転職エージェント(人材紹介サービス)は大手に登録した方がいいのか?


大手・中小の転職エージェントは使い分けが重要

転職を検討している方の多くは、まず転職情報サイトや転職エージェント(人材紹介サービス)に登録するかと思います。

転職情報サイトであれば、基本的に転職活動は自分自身で進めることになるので、どこを利用するかを迷うことは少ないでしょう。一方で、転職エージェントはエージェントと共に転職活動を進めていくことになるため、各サービスの良し悪しを見極めてどこを利用するか考える方が多いと思います。
参考記事:転職エージェントと転職サイトの違いとは?

しかし、数多くある転職エージェントの中から自身に適したサービスを探すのも骨の折れる作業です。そのため、結局どのサービスが最適であるかわからずに、「とりあえず知名度があれば安心」ということで大手の転職エージェントを選んでしまうケースも少なくはありません。

しかし、「大手だから」という理由だけで転職エージェントを選ぶことはオススメしません。なぜなら、転職エージェントを活用して転職活動を進める場合は、転職エージェントとの相性が大変重要だからです。
参考記事:転職エージェントとの相性は重要

転職エージェントは、各サービス毎に特色が大きく異る場合が多々あります。このような違いが生じる理由として、転職エージェントがエージェントという”人”を介在して転職活動を進めることが挙げられます。

大手・中小の転職エージェントには、それぞれの強みがあります。その強みを理解した上で、大手・中小転職エージェントを使い分けていくことによって、満足のいく転職活動を行うことができるでしょう。

大手・中小転職エージェントの違い

転職エージェントは、”個々の”サービス毎に全く異なる強みを持っている場合がほとんどです。そのため、”大手”・”中小”という2分類だけで分けるのも本来は適切ではありません。

しかし、”大手”・”中小”による傾向があるのも事実。そこで、以下では大手・中小の転職エージェントの違いを紹介します。

大手の転職エージェント

大企業が運営しているような、”大手”の転職エージェントについてまず説明します。

大手転職エージェントは知名度があるため、自然と登録者も多くなります。つまり、若手層からキャリア層まで幅広い登録者を持ち、求人企業に紹介できる人材も豊富となります。人材を豊富に抱えている転職エージェントというのは、それだけで求人企業にとっては魅力的です。なぜなら、自社のニーズに合った人材を獲得できる可能性が高くなるからです。

そのため、大手転職エージェントは求人数が多く、好条件の求人も比較的多い傾向にあります。

また、大手の転職エージェントでは所属するエージェント(キャリアアドバイザー)も経験豊富であることが多いです。キャリア層の登録者への対応も行う必要がある大手転職エージェントでは、エージェントの経験が浅いとお話にならないからです。

一方で、大手の転職エージェントに登録しても全く求人を紹介されなかったり、サービス対象外としてサービスを受けられないこともあります。転職エージェントでは求職者に一人一人に対して専任のエージェント(キャリアアドバイザー)がつくことが通常です。人手に限りがある以上、一度に対応できる求職者の数にも限界が生じます。

そうなると、登録者の中から”売れる”人材を優先的に対応することになります。これは、転職エージェントが営利団体である以上は仕方のないことです。

大手転職エージェントの場合はキャリア層も多く登録していることから、経験が浅い人材や所謂”ハイスペック”ではない人材だと、対応をしてもえらないことも多々あります。つまり、思うようなサービスを受けられないこともあるのです。

中小の転職エージェント

次に、中小企業が運営しているような”中小”の転職エージェントについて説明します。

中小の転職エージェントは、知名度や信用度で大手の転職エージェントに対抗することは難しくなります。そのため、ある特定の分野に特化する傾向にあります。例えば、”第二新卒・既卒・フリーター”を専門としたり、ある特定の地域に特化したり、業種や職種に特化しているようなケースが該当します。また、”超高条件”に特化したようなサービスもありますね。

自然と特化しているような分野に応じた登録者が集まり、求人もその分野に応じた傾向が生まれます。つまり、大手の転職エージェントと比べて求人に偏りが生じ、種類が豊富とは言えないような場合もあります。

一方で、特化している分野においては、大手の転職エージェントにはない強さを発揮します。大手の転職エージェントでは対象としない求職者でも、中小の転職エージェントではサービス対象としていることも多いです。それこそ、”既卒”や”フリーター”を対象とする転職エージェントはそれほど多くありませんが、中小の転職エージェントの中にはこれらの層を対象としていることがあります。

中小の転職エージェントは一点突破型の強みを持っている場合が多いので、合わない方には合いませんが、特定の層にはピンポイントでフィットします。

大手・中小の転職エージェントを上手く使いこなそう

転職活動で転職エージェントを利用する際、いきなり一つの転職エージェントに絞らず、いくつかの転職エージェントに登録することをオススメします。

大手の転職エージェントは求人数が多く、求人の種類も豊富なので、”とりあえず”登録するのは確かに戦略としては間違っていません。しかし、自分自身の経歴や自分が目指す業界によっては、特化した強みを持っている中小の転職エージェントの方が相性が良いということも多々あります。

転職活動を行う際に、転職エージェントとの相性は重要です。自身に適さない転職エージェントに登録しても、転職活動が遅々として進まないこともあります。

まず最初は大手・中小の両方に登録して、様子を見てどの転職エージェントをメインで使っていくかを考えていくのがいいでしょう。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。