転職活動を有利に進めるために資格は必要か?


資格は有利。本当か?

世の中には星の数ほど資格の種類が存在します。

転職を有利に進めるために、資格取得を検討している方も多いでしょう。しかし、資格取得は転職を有利に進めるために本当に必要なのでしょうか。

特定の資格取得を推進している企業や、資格取得者を優遇しているような企業は確かに存在します。そのため、資格取得が転職活動を有利に進める要因になる可能性はあります。

だが、注意しなければいけないのは、いかなる資格でも評価されるわけではないということ。”転職活動に資格取得が有利”という言葉に踊らされて、目的意識を持たずに資格取得を目指すことはおすすめしません。

それでは、どのような場合に資格取得が転職活動に有利になるのかを考えましょう。

企業が資格取得を評価対象とする場合を考えよう

企業は無条件に資格取得を評価するわけではありません。資格取得を評価するのは、実務に活かせる場合が主です。

転職活動において企業と求職者が接触する機会は限られています。

そのため、企業も求職者の能力を少ない機会で判断する必要があります。その際に、自社で求めている能力が求職者に備わっているかどうかを判断するために、資格取得の有無が一定の役割を持つ場合があります。

簿記を取得している求職者であれば、経理に関する最低限の知識を期待できます。また、現場における戦力となるまでに、どの程度の教育が必要となるかあらかじめ計算しやすくなります。また、難易度の高い資格であれば向上心やポテンシャルを示せることもあるでしょう。

ただし、企業が中途採用において最も欲するのは”即戦力”の人材です。即戦力であることを示すために、過去の実績に勝るものはありません。十分に納得させられる実績があれば資格取得の必要性は薄いです。

以上を踏まえて、資格取得をするメリット、また、資格取得を検討する際の注意点について紹介します。

資格を取得するメリット

転職活動における資格取得のメリットとしては以下が考えられます。

履歴書にフックができる

多くの企業では、面接の前に書類選考が行われます。

書類選考は文字ベースでしか採用担当にアピールすることはできません。そのため、履歴書・職務経歴書にどのような記載がなされているかは大変重要です。

忙しい採用担当だと書類に満遍なく目を通すことができないことも考えられます。つまり、書類を斜め読みする際に、目に留まるような記載があればそれだけでアピール材料になります。

そして、履歴書・職務経歴書で自身をアピールする際、文章でアピールすることになると思いますが、資格の場合は多くを語る必要はありません。TOEIC満点の記載があれば、それだけで英語が得意であることを採用担当に伝えることができます。

このように履歴書にフックができるのが、資格取得のメリットだと言えます。

面接時、話のネタになる

面接の時、話のネタに困ることもあるでしょう。

そんな時に、一つでも深掘りしていける話のネタがあると便利です。資格取得によってどのようなスキルを得ることができたのか、どのような目的で取得したのか、実務でどのように活用することができるのか。仕事に関連付けて話すことができれば、話を広げていきやすいでしょう。

志望企業と親和性の高い資格であれば評価される

資格が最も高く評価されるのは、企業に求められているような親和性の高い資格である場合です。

特定の資格を有していることにより、一定の技術・知識レベルが担保されるのであれば、それだけでも企業にとっては気になる人材となります。加えて、難易度の高い資格であれば、即戦力としての期待も高まります。

専門的な知識が必要な業種・職種などにおいては、資格の有無で評価が変わることもありえないことではありません。

資格取得を検討する際の注意点

資格取得を検討する際には以下の点に注意が必要です。資格取得だけで転職活動の合否が全て左右されることはまずありません。あくまで、自身のアピール材料の一つでしかありません。過剰に資格取得を信頼してはいけません。

資格取得が目的化していないか?

資格取得はあくまで自身のスキルを高めるための手段でしかありません。”転職に有利になる”と聞いて、それだけの目的のために資格取得を目指すのであれば、あまりおすすめはできません。

資格取得によって明確にどのようなスキルを高めたいのか、そしてそのスキルがどのような業界・職種において役に立つのかを意識しなければいけません。

結局実務能力が低ければ資格をいくら持っていても評価はされません。資格取得を目的化しないように気をつけましょう。

資格取得に必要な勉強時間は効果に見合うか?

資格取得には、少なからず一定の勉強時間が必要となります。しかし、その勉強時間を他のスキルを向上させることに使うことができたかもしれません。

果たして資格取得に必要な勉強時間が、資格取得による効果に見合うのかどうか。シビアに判断するべきです。

とりあえず資格取得をしておけば食いっぱぐれないと考えているのであれば、残念ながらそのようなことはありません。弁護士でさえ食えない人がいる時代において、資格取得だけで人生が大きく左右されることは稀です。

資格取得が自身の能力を高めるために必要なのか?

自身のどのような能力を高めるために資格取得をするのか。また、その能力は必要なのか。

資格が評価されるのは、あくまで能力に結びついた場合だけです。能力が伴っていなければ意味がありません。そして、資格取得だけをして、表面上取り繕っても、実務能力があるかどうかはある程度面接をすればわかってしまいます。

資格取得が自身の能力を高めるために本当に必要なのかどうか。改めて考えなおしましょう。

資格ビジネスに惑わされないように

多くの資格は、どこだかわからないようなが法人が勝手に作っているものです。そして”認定インストラクター”のような地位を設けて、家元制度のようなビジネスモデルを作り上げているのです。

そのような資格に本当に意味があるのか?

“資格が大事!”となんとなく考えていても、その資格は特に実態もない団体が作ったものかもしれません。資格ビジネスに惑わされないように、気をつけましょう。

資格取得のみで合格することは稀。重要なのは実力。

資格取得だけで転職活動の合否が決まることは稀です。ほとんどないと言っていいでしょう。

結局重要視されるのは実力です。そして、資格取得は求職者の実力を測るための一材料にしかなり得ません。

であれば、資格の取得を無闇に頑張るより、自身の実力を本質的に高めることに注力した方が、長期的に考えてためになるはずです。もちろん、資格取得自体が自身の実力を高めるために寄与するものであれば、検討してもいいかもしれません。

ただ、とにかく忘れてはならないのが、あくまで自身のスキルを上げるために資格取得を行うという点である。資格取得をすることにより、スキルが高まり、その結果転職活動を有利に進められる可能性があるのである。資格取得自体に意味があるわけではありません。

自身のキャリアを軸に資格の必要性を考えよう

自身にとって本当に資格は必要なのか?もし必要だとしたら、どのような資格を取得すべきか?

自身がどのようなキャリアを歩みたいのかを考えた上で、資格取得の必要性を改めて考えましょう。

自身の描くキャリア形成のために資格取得が有益な役割を持つのであれば、資格取得を目指してもいいと思います。しかし、資格取得が転職活動の近道になると安易に考えているのであれば、おすすめはしません。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。