カウンターセールスとは?仕事内容をかんたん解説!


転職活動で営業職をチェックしている際に「カウンターセールス」という言葉を目にすることがあるだろう。「カウンターセールス」は転職サイト等で営業職の中に分類されていることが多いが、恐らく多くの方がイメージする”営業”の仕事内容とは異なるだろう。そこで、本記事では「カウンターセールス」がどのような仕事なのかを解説したいと思う。

1.カウンターセールスとは?

カウンターセールスを英語で表記すると「Counter Sales」となる。「Counter」とは勘定台・売り台等を意味している。つまり、「Counter Sales(カウンターセールス)」は勘定台・売り台(カウンター)を挟んだ顧客に対して商品・サービスの提供・販売を行う仕事なのである。

一般的な営業は外出をして、新規顧客を開拓していくイメージだと思う。一方でカウンターセールスにおける新規顧客は、店を通りがかった人・HPを見た人・チラシを見た人等が対象となる。そして、顧客が自ら店舗へ来店した際に、窓口で顧客の対応を行うのがカウンターセールスだ。あくまで窓口業務が主であるため外出も少なく、内勤営業に分類される。

  • 銀行の窓口業務
  • 旅行代理店の窓口業務
  • 証券会社の窓口業務
  • 不動産会社の窓口業務
  • 携帯電話販売店の窓口業務

具体例としては、上記のような業務が挙げられる。ちなみにカウンターセールスは、営業(Sales)に分類されるが、商品の販売だけではなくアフターフォロー等も業務内容に含まれることがある。携帯電販売店が操作方法等に関する相談を受け付けているのがこの例だ。

2.カウンターセールスに求められるスキルとは?

カウンターセールスになるために特別な資格・知識は必要ない。もちろん、商材に関する知識は業務において必要となるが、入社後に身に付ければ問題ないとするケースが多い。そのため、未経験OK求人が多い。

それでは、カウンターセールスに求められるスキルとはどのようなものだろうか?

カウンターセールスにおける対象顧客は、事前に商品・サービスについて調べてきた上で来店しているケースが多い。つまり、顧客は何かしらの目的を持って来店しているのである。カウンターセールスにおいて来店する顧客の属性は大きく以下のように分けられるだろう。

  • 商品・サービスの購入を検討している顧客
  • 既に商品・サービスを購入しているが、新商品・サービスへの更新を検討している顧客
  • 商品・サービスに関するアフターフォローを求めている顧客

商品・サービスの購入を検討している顧客に対しては、購入する上での懸念点をヒアリングし、懸念点を払拭するための情報を提供し、最終的に購入してもらうことがカウンターセールスの仕事において重要だ。

また、商品・サービスに関するアフターフォローを求めている顧客に対しては、アフターフォローを適切に行うための商品知識が必要となるだろう。その点、業界によっては資格があると有利な場合もある。旅行関係における一般・国内旅行業務取扱主任者や不動産における宅地建物取引主任者などが挙げられる。

以上、カウンターセールスにおいて求められるスキルは以下となる。

  • コミュニケーション能力
  • 商品知識(入社後に身に付けるでもOK)
  • ヒアリング力
  • 提案力
  • 資格(業界による)

3.まとめ

カウンターセールスは、特別な資格・スキルなく始めることができ、それでいてカウンターセールスとしてのスキルを磨いていけば目に見える結果も出る。つまり、誰でも始められるが、実力による評価もされやすい職種だと言えるだろう。

ただし、カウンターセールスは業種によって業務内容は変わる。アフターフォローがメインのカウンターセールスもあれば、商品・サービスの販売がメインのカウンターセールスもある。この点、後者の方が”売上”という形で目に見える結果が出るため、実力をつければつけるほど評価にもつながりやすいと言えるだろう。もちろん、その分プレッシャーも大きくなるはずだ。

カウンターセールスは顧客と直接コミュニケーションを取りながら仕事をしたい方におすすめの仕事だ。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。