『Future Finder』性格分析であなたの知らないあなたを見つける

Future Finder

1.Future Finderとは

Future Finderとは、株式会社ジェイックにより提供されている特性マッチング求人サイトだ。主なターゲットは就職をしたい学生となる。

株式会社ジェイック自体は、若者の就職支援を中心に行っている企業であり、第二新卒・既卒・フリーターの就職支援サービスである『ジェイック営業カレッジ』でよく知られている。また、大学との連携が深く、学生たちの就業力向上や社会人になってからの活躍を目指した教育改革等も進めている。元々教育事業からスタートして会社であり、その研修プログラムには定評がある。

Future Finder自体は、心理学に基づいた特性分析診断を受けた上で、そこから導き出される自身の特性に合った企業からのオファーを受け取れるサービスだ。社会人経験のない学生にとって、「自身の性格に合った仕事」は中々想像できない。そのことによるミスマッチを解消する手助けとなるサービスと言えるだろう。

以下では、Future Finderの特徴などについて掘り下げて紹介したい。

2.Future Finder利用の流れ

リクナビ・マイナビといったナビ媒体は、掲載される膨大な求人の中から、自分で興味のある求人を探して応募していくことになる。一方で、Future Finderは求人サイトではないため、サイト上から求人を検索できるわけではない。そのため、就活における使い方がいまいち分からないという方もいるだろう。そこで、まずはFuture Finder利用の流れについて説明したい。

2−1.特性分析を受ける

Future Finderの利用はまず特性分析を受けることから始める。

150もの質問に答えていく本格的な特性分析であり、時間がある程度ないと質問には答えきれないほどだ。お遊び感覚ではなく、自身の特性を真剣に見つめたい方でないと、途中で挫折してしまうだろう。その分、分析内容は他の求人サイトで提供されている適性診断と比べて、内容が濃い。

登録自体は簡単であり、分析も登録後すぐに受ける必要はないので、気になったらとりあえず登録して期間内に分析を受ければいいだろう。

2−2.マイページ開設

特性診断を受け終わると、マイページが開設される。その際、Facebookとの連携を提案されるが、連携をしなくてもサービス自体の利用は可能だ。Facebookと連携すると、診断結果を友人と比べることができるようになるので、気になれば連携しよう。ちなみに、連携を行ったとしても勝手に投稿がされるようなことはない。

2−3.診断結果を見る

マイページが開設されると、その中で診断結果を見ることができる。診断結果の内容が濃いことはもちろん、診断結果をもとに自己分析をすることもできる。

2−4.求人を探す・企業からのオファーを受け取る

マイページではその他、求人を探すこともできる。適性診断の結果を基に、自身に合った企業をピックアップしてくれる機能もあり、求人媒体では出会えないような企業と出会える可能性もある。また、企業からのオファーを受け取ることもできる。

2−5.個別カウンセリング・セミナーへの参加

Future Finderのマイページから、自己分析・自己PR・就活セミナーや個別カウンセリングへの参加申し込みを行うことも可能だ。マイページ内で気になるセミナー内容があれば申し込んでみよう。

3.サービスの特徴

Future Finder利用の流れが分かったところで、次はサービスの特徴・強みについて紹介したい。

3−1.超本格的な特性分析

Future Finderの特性分析を開発しているのは、ジェイックではなく、人材の採用に関連した様々な検査・検定を提供している株式会社レイルである。さすが人材の分析に特化した企業が開発する特性分析だけあり、超”本格的”だ。「超本格的な心理統計学に基づく分析」と銘打つだけあり、そこらの適性診断とは比べものにならないくらい診断結果も充実している。

Future Finder診断結果

Future Finder診断結果

視覚的に分かりやすいタイプ別診断結果もありながら、

Future Finder診断結果2

Future Finder診断結果2

自身の適性について文章でも事細かに説明してくれる。

「性格特性」「マッチする組織風土」「仕事で発揮しやすい特性」「得意な組織行動」「仕事への動機」「ビジネスセンス」と6項目に渡る詳細な診断結果は読み応え十分。

しかも、診断結果を基に自己分析や面接・ESで使えるエピソードの整理を行うツールもマイページ内で提供されている。

診断結果をFacecbookの友達と比較できる機能も秀逸。身近な友人と比べて自分にはどのような特性があるのか、理解するのに役立てよう。

3−2.求人を探せる

Future Finderは特性分析を行って終わりではなく、企業への内定を目指す機能も準備されている。ナビ媒体のように求人数は多くないが、特性分析を基に自身と合った企業をおすすめしてくれるので、マッチング度が高いことも期待できる。

企業からのスカウトを受け取ることもできるので、企業探しを広げる助けになることは間違いない。

3−3.ジェイックのセミナー・個別カウンセリングを受けられる

ジェイックのセミナー・個別カウンセリングへの申込みができるのもFuture Finderの強みの一つだ。

ジェイックは人材育成に定評のある企業であり、そのセミナー内容は他と比べても非常に質が高い。中途市場で既卒・フリーターといった未就業者を対象に研修を行っているだけある。

Future Finderで特性分析をするだけではなく、是非ジェイックのセミナー・個別カウンセリングも体験してほしい。

4.まとめ

中小企業である株式会社ジェイックが、これほど質の高い特性分析を提供していることは驚きだ。相当な投資も行っているはずである。

お遊びではなく”本格的”に特性分析を行いたい方は、Future Finderを使ってみよう。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。