未経験から人材業界に転職する6つのポイント


人材業界は「人」の雇用に関われるという仕事ということもあり、目指す方も多い業界だ。だが、ノルマに追われたり、仕事が忙しいという噂もあり、未経験でチャレンジできるのか心配な方もいるだろう。

そこで、この記事では未経験から人材業界を目指す上でのポイントについて紹介したい。

1.人材業界のメイン職種であるRAとCA

まずはじめに、人材業界ならではの2職種について説明したい。それがRA(リクルーティングアドバイザー)とCA(キャリアアドバイザー)だ。

1−1.RA(リクルーティングアドバイザー)とは?

企業の採用(リクルート)活動にアドバイスをするのでRA(リクルーティングアドバイザー)と呼ばれるが、簡単に言うと営業だ。業務内容をまとめると、

  • 企業へのアポ取り
  • 訪問での採用ニーズ引き出し
  • 求人票の作成
  • 転職希望者の推薦
  • 選考中の管理

のようになる。

企業から求人をもらった後も、転職希望者の推薦・選考中の管理をしていかなければならないため、企業と連絡のやり取りが多くなるのが特徴である。その点、新規営業と既存営業双方の能力が必要となる。

また、基本的にRAは企業の営業担当であるため、転職希望者との面談は行わない。実際に転職希望者と面談を行うのはCA(キャリアアドバイザー)である。
※ただし、同じ人間がRAとCA両方担当する人材会社もある

そのため、企業に転職希望者を推薦する際に、その者がどのような人物であるかはCAと擦り合わせることになる。その点、CAとのやり取りも多く、社内営業能力も必要になるだろう。その他、候補者の面接対策をCAの代わりに行うこともある。

ちなみに人材業界(転職エージェント)の営業と言うと、ノルマが厳しいという印象があるだろうが、これは事実である。というのも、月額で料金を固定でもらうビジネスモデルではなく、一人採用に成功したらその分の手数料をもらうという、完全成果報酬制だからだ。

月額で料金をもらうビジネスモデルであれば、極端な話何もしなくても勝手に売上が立つということもあり得るが、人材業界ではそれは起こらない。常に企業に対して転職希望者を推薦していなければ、売上は立たないのである。なぜなら、企業が採用してくれないと報酬が発生しないからだ。

決して楽な仕事ではないが、その分営業としての能力は身につく仕事と言えるだろう。

1−2.CA(キャリアアドバイザー)

CA(キャリアアドバイザー)は転職希望者のキャリアについてアドバイスを行う仕事である。転職エージェントに登録した後の面談の際に出てくるのがCAだ。主な業務内容としては、

  • 転職希望者との面談・求人紹介
  • 選考の管理
  • 面接対策

となる。実際に転職エージェントを利用したことのある方であれば、なんとなく業務内容はイメージがつくだろう。RAがBtoBの仕事であるのに対して、CAはBtoCの仕事だと言える。

BtoCとあって接客業の要素はあるのだが、一般的な接客業と比べてノルマを追っていく意識がかなり必要になる。理屈としてはRAと一緒で、採用がされないと売上が立たないビジネスモデルだからである。同時に、個人のお客様を相手にするというBtoCならではの大変さもある。

そのため、一度に多数の転職希望者の選考を管理していかなければならず、業務量は決して少なくない。また、夜間にしか来れない転職希望者に対しては夜間面談を行わなければならず、残業も少ないとは言えない。

一方で、多様な方に会うことで幅広い対人コミュニケーション能力が培われると共に、同時並行で様々な転職希望者をサポートすることによる業務処理能力も身につくだろう。

2.未経験でも人材業界に転職は可能か?

さて、いきなり核心の部分にはなるが、そもそも未経験でも人材業界への転職は可能か?結論から言うと、人材業界は業界未経験者が非常に多い、未経験者歓迎の業界である。

2−1.業界未経験者については、RA・CA共に年齢を重ねてもOK

まず”業界”の未経験者については、RA・CA共に重要視されない。人材業界ならではの極度に高い専門性が必要となる知識はあまりなく、業界が未経験でも短期間でキャッチアップすることができるからだ。

また、”転職”という分野を扱っているということもあり、むしろ様々な業界の経験者がいた方が会社としてもメリットがあるのだ。例えばIT業界に転職したい方は、当然IT業界を経験してきたCAからアドバイスを受けたいだろう。採用企業側も一緒で、なるべく自社のビジネスについて理解しているRAの採用アドバイスを受けたいと思うだろう。

さらに、一般的には年齢を重ねるごとに未経験業界への転職は難しくなると言われるが、人材業界ではそのようなことはない。すでに説明した通り、”転職”という分野を扱っているということで、他業界で専門性を磨いてきたことはそれだけで価値となるからだ。

2−2.職種未経験者については、RAは年齢を重ねると難しくなる

次に”職種”の未経験者について。

RA・CA共に職種未経験でもOKなのだが、RAについては年齢を重ねるにつれて職種経験を求められる。目安として、27~28歳くらいから職種経験がないと厳しいと見られ始める。新規・既存両方の営業能力が求められるため、27~28歳くらいで全くの営業経験がないとなると、育てるのが大変だからだ。もちろん、RAとしての経験である必要はなく、”営業”としての経験があればOKだ。だが、新規営業をやってこなかったとなると、営業経験があったとしても厳し目に見られる。

ただし、26歳くらいまでであれば営業経験がなくとも歓迎としている場合が多い。27~28歳についてもあくまで目安なので、当然採用してくれる企業はあるはずだ。

一方でCAについては、職種経験は求められないことが多い。そもそもCAという職種が人材業界に固有なものであるし、BtoCでのコミュニケーションとなるため、接客能力に問題がなければ対応しやすいからだ。その点、年齢を重ねてもCAは職種未経験での転職はしやすい。

3.人材業界の魅力

人材業界は”人”の雇用に関われるという点で社会的意義がある一方で、ノルマの厳しさを不安に思う方は多い。そこで、次は人材業界で働く魅力について紹介したい。

3−1.”人”の雇用に関われる

人材業界はモノを作って売っているわけではない。”人”の転職の手助けをし、”企業”の採用の手助けをする仕事だ。つまり、”サポート”に対して報酬が支払われるビジネスなのだ。

転職というのは人生の中でも大きな決断であり、その決断に関わるとあって責任のある仕事だし、それだけにやりがいがある。また、企業もお金をかけて採用を行うのであり、そのためにも最適な人材を紹介しなければならず、これまたやりがいがある。無事採用が決まれば、転職希望者・企業の双方から感謝をされることが最大のモチベーションとなるだろう。

人を横流ししているだけの、手数料ビジネス・仲介ビジネスと批判されることもある。だが、私自身が転職エージェントで働いてきて、人の転職を成功させることの大変について身をもって経験してきている。自分で企業を探せるという方や、自社で転職希望者を集められるという企業には不要かもしれないが、現実はそう上手くはいかないものだ。

転職希望者・企業を効率よくマッチングさせるためには、やはり転職エージェントは必要だと私は感じたし、これから人材業界で働く方もそう感じれると思う。

3−2.バイタリティが身につく

人材業界で働くには体力的にも精神的にも大変な面がある。だが、それだけに成長できる面も大いにある。

特に私自身は人材業界で働いてバイタリティが身についたと感じる。同時にいくつもの選考を見ていかなければならず、しかも人の人生に関わるとあって手抜きはできない。完璧にやろうとするといくらでも仕事は発生するので、とにかくスピーディーにかつ妥協せずに仕事を処理していかなければならない。

お客様の前では笑顔でいなければならないが、一方で数字に追われるプレッシャーもある。華やかさと泥臭さが同居する仕事だ。

タフな仕事ではあるが、だからこそその中で働けば、体力的・精神的にも成長ができると感じる。

ちなみに人材業界は確かに大変だが、世間で思われているほどは大変ではないよと言いたい。その点、これから人材業界を目指す方は安心してください。

3−3.給与水準が高い

人材業界はモノを作るわけでもなく、投資対象が社員くらいしかないので、給与水準が高い傾向にある。

もちろん、人材業界よりも給与水準が高い業界はいくらでもあるが、未経験から転職できてある程度の年収も期待できるという意味では魅力である。実際に接客業から人材業界へ転職してきた方を多く見てきたが、大体の方は年収アップに魅力を感じて入社を決めていた。また、成果を出すとボーナスにも反映されるので、実績を出せればそこそこの給与をもらえる。

前職年収に不満のある方が、手っ取り早く年収を上げるには人材業界はおすすめである。

4.人材業界の大変な点

一方で、当然だが大変な面も多いのが人材業界だ。次は、人材業界の大変な点について紹介したい。

4−1.「人のため」だけではやっていけない

人材業界は”人”の雇用に関わるとあって、「人の役に立ちたい」と考えて転職を希望する方も多い。

だが、現実には「人の役に立ちたい」という想いだけでやっていくのは厳しい業界である。というのも、人材業界は転職希望者の夢を叶える仕事ではなく、あくまで転職を成功させることが仕事だからだ。

転職希望者が「○○業界に転職したい」と言っても、その方のこれまでの経験では実現できないこともある。その場合は、相手にとっては厳しい意見になるかもしれないが、その旨を告げなければいけない。

企業の採用も一緒だ。「○○を経験してきた人物を採用したい」と言っても、企業の知名度的にはそもそも応募者が集まることすら怪しいこともある。その場合は、はっきりとその旨を告げなければいけない。

また、あくまでビジネスのためにやっているのだから、売上も追っていかなければならない。そのためには、時には流れ作業でとにかく数多くの転職希望者をとりあえず面接に行かせたりする必要も生じる。

逆に力を入れてずっとサポートしてきた転職希望者と急に連絡が取れなくなったりすることもある。

「人の役に立ちたい」という想いは大切だが、慈善事業でやっているわけではないので、それ故の辛さが絶対に生じるのが人材業界だ。ただ、私は経験として、慈善事業でやっているわけではないからこそ、相手の転職の”成功”に本気で取り組めると感じた。ボランティアで転職のサポートをすると、どうしても相手の要望を全て叶えてあげようと思ってしまうが、現実にそのようなことは難しい。ビジネスとしてやっているからこそ、現実的にどのようにすれば転職できるかを考えられるのである。

4−2.とにかく忙しい

次に大変な点は、よく言われるがとにかく忙しいことである。

人材業界は本質的に労働集約型の産業だ。売上を立てるためには、いかに転職希望者を多く企業に紹介して、採用してもらえるかがポイントとなる。そのため、売上を伸ばすには、キャリアアドバイザーならいかに多くの方と面談をするかが要だし、営業であればいかに多くの転職希望者を企業に推薦するかが要となる。

転職エージェントを利用したことがある方ならわかると思うが、転職希望者との面談は大体1時間程度を要する。つまり、一日に4人と面談すればそれだけで4時間以上は時間が費やされるのだ。その他事務作業もある。成果を出すためには、絶対的に時間が必要となるのだ。

仕事量はかなり多いので、仕事中も常に何かに追われているような形となるので、精神的にも疲れが出る。

ただ、誤解のないように言っておきたいが、忙しくてもブラックかどうかはまた別だ。私が勤めていた人材企業は、体育会系の色が強く、ハードとは言われていたが、残業時間はしっかりと法律の範囲内であった。業務時間中はとにかく忙しくしていたが、ブラックだと感じたことはない。

4−3.ノルマがある

最後に、この点もよく言われるがノルマがあること。

一般的に人材業界はCA・RA両方にノルマが課される。しかも、月額課金型のビジネスモデルではないので、毎月売上はゼロからスタートで、常に売上を追っていく必要がある。特に経験上、最初の時点で大変なのはRAだ。というのも、新規営業で案件を取っていかなければならないからだ。逆に言えば、ある程度優良な案件を獲得していけば、売上を立てやすくなり、業務量を抑えても売上を立てられるのがRAだ。

一方でCAは面談だけでもかなり時間を取られるし、毎月新たな転職希望者と面談をしていかなければならないとあって、年数を重ねても大変さは変わらない。RAは獲得求人を増やせば増やすほど売上は立てやすくなり、過去の資産が蓄積されるのに対して、CAはあまりこういうことはない。逆に、RAが求人を獲得しないとそもそも売上を立てられないのに対して、CAは登録してきた転職希望者と面談をすればいいので、新規獲得の大変さはない。なので、比較的早い段階で売上自体は立てられるという面もある。

ただ、共通するのは、いずれの職種だろうと数字に追われることは避けられないということだ。

5.人材業界へ未経験から転職する6つのポイント

それでは、ようやく未経験から人材業界へ転職するポイントについて紹介したい。

5−1.見た目の印象を意識する

人材業界はRA・CA共に対人での業務が主であるため、対人印象の良い方が採用されやすい傾向にある。というよりは、対人印象の良さは大前提と言ってもいいだろう。特に未経験から転職する場合はなおのことだ。

  • 服装にヨレがないか
  • 髪を整えているか
  • 化粧をしっかりとしているか(女性の場合)
  • 顔の表情が明るいか など

上記のような点が重要だ。イメージしづらければ転職エージェントのサイトでキャリアアドバイザーの紹介ページでも見ればいいだろう。

私が実際に転職エージェントで働いてきた経験として、人材業界で働く社員の見た目イメージは、

  • 男性:髪はジェルで固めている/短髪/スーツはしっかりと着こなす/眉毛は剃っている/体育会系
  • 女性:髪を染めている/化粧は派手め/ギャルっぽい/笑顔を絶やさない

といった感じだ。社風によってマチマチだろうが、やはり傾向としては派手めな人が多い印象である。もちろん派手でないと受からないというわけではないので安心してほしい。かく言う私も全く派手ではない。

ただ、対人印象はとにかく見られるので、清潔な印象と明るい表情は絶対に押さえておきたい。

5−2.コミュニケーションを円滑に行えるか

RA・CA共にコミュニケーションが中心の仕事なので当然だが、コミュニケーションを円滑に行えるかどうかは重視される。

特に、人材業界のRAは実質全業界の企業が顧客対象で、CAも様々な業界で働いてきた転職希望者と面談を行うため、実際にコミュニケーションを取る相手のバリエーションが幅広い。そのため、万人に通用する対応力の高いコミュニケーション能力が求められる。

また、相手の要望に応えるだけではなく、言いにくいことをハッキリと言わなければいけない場面が多いため、状況に応じて強気なコミュニケーションが取れるかどうかも見られる。

5−3.ストレス耐性があることを見せる

人材業界はとにかく仕事が多く忙しく、数字にも追われるため、肉体的・精神的にも大変な面がある。そのため、ストレス耐性があるかは面接でも厳しく見られる。厳しい局面を乗り切ったエピソードなどはできるだけ面接で話したい。

ただ、先程も書いたが、一般的に思われているほどは大変ではない。不動産投資や証券などと比べると遥かに精神的に楽だと感じる。

5−4.競争意識があることを見せる

また、ノルマが個人に課される人材業界では、社内でも競い合いながら、数字を追っていくような雰囲気がある。そのため、誰にも負けたくないというような競争意識は高く評価される。

面接では負けず嫌いなエピソードを挟むといいだろう。

5−5.「人の役に立ちたい」は押し出しすぎない

人材業界を目指す方の中には、「人の役に立ちたい」という意識が強い方がいる。

悪いことではないのだが、ホスピタリティを全面に押し出しても人材業界では評価されないこともある。なぜなら、慈善事業ではないからだ。人材業界はある意味”人”を”商品”として売っていくような業界だ。ホスピタリティが強い方ほど、”人”を”商品”として扱うことに入社してから悩むことになるのだ。

もちろんホスピタリティ精神を捨てろということではない。ただ、第一に重要なのは利益を生み出すこと、という意識を忘れてはならない。営利企業なのだから、利益を生み出さなければ意味がないのだ。利益を生まないのであれば、ハローワークで十分となる。その点を忘れないでほしい。

5−6.転職エージェントに登録する

最後に、人材業界に転職したいのであれば、転職エージェントへの登録を忘れないようにしよう。

というのも、転職エージェントからのスカウトをされる可能性があるからだ。転職エージェントでは、面談に来た転職希望者を自社に誘うということもよくなされる。スカウトされるということは、キャリアアドバイザーの目から見ても受かる可能性が高い、と判断されているからである。

自分が入社したい企業が運営する転職エージェントに登録して、そのまま人材の採用を行っているか聞いてみてもいいだろう。

このようなこともあり、人材業界への転職には転職エージェントの登録は必須だ。

6.人材業界への転職におすすめの転職エージェント

すでに書いたとおり、人材業界への転職をするのであれば、自分が入社したい企業の転職エージェントに登録するのがいいだろう。また、他にはどのような方の転職をサポートしたいかによっても決めていいだろう。例えば、20代の転職をサポートしたいのであれば、20代に特化した転職エージェントに登録すべきだろう。そこで、以下ではタイプごとに転職エージェントを分類して紹介したい。

6−1.大手総合型の転職エージェント

まずは全年齢を総合的に扱っている大手の転職エージェントを紹介する。

6−1−1.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は業界最大手の転職エージェントだ。

人材育成にも定評があり、優秀なリクルート出身者を称して「元リク」などと呼ぶこともあるほどだ。転職エージェントとしては、転職希望者とのやり取りを自動化している部分があり、一人のCA・RAが管理する転職希望者の数が膨大なのが特徴だ。間違いなくスピード感のある業務処理能力を身につけられる。反面、一人ひとりの転職希望者に向き合って仕事をしていきたいという方には不向きな職場である可能性もある。

ただ、もしリクルートエージェントで働きたいと思っていなかったとしても、転職エージェントとして膨大な求人数を扱っているので、いずれにせよ登録は必須だ。

6−1−2.DODA

DODA

DODA

DODA』はリクルートエージェントに匹敵する日本最大級の転職エージェントだ。

リクルートエージェントはガツガツと上昇志向の強いタイプの社員が多いのに対して、DODAはよりガツガツさは控えめなスマートな社員が多いイメージだ。また、リクルートエージェントほど転職サポートのプロセスを自動化していないので、比較すると一人ひとりの転職希望者へのサポートに力を入れることができる。とはいっても、大手で登録者の数が多いので、あくまで比較しての話ではあるが。

こちらもリクルートエージェントと同様に、ここで働きたいと思っていなくとも、求人数の数は多いので登録しておくべきだろう。

6−1−3.マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』はこれまた人材大手のマイナビが運営する転職エージェントだ。

新卒の就活ではリクナビに並ぶ知名度を誇るマイナビだが、転職エージェントという分野ではリクルートエージェント・DODAには遅れを取っている。求人数は二社に比べてかなり少ない。

ただ、その分一人ひとりの転職希望者に対するサポートはリクルートエージェント・DODAと比べてかなり力を入れている。体育会系な気質のある企業でもあるが、熱気のある社員が多いのも特徴。

大手の人材企業で働きたく、かつサポートにも力を入れていきたいという方は入社を目指してみよう。

6−2.20代に強い転職エージェント

これまで紹介した大手の総合型転職エージェントは、様々なキャリアの方をサポートできるという面白みがある。だが、ある程度キャリアを積んだ方というのは、自分自身でも転職ができてしまうので、それほど丁寧にサポートしていかなくても勝手に転職に成功してくれる。

一方で、20代の若手の転職はそうはいかない。特に社会人1〜3年目の第二新卒となるとなおさらだ。

初めて転職を考えている20代若手は転職に対して不安を抱えていることが多い。未経験分野にチャレンジした方が良いか否か、そもそも自分のキャリアで転職ができるのか、面接で何を言えばいいかわからない、など不安は尽きない。そのため、サポートにかなり力を入れていかなければいけない。その分、やりがいも多い。

もしサポートに力を入れていきたいと考えている方は、ぜひ20代に強い転職エージェントへの入社を検討しよう。以下、おすすめの転職エージェントを紹介したい。

6−2−1.ジェイック

ジェイック営業カレッジ

ジェイック営業カレッジ

ジェイック』はフリーター・既卒・第二新卒の転職に特化した転職エージェントだ。

特徴として、社会人経験のないフリーター・既卒の転職にも力を入れている点だ。社会人経験のない方の転職サポートは、社会人経験者を転職サポートするよりもかなり大変だ。ビジネスマナーもまだ身についていないため、面接のやり方など細かい部分まで教えていかなければならないからだ。その点、ここで働くのは相当やりがいを感じれるはずだ。個人的に社長とお会いしたこともあるが、かなりの人格者だったので、この点も働く上ではいいだろう。

また、ジェイックは転職希望者に対して就職講座も開いている。講師として人前に立って教える役割が与えられることもあり、一般的な転職エージェントよりも幅広い経験ができるのも魅力。

求人の数が多いわけではないので、ジェイックで働いてみたいと思ったら登録することをおすすめするが、そうでない場合は先に紹介した3社のいずれかに登録した方がいいだろう。

6−2−2.ウズキャリ

ウズキャリ

ウズキャリ

ウズキャリ』はジェイックと同じく既卒・第二新卒の転職に強い転職エージェントだ。

社長が若く、働いているキャリアアドバイザーも全員が既卒・第二新卒から転職してきているという点が特徴だ。ジェイックと同様に研修サービスも行っており、20代の転職を丁寧にサポートしていこうという意識の強い会社だ。ちなみに、ジェイックが営業の研修に強いのに対して、ウズキャリはITエンジニアの研修に強いという違いがある。

社風としては若い人が多く、良い意味でカッチリとしていない雰囲気。ジェイックはわりとカッチリしているので、ベンチャー的な雰囲気で働きたい方にはこちらの方が合っているかもしれない。

6−2−3.ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブ』も既卒・第二新卒に強い転職エージェントだ。

ウズキャリ・ジェイックのように研修サービスは行っておらず、そういう意味ではサービスに特徴はない。だが、注目すべきは運営会社のレバレジーズである。レバレジーズは人材領域で急拡大している、イケイケベンチャー企業だ。キラキラという言葉が合う、派手な社員が多い企業であり、とにかく雰囲気は楽しい。

次々と新規領域に踏み出しているので、チャレンジの多い職場でもある。ベンチャーでいろんなチャレンジをしたい方にはおすすめだ。

6−2−4.アイデムスマートエージェント

アイデムスマートエージェント

アイデムスマートエージェント

20代に強い転職エージェントの運営はベンチャー企業が多いのだが、『アイデムスマートエージェント』は1970年代から事業を行っている、古くからある会社だ。

ジェイック・ウズキャリのように研修サービスは行っておらず、それほどサービスにも特徴がない。ただ、20代に強い転職エージェントは比較的若い企業が多いのに対して、アイデムスマートエージェントは長く人材ビジネスを行ってきた安定感がある。

20代の転職をサポートしたいが、ベンチャーではない企業に入社したいという方におすすめだ。

6−2−5.20代の転職相談所

20代の転職相談所

20代の転職相談所

20代の転職相談所』は既卒・第二新卒の転職に強い転職エージェントだ。

ジェイック・ウズキャリのような研修サービスは行っていないが、求人企業への取材に力を入れていることが特徴だ。企業の説明会も頻繁に開催しており、転職希望者と企業がミスマッチを起こさないように、お互いのことを知ってもらうことに意識を置いていることが分かる。他の転職エージェントと比べて、ミスマッチの予防に力を入れており、20代が次の職場で失敗しないように心がけている。

20代の方に次こそ自分に合った企業に入社してほしいと考える方は、特に強いやりがいを持ってここで働くことができるだろう。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。