転職活動における面接の服装は?


服装は第一印象を左右する

面接において着用している服装は、あなたの第一印象を左右します。

継続的に顔を合わせる関係性であれば、第一印象が悪くとも、付き合いを深めていく中で印象を変えていくことはできます。しかし、転職活動の面接は一発勝負です。初対面の面接官と限られた時間の中で話をし、その際の印象によって面接の合否が決まります。

一発勝負の面接においては、あなたの印象を決める要素は限られていることを意識しておくべきです。つまり、服装もあなたの印象を決める少ない要素のうちの一つなのです。それに、服装は面接会場に入場した瞬間から面接が終了するまで、常に面接官の視界に入ることを考えると、軽視はできません。

服装の色、服装の清潔さ、服装のサイズといった部分が、あなたの性格の一面を表します。シワのあるシャツを着用していれば、当然だらしのない性格だと思われます。

気にしすぎには注意

服装は第一印象を左右するのは間違いありません。ただし、気にしすぎには注意が必要。

面接官に不快な印象を与えるような服装をしてしまっては、それだけで「一緒に働きたくない」と思われ、選考に通過できないこともあります。そういう意味では面接時の服装選びは重要です。

しかし、服装によって面接が極度に不利に働くのは、余程不潔な印象やだらしのない印象を与えるような場合です。その場合は改善は必要です。

だが、服装以上に重要なのはあなたの実績や人柄を正確にアピールすることです。服装の色などによって、印象がプラスに働くこともあるかもしれませんが、あくまでテクニック論でしかありません。服装を気にするあまり、それ以外の点が疎かになっては本末転倒です。

面接で不利に働くような服装は避け、面接においてプラスの印象を与える服装選びについては+α程度に考えておけばいいでしょう。自身の服装がどのように見られるか気になるようであれば家族や友人に客観的に判断してもらいましょう。

服装に力を入れるのに熱中するよりは、現在の仕事で実績を残し、面接においてアピールできる点を増やす努力をした方がいいでしょう。

基本はスーツ・シャツ・ネクタイ

転職活動の面接においても、事前に「私服OK」のアナウンスがない限りは、スーツ・シャツ・ネクタイ着用が基本です。

ただし、新卒就活時ほど”服装マナー”を気にする必要はありません。例えば、リクルートスーツの着用はむしろ面接官に頼りない印象を与えかねません。それに転職活動の面接は、社会人という同じ立場同士による面接なので、あなたの社会人歴にふさわしい服装をしていれば特段失礼にあたることはありません。

スーツ・シャツにシワがないようにし、サイズも体型に合っていれば十分でしょう。

スーツ・シャツの柄や色についても、転職活動においてはそれほど気にする必要はありません。強いて言えば、志望する業界のイメージに合わせた服装を心がければ問題ないでしょう。

「私服OK」は本当にOKなのか?

「私服OK」とされている場合は、本当にスーツ・私服のどちらでも問題ないということがほとんどです。

ただし、私服で参加する場合も清潔感のある格好にしましょう。面接官に不快感を与えるような服装は、第一印象に悪影響を与えることは変わりありません。

逆に「私服のみ可」とされる求人もたまにありますが、転職活動においては面接は現職の就業後に行うことが多いので、スーツでも構いません。面接官にその旨伝えれば、特に疑問に思われることもないでしょう。

あくまで話す内容が第一であることを肝に命じる

面接において服装は第一印象を左右する面はあります。

ただし、あくまで重要なのは話す内容です。服装に多少問題があっても、過去の実績が優れており、自信を持ってその点を話すことができれば十分に評価されます。

どれだけ服装に気を回しても、話す内容が伴わなければ評価はされません。

面接を通過する近道は、自分自身の能力や実績を向上させることです。服装はその補助になることはあっても、服装だけで合格が決まるようなことはありません。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。