株式会社アイエスエフネットについて

株式会社アイエスエフネット

株式会社アイエスエフネットとは

株式会社アイエスエフネットとは、エンジニア派遣・システム運用保守・システム構築など、IT分野において幅広いサービスを扱っている企業です。しかし、その事業内容以上に注目されるのは、雇用に対する考え方であろう。

障がい者雇用を始めとした、就労困難者の雇用を積極的に行っており、グループの大義の一つとして”雇用創造”を掲げているほどである。代表である渡邉幸義氏の考え方が色濃く反映されている理念であり、実際にその理念に違わないCSR活動を行っている。

設立は2000年であり、以来国内と共に海外への事業展開も進めており、2016年1月1日時点でのグループ全体の従業員数は3,000名を超えています。

理念

Eco&Employment

株式会社アイエスエフネットは、グループの大義として”Eco&Employment”を掲げております。その意味するところは、環境保護と雇用創造である。

企業がCSR活動として環境保護や雇用創造に力を入れることはよくありますが、大義として掲げることは見たことがありません。この点で、かなり特異な企業だと言えよう。

二つの大義のうち、特に雇用創造の方が注目されており、その活動が取り上げられることは多い。代表である渡邉幸義氏は、事業の内容ではなく、雇用の創造を第一と考えており、雇用を創造してからその者にどのような仕事を与えられるか考える、という主旨の発言をしている。

30大雇用

株式会社アイエスエフネットの雇用に対する姿勢が明確に表れているのが、”30大雇用”の考え方である。

株式会社アイエスエフネットは2006年から”5大採用”の目標を示しており、その後2011年の”10大雇用”と”20大雇用”、2015年の”25大雇用”、2016年の”30大雇用”へと発展していっています。

それでは、”30大雇用”とは何か?”30大雇用”とは、就労困難者を30のカテゴリーに分けた上で、その者たちの雇用を目指すという目標であります。つまり、2006年の”5大採用”ではニート・フリーター・シニアなどの就労困難者を対象としていましたが、現在の”30大雇用”では、それが記憶障がいや不妊治療中の方まで拡大されています。

CSR活動

理念先行型の企業らしく、CSR活動には力を入れている株式会社アイエスエフネット。以下では、その中でいくつかご紹介します。

女性の活躍

将来的には全社員の30%までを女性社員とすることを目指している株式会社アイエスエフネットでは、女性が働きやすいように「ウィメンズカウンシル」といった相談窓口を設けています。また、2010年時点では15%程度だった女性社員比率も、年々増加しており、2013年時点では20%を超えています。

障がい者雇用

株式会社アイエスエフネットが最も知られているのが障がい者雇用についてであろう。障がいの種類に関わらず採用を進めており、その雇用率も2006年時点の0.66%から2015年には7.04%と飛躍的に増加しております。

勤務形態

様々な方が勤務している株式会社アイエスエフネットでは、そのニーズに合わせられるように様々な勤務形態を用意しています。勤務日数などを減らせるショート正社員、在宅勤務、異動・転勤が限定される地域限定社員など。

人財育成企業として

株式会社アイエスエフネットは、”人財育成企業”として雇用の創造を進めることを公言しています。ちなみに、人材ではなく”人財”です。

実際に株式会社アイエスエフネットは創業当社から、経験者でないと難しいと言われていたIT業界に99%が未経験者の状態で参入してきています。つまり、未経験者でも教育を行うことにより、しっかりとした戦力にまで育て上げているのです。

その人財育成能力には脱帽です。

管理者からのコメント

株式会社アイエスエフネットは事業内容以上に、その理念やCSR活動がやはり注目ですね。実際の雇用創造の活動を見てもその本気度が十分に伝わってきます。非常に社会的意義のある活動だと言えます。

履歴書を見ないで採用を行うといったユニークな採用方法も行っております。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。