外資系企業は英語が話せないとNG!?実体験から解説!


外資系企業に興味はあるけど英語力に不安で転職に踏み出せないという方は多いのではないだろうか。私自身もその一人で、外資系に興味はありつつも、英語力でとてもついていけないと思い、ずっと敬遠していた。

だが友人が外資系に転職したことをきっかけに、自分自身も外資に転職をしてみたら内定をもらうことができた。

外資系企業への転職をためらう大きな理由は英語力だと思うが、実際にどの程度の英語力を求められるか気になるところだろう。そこで、自身の実体験から解説していきたいと思う。

1.外資系企業で求められる英語レベルとは?

結論から話すと、一般に思われているより外資系で求められる英語レベルは高くない。実際に私の同僚で、ほとんどまともに英語が話せない者もいた。私自身も一般よりはできるくらいで、ネイティブレベルからはほど遠い英語力だった。

1−1.職種によって求められる語学力は大きく変わる

そもそも外資系と言っても、職種によって求められる英語レベルが大きく変わる

英語が求められる職種では当然語学力が必要になるが、そうでないポジションも実は多い。例えば、国内企業を相手にする営業職であれば、相手にする顧客が日本人なので当然業務で主に使われる言語は日本語となる。では社内は英語で会話をするかというと、そうでもない。営業部であればほとんどの社員が日本人となるので、社員同士の会話も日本語となる。

一方で、管理部門・システム部門などは海外本社とのやり取りが多く発生するため、英語を使う機会が多くなるだろう。また、上司が外人の場合も、その上司が日本語を話せない限りは英語を話す必要がある。

このように、外資系企業では職種によって求められる語学力は大きく変わってくる。高い英語力を求められる職種もあれば、そうでない職種もある。つまり、職種を選べば大した英語力がなくとも十分にやっていくことはできるのである。

1−2.社内システムは全て英語であることは覚悟しよう

英語を話すレベルが決して高い必要はないが、外資系企業では一点だけ覚悟しておかなければいけない点がある。それは、社内システム・社内手続きが全て英語であるという点である

私が外資系企業に入社した際、初期の頃に一番苦戦したのはこの点である。入社手続きから全て英語であり、一つ一つの手続きを終えるのにかなり時間がかかった記憶がある。やり方がわからないので社内のヘルプ窓口に問い合わせたところで、そのヘルプ窓口がそもそも英語しか対応していないということもザラにある。もちろん、社内マニュアル・社内SNSも全て英語。

つまり、英語を話せる必要はなくとも、英語を読み書きする機会は国内企業よりはるかに多いということである。慣れてしまえばなんてことはないのだが、入社初期は相当抵抗はあるはずだ。

1−3.英語を使わないポジションなら、最低限の努力する意識があればOK

いろいろと外資系企業で必要な英語レベルについて書かせてもらったが、結論から言うと、英語を使わないポジションであれば、最低限英語が必要とされるときに使おうとする努力さえ失われば十分にやっていけると思う

英語を使わないポジションであれば、たまにある外人と話す機会で、拙くとも話す努力をすればOK。社内システムが全て英語で苦労するだろうが、Google翻訳を使って一つ一つ理解する努力さえすればOK。当然、国内企業で働くのと比べて負担は増えるが、その負担を苦に思わなければ英語力が高くなくとも十分にやっていけるのが外資系企業なのだ

2.社内は外人や帰国子女ばかりなのか?

そうはいっても、外資系企業は外人・帰国子女ばかりというのが現実ではないのか、と思われるかもしれない。その点についても実際の経験から話していきたい。

2−1.一般企業よりも外人・帰国子女比率は高いが・・・

まず、当然だが外資系企業は一般的な企業と比べて外人の割合は高い。そもそも海外の企業なのだから、この点は避けられない。また、英語力も一般的な国内企業と比べて求められるため、帰国子女比率は高い。帰国子女でなくとも、短期の留学経験者はザラにいる。

やはり、海外の企業とあって、外資系企業では何かしら英語のバックグラウンドを持っている者は多い。

2−2.ほとんど英語を話せない人も結構いる

しかし、それでも臆することはない。確かに比率としては外人・帰国子女・留学経験者は多いが、英語を話せない者も実は少なくない

そもそも帰国子女だからといって、全員が英語をペラペラ話せるわけではない。というのも、私自身帰国子女なのだが、幼少期に日本に戻ってからほとんど英語を使っていなかったため、結果として小学生以下の英語レベルで止まっていたのだ。しかし、それでも外資系企業で働けたのだ

私はというと、ビジネス英語はからきしダメで、コミュニケーションにはかなり苦労した。外人社員とのコミュニケーションはほとんど成り立っていなかったと思う。しかし、それでも外人上司の下で働いた経験がある。つまり、その程度の英語力でも良いのだ

さらに言えば、留学経験さえない者も中にはいたし、留学経験者だとしてもビジネス分野で使えるレベルに達していない者も少なくはなかった。ただ、それらの者に共通していたのは、それでもコミュニケーションを取る努力をしていたということである

英語のレベルが高くなくとも、コミュニケーションを取る努力さえすれば意外と通じるものである。しかも、前述したように、職種によってはそもそも英語を使う機会がほぼないこともある。数少ない機会を乗り切る努力さえできればいいのだ。

3.ただし、面接は英語なので乗り切る必要あり!

散々、外資系企業では意外と英語を使わなくても生き残っていけるという話をさせてもらったが、一点だけどうしても英語から逃れれない場面がある。

それは、面接である。企業によって異なるとは思うが、基本的に外資系企業の面接はオール英語で行われる。面接だけは英語から逃れられないので、乗り切る必要がある。

ただ面接のポイントは、事前にいくらでも準備ができるという点である。逆に言えば、準備さえしてこない者は落ちるということでもある。外資系企業の面接官も、全ての日本人が英語を流暢に話せるわけではないことを理解している。なので、アドリブでペラペラ話せることは、実は求められていない。見られるのは、英語でコミュニケーションを取っていく努力をする意識があるか否かである

その点、いくらでも事前準備ができる面接という場で、全く準備せずに英語が話せない状況で臨んだら、さすがに落ちることは理解しておこう。

4.外資系企業は給料をもらいながら英語を勉強できる場

外資系企業は一般に思われるほど、英語が話せなくとも生き残っていける職場である。入社したら社内システムが全て英語であったりと苦労する点はもちろんある。

だが裏を返せば、外資系企業は給料をもらいながら英語の勉強ができる場でもあるということだ。しかも、一般的な国内企業よりも高水準の給料で勉強ができるのである

私自身、外資系企業で働けた経験は本当に貴重だったと思っている。日々英語の文章に触れていくことで、自然と英語を読むスピードは上がるし、適度に英語で話す機会もあり、英語能力の向上にはうってつけの場である。外資系企業で英語能力を磨いてさらにステップアップを目指すこともできる。

現状の自分の英語能力に自信がなくとも、ぜひとも挑戦してほしいと思う。それほど、見返りは大きい経験は得られると感じる。

5.外資系企業の転職におすすめの転職エージェント

それでは、外資系企業に転職するためにはどうすればいいのか?おすすめは転職エージェントを利用することだ。しかし、一般的な転職エージェントでは外資系企業の求人を扱っていないことが多い。そのため、転職エージェント選びは慎重に行う必要がある。そこで、以下に外資系企業におすすめの転職エージェントをいくつか紹介していきたいと思う、

3−1.JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメント』は外資系・海外の転職に強い転職エージェントとして業界でも有名な企業である。

年収600万以上のハイクラス求人が多く、外資系企業で年収を上げたいという方に強くおすすめしたい。外資系に特化した転職エージェントだけに、外資系転職のサポート力にも定評があり、様々なアドバイスを受けることができるはずだ。また、関東圏・関西圏を中心に国内9拠点を設けており、

ハイクラスな求人が多く、年収600万以上の求人を見つけ出すことができる。外資・海外の転職サポート経験が多いだけに、英文レジュメの書き方や面接対策のポイントを押さえているのも魅力。関東圏・関西圏を中心に国内9拠点を構えているので、近くにあれば使いたいところ。

ただし、ハイクラス求人が多い人気の転職エージェントであるため、これまでのキャリアは厳しく見られる。ある程度キャリアに自信があるか、英語力の担保がないと紹介をしてもらえない可能性があることに注意が必要。

3−2.ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ』も外資系転職に強い転職エージェントとして業界で有名だ。

ロンドン発の会社で世界28カ国に展開するグローバル企業、そして日本にも東京・大阪にそれぞれ拠点を設けている。外資に特化しているだけあり、外資系・日系グローバル求人の質は高い。JACリクルートメントと同じく、外資系転職のノウハウが豊富なのも魅力だ。

3−3.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は国内最大手リクルートグループが運営する転職エージェントである。

外資系に限らず様々な求人を扱っており、取扱求人数は国内最大級だ。外資という分野に限ってしまえば、JACリクルートメントもしくはロバート・ウォルターズの利用をおすすめしたいが、その他にも幅広く求人を見たいのであれば登録してみよう。特に、リクルートエージェントは国内に数多くの拠点を設けているので、地方でも利用できるのが強みだ。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。