履歴書は「手書き」か「パソコン」か?


履歴書作成の効率化

履歴書作成は”手書きが基本”と言われていたのも今は昔。

履歴書作成に対する考え方は時代の流れと共に変わっていきました。いつの間にか”手書きが基本”から”手書きが無難”となり、現在では”手書きorパソコンならOK”とされることが多くなっています。

パソコンが一般家庭に普及することにより、人々にとって書類作成は一気に効率化されました。パソコンであれば、手書きよりはるかにスピーディーに書類作成が可能であり、誤字脱字があっても修正ができます。しかし、”手書きが基本”という暗黙のマナーにより、履歴書作成のパソコンへのシフトは一気には進みませんでした。

だが、”一家に一台”だったパソコン所有が、ノートパソコンにより”一人一台”となり、いよいよ求職者にとって履歴書を手書きで作成するメリットはなくなりつつあります。加えて、ウェブ上で履歴書のフォーマットを無料でダウンロードすることもできるため、手間は極端に省けます。

それに応じて、企業側も履歴書作成に対する考え方を、時代の流れに合わせざるを得なくなったのです。つまり、履歴書作成に対する考え方は、技術の進歩に応じて変わってきたのです。
※さらに言えば、人材業界が時代の流れに合わせたことによって、企業がそれに従ったとも考えられます

今では履歴書は”手書きorパソコンならOK”とされることが多いですが、ノートパソコンを所有しないスマートフォン・タブレット世代にとっては、履歴書パソコンから出力することでさえ面倒でしょう。となると、今後は履歴書作成が完全電子化へとシフトしていくことも考えられます。
※むしろ、そのように行っている企業は既にあります。

企業にとって履歴書とは

企業にとって履歴書とは、求職者の学歴・職歴・保有資格・志望動機・見た目の印象などを、簡易的に確認することのできる書類です。

情報を確認するためだけであれば、履歴書を手書きで書く必然性は一切ありません。どうせ同じ情報が記載されているのであれば、パソコンでも問題はないはずです。

しかし、企業は履歴書を通して、求職者の社会常識(マナー)を計る場合もあります。

そのため、少し前までは、履歴書を手書きではなくパソコンで作成すると、社会常識のない人間であると判断されてしまうことがあったのです。

だが、社会常識は時代と共に変わります。”手書きが基本”であった世代にとっては、履歴書をパソコンで作成することはマナー違反に当たったのでしょう。しかし、パソコンと共に育ってきた世代にとっては、履歴書をパソコンで作成することはマナー違反でもなんでもありません。

手書きかパソコンかは、企業の風土に合わせる

現在、履歴書作成は手書き・パソコン、いずれでもOKな企業が多くなっています。それでも、どちらの方がより良い印象を面接官に与えられるか、迷ってしまうこともあるでしょう。

履歴書の書き方一つで合否が決まるようなことはまずないと思いますが、もし気になる場合は、志望する企業の風土に合わせるといいでしょう。

人はそれぞれ育ってきた時代・環境が異なり、各々の常識があります。”手書きが基本”として生きてきた世代には、その世代なりの常識があり、頭で分かっていてもその常識は簡単に抜けきるものではありません。

例えば、バイトや会社を休む連絡を入れるときの常識も人それぞれです。電話を入れるべきだと考える世代もあれば、メールで十分だと考える世代もある。さらに若い世代であれば、LINEで十分だと考えることもあるでしょう。

でも、自分の常識が相手に通じるとは限りません。であれば、相手の常識に合わせた方がいいでしょう。

手書きが望ましい場合

パソコンによる履歴書作成がOKになってきているのも、パソコンによる作成は失礼に当たらないという認識が浸透してきているからです。

だが、企業によっては、パソコンによる履歴書作成をマナー違反と考えることもあるでしょう。そのような企業に対しては、いくらパソコンでの履歴書作成が効率的だとしても、やはり手書きで作成するべきです。

傾向としては、歴史のある企業や、平均年齢が高い企業、アナログな企業が該当することが多いです。もし転職エージェントを利用しているのであれば、事前に確認しておいてもいいでしょう。

パソコンが望ましい場合

履歴書作成を効率的に行うためには、明らかにパソコンが適しています。手書きに自信があって、自分自身の丁寧な人柄を手書き履歴書によって表現したい、などの理由がない限りはパソコンで作成した方がいいでしょう。

特に、最先端の技術を扱っているような企業は、非合理な行動を敬遠する傾向にあります。明らかにパソコンの方が効率的なのに、あえて手書きで履歴書を作成すると、逆効果になることもあります。非効率な仕事を行うという印象を与えてしまう可能性があるのです。

インターネット系の企業やベンチャー企業などはこのような企業が多いので、パソコンがOKとされているのであれば、パソコンで履歴書を作成しましょう。

それぞれのメリット・デメリット

パソコンによる履歴書作成メリット・デメリット

パソコンによる履歴書作成のメリットは以下のように効率的であることです。

  • 手書きより作成スピードが速い
  • テンプレートを無料でダウンロードできるため、コストがかからない
  • 手書きの字に自信がなくても問題がない
  • 誤字脱字をすぐに修正できる
  • 企業ごとに使いまわしできる
  • データで管理ができる

履歴書作成を効率化し、作成にかかる時間を削減できれば、その分他の対策に時間を回すこともできます。一方デメリットとしては、以下の点が挙げられます。

  • 履歴書に人間味がなく、手書きだからこそ伝えられる印象を伝えられない

手書きによる履歴書作成メリット・デメリット

手書きによる履歴書作成のメリットは、以下のようにアナログだからこその良さを出せる点です。

  • 自身の人柄を文字を通して伝えられる
  • (字がきれいであれば)アピールになる

一方デメリットとしては、以下の点が挙げられます。

  • 作成に時間がかかる
  • 書き間違いをすると、最初から書き直さなければならない
  • (字が汚いと)雑な印象を与える
  • 複製ができないので、同じ内容でも毎回作成しなければいけない

メリットを考えると圧倒的にパソコン

パソコンで履歴書を作成した方が、手書きで作成するより圧倒的なメリットがあります。

もしパソコンでの作成がOKとされているのであれば、あえて手書きで作成する必要はないと思います。あくまで、手書きにこだわる企業の場合にのみ、手書きで作成すべきでしょう。
参考記事:履歴書の書き方ガイド完全版!


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。