施工管理とは?仕事内容をかんたん解説!


1.施工管理とは?

施工管理とは、「工事現場において施行全体の管理・監督」を行う職種を指す。工事現場は業種によって異なり、土木・建築・電気工事・管工事・造園など様々だ。

施工管理の具体的な仕事内容は多岐にわたる。工事を円滑に進めるために必要な管理の全てが業務範囲と言うことができる。例えば、計画の策定・スタッフの手配・業者の選定・原価管理・進行管理・品質管理・安全管理などが挙げられる。

様々な要素が複雑に関係し合う工事施行において、全体を把握して管理する人間は不可欠だ。

2.施工管理と現場監督の違い

施工管理と似た職種に現場監督がある。

施工管理が「工事施工の全体を管理・監督する」のに対して、現場監督はあくまで「工事”現場”を管理・監督」する職種である。

つまり、管理・監督する”範囲”が異なるのである。現場監督が工事”現場”を管理・監督する一方で、施工管理は現場にかかわらずに工事”全体”を管理・監督するのだ。

ただし、実際には施工管理が現場監督を兼ねることもある。

 

3.施工管理に関連する資格

施工管理に関連する国家資格に「施工管理技士」という資格がある。

施工管理の仕事をするには、施工管理技士の資格が必要だと考えている方もいるが、必ずしもそうではない。実際に無資格・未経験でも募集を行っている求人はある。

ただし、「施工管理技士」としての仕事を行うためには、当然「施工管理技士」の国家資格が必要である。例えば、建設業では、特定の工事現場において施工管理技士の現場常駐を義務付けている。この現場常駐が義務付けられている施工管理技士としての仕事を行うためには、資格の取得が必要だ。

なお、施工管理技士には工事内容毎に以下の種類がある。

  • 建設機械施工技士
  • 土木施工管理技士
  • 建築施工管理技士
  • 電気工事施工管理技士
  • 管工事施工管理技士
  • 造園施工管理技士

さらに、上記それぞれの資格ごとに1級・2級の区分もある。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。