簿記は転職に有利?転職で活かすポイントを紹介!


1.そもそも簿記とは?

簿記とは、企業の経営活動を帳簿につけていくために必要な技能のことである。そして簿記の技能に関する検定試験を”日商簿記”と呼ばれ、多くの方が目指す人気の資格となっている。

だが、なぜ簿記は資格として人気なのだろうか。就職・転職活動で有利になるという話を聞いて目指す方もいるが、本当なのだろうか?このページではそのような簿記に関する疑問を、転職エージェントで働いてきた経験から解説したいと思う。

2.簿記の知識は転職に関わらず有用である

重要視される簿記知識だが、それもそのはず。転職活動に有利であるか否かに関わらず、実は仕事をする上でも簿記の知識が有用だからである。

簿記においては帳簿をつける技能だけではなく、財務諸表を読む力も養われ、ひいては企業の経営状況を判断する力も養われるのだ。企業の経営状況を判断する力はビジネスマンとして有しておくべき力であることは説明するまでもないだろう。簿記と言えば経理の知識というイメージがあるが、実は企業に務める者全てが身につけておくべき知識なのである。

そのため、転職で使うかどうか、経理を目指すかどうかという点に関わらず、簿記の知識を勉強しておくことに損はない。

3.転職に簿記が有利って本当?

簿記を取得していれば転職に有利と聞くことが多いと思う。果たして本当なのか。

結論から言うと、転職エージェントで働いていた経験からも、簿記を持っていれば転職の幅が広がることは間違いない。ただ、簿記を持っているだけで無条件に転職が成功するというほどの効力はない。簿記の知識が求められる職種において、書類選考率がある程度上がるくらいの認識でいたほうがいい。

以下、詳しく説明する。

3−1.簿記の知識を特に活かせるのは経理

簿記の知識はビジネスの場において持っておいて損はない知識であるが、特に実務上で必要とされる職種は経理だ。

経理のポジションはどの企業においても必要とされており、転職市場においても求人は少なくない。もし経理を目指したいのであれば、簿記の知識を身につけておくことは必須と考えておこう。

3−2.あくまで優先されるのは実務経験

ただし、転職活動において最も重要視されるのは実務経験だ。これは経理も例外ではない。実際に私自身転職エージェントで経理の求人を多く取り扱ってきたが、簿記を取得しているか否かよりも実務経験の有無が重視されていた。実務さえ行うことができれば、資格を取得しているかどうかは企業にとってあまり重要ではないので当然と言えば当然だろう。

特に、経理のような管理部門は営業部門等と比べて遥かに少人数の場合がほとんどだ。そのため、体系だった研修が用意されていることは少なく、少人数が故に新人の教育に労力を割ける余裕はない。そうなると、より実務経験の有無が重要性を帯びてくる。

このように、簿記が転職活動において有利になるとは言っても、実務経験より優るものではないということは念頭に置く必要がある。

3−3.実務経験がなくとも簿記取得で書類選考通過率が上がる

実務経験が重視されるのであれば、簿記を取得していてもいなくても転職活動ではあまり意味をなさないのか?そのようなことはない。というのも、実務経験者をなるべく採用したいのが企業の本音だとしても、実際に実務経験者を採用できるとは限らないからだ。人を一人採用するのも簡単ではない。特に経理経験者のようなニーズのある人材となると、企業間での取り合いとなる。

知名度のある大手企業であれば、募集すれば人が集まってくるかもしれないが、名の知られていない中小企業となるとそう上手くは事が運ばない。そのような場合にどうするか。採用ハードルを下げるのである。

経理をやりたいという方は非常に多く、未経験でも応募可とすれば知名度が低い企業だとしても人が集まってくるだろう。ただ、いくら人が集まるとはいえ経理知識が全くない者を採用するのは企業にとってリスクが大きい。そこで、簿記資格の取得を採用条件に加えるのだ。「未経験応募可」「簿記資格必須」という採用条件にしておけば、一定ラインの経理知識が担保されている人材を集めることが可能となる。

実務経験がなく簿記も取得していない状態で経理の求人に応募しても、そもそもの応募要件に当てはまらない場合が多いし、書類選考も中々通過できないだろう。だが簿記を取得していれば、例え実務経験がなくとも応募できる求人が増え、ひいては書類選考通過率も上がる。

4.簿記は何級まで取得すれば良い?

それでは簿記何級まで取得すればいいのだろうか。以下で説明したい。

4−1.簿記2級を持っていると幅が広がる

英検などは低い級数を取得しても転職の役に立たない。むしろ、能力の低さを露呈することにさえなりかねない。

だが簿記に関しては3級でも十分に評価される。というのも、簿記の基礎が詰まっているのが3級だからである。もちろん高い級であることに越したことはないが、学習コストなども考えるとまずは3級取得を目指すのをおすすめしたい。

ただ簿記3級の取得者は数として結構いるので、未経験で経理を目指すなら簿記2級まで取得しておくとより心強い。簿記2級を応募条件とする求人も少なくはなく、転職の幅を広げていきたいなら簿記2級の取得を目指したい。

4−2.簿記1級を書類段階で求められることは稀

簿記1級の取得を応募条件としている求人は極稀である。そのため、応募条件を満たすための取得を考えるなら簿記1級は個人的に取得する必要はないと考えている。もちろん、簿記知識に関するアピールという意味では強い武器となる。

だが、簿記1級は取得難易度が非常に高い。転職のために取得するのは正直コスパが悪いと言わざるをえない。そういう意味では、転職の武器づくりとしての取得はあまりおすすめできない。

5.簿記の勉強方法

簿記は3級・2級共に市販のテキストを購入して独学でできるレベルではある。合格率も簿記3級で30%を超えており、難易度としても高くはない。簿記3級であれば要領よく勉強すれば2周間程度、ゆっくりとやっても3ヶ月程あれば合格ラインに達することは難しくはない。

心配であれば資格スクールのカリキュラムを受講することも検討していいだろう。資格スクールのカリキュラムはさすがに体系だっているだけあって、受講者の合格率は一気に上がる。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。