有限会社ってどんな会社?


有限会社の新規設立はもうできない

転職活動をしていると、稀に”有限会社”と名のつく会社に出会うことがあるかと思います。

会社は”株式会社”とつくことが一般的であるため、”有限会社”と聞くと何か怪しそうな印象を受けるでしょう。

そもそも、2006年5月1日に施行された会社法に伴い、有限会社制度が廃止されたため、現在では有限会社を新規に設立すること自体ができなくなりました。同時に、会社法が施行された際に存在していた有限会社は、株式会社として存続することになりました。

そして、このように会社法施行の際に株式会社として存続することになった有限会社を、”特例有限会社”と呼びます。特例有限会社は株式会社なのですが、”有限会社”を名乗らなければいけません。

かなり複雑ですが、「本当は株式会社なのに、特例として”有限会社”と名乗る会社」と考えておけばいいでしょう。

つまり、実は会社法の施行により、厳密に言ってしまうと”有限会社”は日本に存在しなくなったのです。今日本に存在している”有限会社”と名のつく会社は、「本当は株式会社なのに、特例として”有限会社”と名乗っている」会社なのです。

有限会社と株式会社の違いは?

現在では”有限会社”と名がついている会社であっても、本当は株式会社となります。つまり、有限会社と株式会社に違いはなくなりました。

そもそも有限会社制度がが廃止された理由の一つとして、株式会社と区別する意義がなくなってしまったことが挙げられます。

ただ、会社法施行以前は、多少は違いがありました。

一番大きな違いは、株式会社が市場を通じて資金調達を想定している会社形態であったのに対して、有限会社は想定していない点です。市場での資金調達を行う会社というのは、分かりやすく言ってしまえば上場企業です。有限会社は上場することができないので、上場しているような大企業の中に有限会社は存在しません。

有限会社=小さい会社、怪しい会社

このようなイメージは、有限会社に上場企業が存在しないために生じたのでしょう。ですが、有限会社だとしても途中で株式会社に形態を変更すれば、上場は可能です。

それに、有限会社に限らず、上場をしていない・目指していない株式会社は数多くあります(というより、大多数がそうでしょう)。この点を踏まえても、株式会社と有限会社の違いはほとんどないと言っていいでしょう。

有限会社はむしろ一定の信用が担保されている?

2006年5月1日に施行された会社法によって、撤廃された制度がもう一つあります。それは”最低資本金規制特例制度”です。

会社を設立する際には、資本金というものを用意する必要があります。株式会社だと1990年までは35万円必要であり、その後会社法施行までは1000万円必要でした。一方で、有限会社は1990年までは10万円、その後会社法施行までは300万円必要でした。

株式会社の方が設立に必要な資本金が多かったため、株式会社の方が有限会社より信用の担保された会社形態だったと言えます。

しかし、”最低資本金規制特例制度”が撤廃されたことにより、現在は資本金が1円以上あれば株式会社を設立できるようになっています。つまり、今は誰でも容易に株式会社が設立できるのです。

このことが分かると、むしろ有限会社は今では一定の信用が担保された会社と分かります。

今では、学生でさえ思いつきで会社を設立できる時代です。一方で、有限会社の設立には300万円以上の資本金が必要なため、ある程度の覚悟がないと設立はできないような会社でした。さらに、有限会社は2006年5月1日以降の新規設立ができなくなっているので、現在も事業を続けている有限会社は、少なくとも2006年から生き残り続けている会社とも言えます。

資本金が少ない株式会社が乱立している現在において、有限会社はむしろ一定の信用が担保されている会社であることが分かります。
※ただし、資本金の多寡によって会社の良し悪しが決まるわけではありません。

イメージだけで”有限会社は怪しい”とされていますが、それは間違いです。有限会社には一定の資本金があり、一定の年数以上事業を続けてきたことが担保されている、実績のある会社なのです。

イメージに惑わされないように

転職活動を行っていると、”有限会社”とついているだけで、その会社への応募を敬遠してしまう方は少なからずいると思います。

ですが、有限会社にしても株式会社にしても、会社形態の種類でしかありません。会社の良し悪しというのは、会社形態で決まるわけではありません。会社の事業内容・理念・事業方針の方が重要なはずです。

イメージに惑わされず、その会社が自分に合っているか否かを自身の目で確かめましょう。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。