転職エージェントと比べて多くなりやすく、幅広く求人を選べるのが大きなメリットである。

一方で、このような転職エージェントは書類選考通過率が悪くなりやすい。なぜなら、求人数が多すぎて、キャリアアドバイザーが一つ一つの求人を把握できなくなってしまうからだ。そのため、総合型転職エージェントではピンポイントに求人を紹介するのではなく、とりあえず数多く求人に応募してもらって、書類選考に通過したものだけ進めていくという方式を取ることが多い。

ピンポイントの紹介ではないため、そもそも自身の経歴を対象としていない求人も紹介されることになり、結果として書類選考通過率は非常に低くなるのだ。

2−2.特化型転職エージェントの書類選考通過率が良い理由

特化型転職エージェントは、特定の領域(年齢・職種・業種など)に特化した求人のみを取り扱う転職エージェントを指す。総合型転職エージェントと比べて、領域特化している分だけ求人数は当然少なくなる。

だが、求人数が少なくなる分、キャリアアドバイザーの求人理解度は深まりやすく、求人の紹介はピンポイントで行われやすくなる。そのため、特化型転職エージェントの書類選考通過率は総合型転職エージェントよりも良くなりやすい。この差は大きく、利用する転職エージェントの特化領域と自身の経歴がマッチすれば、書類選考通過率は80〜90%程度まで上がる可能性すらある。

転職エージェントに登録するなら大手の方が良いと考える方が多いが、実は中小規模の転職エージェントに登録するメリットはこのような部分にある。求人数では大手に勝てないが、転職をスムーズに進めるという目的だけであれば、間違いなく中小転職エージェントの方が目的を叶えやすい。

3.「とりあえずたくさん応募して」のトークには注意

以上の背景を知れば「転職の書類選考通過率は20%だからとりあえずたくさん応募して」のトークに注意しておくべきことが分かるだろう。実際にこのトークは総合型転職エージェントで利用されることが多く、中小規模の転職エージェントではあまり用いられない。むしろ、中小規模の転職エージェントでは、そもそもの求人紹介数がかなり絞られていることだってある。

書類選考通過率は自身の経歴や利用する転職エージェントによって大きく変動するので、状況を判断した上で応募を進めていくべきだ。

大手総合型転職エージェントは確かに求人数が膨大で一つ一つ精査していくのが難しいので、”とりあえず応募”をしてみてもいいだろう。ただ、実績を出しているような人はそれでも書類選考通過率が高くなる可能性があり、いつの間にか面接に追われることもある。そのため、最初の方はいくつかに絞って応募していき、書類選考通過率が悪い場合に応募数を増やしていくような方法をおすすめしたい。

特化型転職エージェントであれば、キャリアアドバイザーの求人紹介マッチング度が高くなる傾向にあるので、キャリアアドバイザーのアドバイスに従って応募していけばいいだろう。

4.まとめ

書類選考通過率については、自身の経歴や利用するサービスによって大きく異なるということを覚えておこう。転職エージェントのトークに乗せられて応募していくと、痛い目にあうこともある。

実績を出している方は書類選考通過率が高くなるし、社会人経験が浅い者は通過率が低くなる。求人のマッチングに力を入れる特化型転職エージェントは書類選考通過率が高くなるし、求人数が膨大にある総合型転職エージェントは書類選考通過率が低くなる。

以上の傾向を理解した上で転職活動の応募を進めていこう。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。