転職活動は在職中・退職後、いつから始めるべきか?

ノートに書き込む転職希望者

転職活動を始める時期は悩みの種

転職活動を在職中に始めるのか、退職してから始めるのかについて迷われる方が多いです。

結論としては、どちらがいいという正解はなく、それぞれの状況に合わせて選択すべきかとは思います。が、在職中に行うのと退職後に行うのとでは、転職活動の進め方が大きく変わるのもまた事実。

そのため、在職中・退職後に転職活動を行う場合のそれぞれのメリット・デメリットについては把握しておくべきでしょう。そこで、以下でそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

在職中の転職活動

メリット

在職中に転職活動を行うメリットは、なんといっても生活面への安心感でしょう。現職から給料が出ている状態で転職活動を進めるため、生活が困窮することもありません。

そのため、転職活動が長期化したとしても問題ありません。納得のいく企業が見つかるまで、慎重に転職活動を行えます。また、場合によっては現職にそのまま留まるという選択肢も残されています。

それに、転職活動を在職中に行うことに対して、採用担当も理解があります。面接の日時なども融通を利かせてくれることが多いので、その点も安心ですね。

デメリット

一方で、デメリットは転職活動のみに集中することが出来ない点です。

日中は仕事に時間を取られてしまいますので、転職活動に充てられる時間は夜間と休日のみになります。残業が多いような職種だと、満足に時間が取れなくなってしまうでしょう。

そのため、一気に多くの求人に応募することも難しくなります。面接日程も限られてしまいますので、同時に進められる選考の数はどうしても少なくなりがちです。面接予定日に急な残業が必要な場合の対応にも苦心するでしょう。

現職が営業職の場合は、空アポを・・・なんて話も聞きますが、大きな声では推奨できません。それに、内勤の方はいずれにせよこの問題からは逃れられません。

また、時間が少ないため企業研究に充てられる時間も自然と減り、選考でのアピールが弱くなってしまう可能性もあります。

さらに、生活面での不安感がないので、ついついダラダラと転職活動を進めてしまいがちなのも、デメリットの一つでしょう。

まとめ

生活面の心配をせずに、精神的に余裕のある状態で転職活動を進めていきたい人にオススメです。

ただし、仕事をしながら転職活動を進めるのは意外と体力を使います。仕事の後に書類作成や面接本番が待っているからです。

そのため、期間を区切って転職活動を進めた方が良いでしょう。金銭面で問題がないからといって、いつまでもダラダラと続けずに、「この期間までに必ず転職する」というスケジュールを立てた上で進めましょう。

退職後の転職

メリット

退職後に転職活動を行うメリットは、転職活動にのみ集中ができることです。

仕事に時間を奪われていた日中の時間帯も空くので、十分に求人を探す時間はありますし、企業研究を行う時間もある。面接日程の調整も容易になり、一日に複数の面接を入れることも可能となります。

そのため、短期間に多くの企業に出会うことができるようになり、自分に合った企業を早く見つけられるかもしれません。

デメリット

一方でデメリットとしては、金銭的な不安でしょう。

前職で得ていた給料がいきなりゼロになるので、短期間で転職活動を終わらせないと、生活が困窮します。失業保険を受給できたとしても、給付の開始は退職後しばらく経ってからというケースがほとんどです。ある程度の蓄えを用意しておくか、実家に戻らないと、転職活動以前に生活が成り立たなくなります。金銭的に余裕がなくなり、結局生活のために妥協して転職をしては本末転倒です。

実家に戻れば安心かもしれませんが、今度は危機感がなくなり、転職活動に力が入らなくなってしまうかもしれません。

まとめ

退職後に転職活動を行うのは、短期間で転職先を決めきれる自信のある人にオススメします。

時間に余裕があるのは転職活動において非常に有利です。蓄えがある程度あり、しっかりと自分のモチベーションをコントロールできるような人であれば、退職後に転職活動を行うことにより、納得のいく転職先を見つけられるはずです。

無難に行くなら在職中

このように、在職中・退職後のどちらに転職活動を行うかは、自分の性格や現在の状況を考慮して決めるべきです。

ただ、無難に行くなら在職中ということになります。退職後の転職活動はやはりリスキーな面がありますし、誰にでも勧めることはできません。確実に内定がもらえるような自信のある方だったら、退職後でも問題ありませんが・・・

それに、途中までは働きながら転職活動を行い、ある程度手応えが見えてきた段階で、退職に切り替えても良いかもしれません。もっとも、退職はいきなりできるものでもないので、現実的ではないかもしれませんが。

いずれにせよ、自信がないのであれば、在職中の転職活動でいったほうが良いでしょう。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。