JIS規格履歴書フォーマットのダウンロード


JIS規格履歴書フォーマット(Word)
JIS規格履歴書フォーマット(PDF)

転職活動において必ずと言っていいほどに使うことになる履歴書。しかし、実は履歴書のフォーマットには様々な種類がある。今回はその中でも、最も標準的な履歴書フォーマットである「JIS規格履歴書」について紹介したいと思う。

説明の必要がなく、ダウンロードだけしたい方は上記リンクよりダウンロードをしてください。

1.JIS規格履歴書とは

そもそもJIS規格の履歴書とは何か。名前はよく聞くが、何を指すものか分からないという方も多いだろう。そこで、以下でJIS規格履歴書とは何かについて説明をしたい。

1−1.JIS規格とは

JISマーク

JISマーク

JIS規格履歴書について理解するためには、JIS規格が何を意味するのかを知る必要がある。JISとは「Japanese Industrial Standards」の頭文字を取った略称であり、日本語での正式名称は「日本工業規格」である。

JIS規格のSが「規格(Standards)」を意味するため、JIS規格という表現は二重で「規格」という言葉を使っていることになる。

それでは、「日本工業規格」とは一体何だろうか。簡単に言えば、国が決めた工業分野における「取り決め」だ。この世の中にはあらゆる物が流通しているが、それらを標準化するような取り決めがないと、複雑化・無秩序化・多様化してしまう虞れがある。

具体例として、乾電池・蛍光ランプ等が会社によって全く異なる規格だとしたら、互換性に問題が生じてしまい、消費者は混乱してしまうだろう。

つまり、JIS規格とは全国的に統一した取り決めを行うことにより、流通物などを標準化する役割を持つのだ。JIS規格が存在することによる効果としては以下のようなものが考えられる。

  • 互換性の確保
  • 品種削除を通じての生産効率化
  • 消費者の利益の確保
  • 取引の単純化 など

ただし、製品等を作る際、JIS規格を守るか否かは任意だ。実際に、独自規格で販売されているような商品を見たことはあるだろう。

いずれにせよ、工業の様々な分野でJIS規格は制定されている。つまり、履歴書に関わらず、様々な商品にJIS規格が設けられているのだ。ちなみに、JIS規格は日本工業標準調査会で審議され、担当大臣によって制定される。

1−2.統一化された履歴書

以上からJIS規格履歴書とは、国が定めた統一的な履歴書の規格であることが分かるだろう。つまり、国公認の履歴書フォーマットのようなものだ。

2.JIS規格履歴書を使うべきか?

JIS規格履歴書が、国が取り決めをした全国的に統一された履歴書であることは前述した通りだ。それでは、就職活動・転職活動において提出する履歴書はJIS規格の履歴書フォーマットでなければいけないのか。

この点、JIS規格履歴書の使用は一切義務化されていない。そのため、JIS規格を利用しようがしまいが、本人の自由である。もちろん、応募企業においてJIS規格履歴書を使用するように指定されたとしたら、その指定に従うべきだろう。

だが、そうでなければ自分の書きやすいフォーマットを選んで問題はない。

3.JIS規格履歴書の特徴

JIS規格履歴書とその他の履歴書の間には、一見すると大きな違いはない。だが、細かな点でJIS規格履歴書ならではの特徴がある。

3−1.学歴・職歴欄が多い

JIS規格履歴書の大きな特徴は、学歴・職歴欄が多いことにある。

そのため、その他の履歴書フォーマットで職歴が収まらないような方にJIS規格履歴書は適しているだろう。逆に、転職活動においては高校以前の学歴記載を求められないことがほとんどなので、転職回数が少ない方がJIS規格履歴書を使用すると空白が目立つことになるだろう。

もちろん、空白が多いからといって選考に不利になるということはないので、特に気にする必要はないだろう。

3−2.フリースペースが少ない

JIS規格履歴書は、志望動機・趣味・特技・自己PR等、自身について自由にアピールすることができるようなフリースペースが少ない。

全くないわけではないのだが、履歴書内に一枠設けられているだけだ。しかも、その一枠もそれほど大きいサイズではない。そのため、履歴書の中でアピールをしたい方にはあまり向いていないかもしれない。

逆に、履歴書はあくまで事実情報を記載するだけに留め、アピールは職務経歴書で行おうと考えている方については、JIS規格履歴書は適しているだろう。

4.まとめ

JIS規格履歴書は国によって決められた履歴書フォーマットの標準形式だ。しかし、既に述べた通り、転職活動においてJIS規格履歴書を使用するか否かは自由だ。

履歴書の作成は、転職活動のスタート地点であるため、細かい部分まで気になってしまう方は少なくない。それこそ、どの履歴書フォーマットが一番効果的にアピールにできるまで気にする方もいる。

だが、個人的には履歴書のフォーマットに悩む必要はないと思う。書類選考では職務経歴書の内容の方が重視されるし、面接選考では話す内容の方が重視される。履歴書はあくまで事実情報を面接官が把握するために使用されるものだ。

履歴書のフォーマットに悩みそうだったら、とりあえずJIS規格履歴書を使用しよう。JIS規格履歴書を使用して、自由に記載できるフリースペースが少ないことに物足りなさを感じれば、その他の履歴書を使用してもいい。

いずれにせよ、履歴書のフォーマットについてはあまり深く考える必要はない。
履歴書の書き方ガイド完全版!


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。