転職の流れ

転職活動とは、今までとは全く異なる新しい環境に身を置くための活動です。

転職を希望する理由は人それぞれでしょう。しかし、”環境を変えたい”という想いがあることは共通しているはずです。裏を返せば、現状への物足りなさや不満があるとも言えます。

しかし、自身の理想を完璧に叶えてくれる環境(企業)を探すことは決して簡単なことではありません。漠然と転職をしたいと思い転職に踏み切っても、転職活動に関する知識が不足して、結果的に妥協してしまうケースも多々あります。

だからこそ、転職活動を行う際には”転職の基本”を押さえることが重要なのです。

転職活動をどのように進めていけばいいのか、どのようなサービスを利用すればいいのか。こういった基本的な知識をあらかじめ頭に入れておくことは、転職活動を効率的に進めるための助けとなります。

これから転職をしようと思っている方、既に転職活動を始めているが思うように結果がついてこない方は、当ページをご覧頂き改めて基本に立ち返ってみてください。

Step1-転職検討-

転職を検討する段階でも、あらかじめ考慮に入れておく必要のある事が存在します。

転職をしてから「前職に残れば良かった」と思わないためにも、転職目的を整理し、どのように転職を進めていくべきか事前に計画しましょう。

Step2-情報収集-

転職活動の肝は情報収集といっても過言ではありません。

世の中には無数の企業が存在します。その中から自身の求める環境(企業)を探すためには、自ら積極的に業界・職種・企業に関する情報を取得していく必要があります。情報収集の過程で、思いもよらぬ分野に興味関心を抱いていることに気づくこともあります。情報収集はあなたの選択肢を広げる役割を持っているのです。

Step3-書類作成・応募-

転職活動の第一関門は書類選考です。

書類選考に通過できなければ面接の機会も与えられません。書面という制限のある形式において、自身を最大限アピールして採用担当の関心を引きましょう。

Step4-面接-

転職活動の結果を左右するのが面接です。

面接において自身の強み・人柄を採用担当にアピールし、入社させることがメリットであることを感じさせなければ、志望する企業への入社は叶いません。対”人”であるからこその難しさもあり、限られたチャンスを逃さないように一回一回全力で臨む必要があります。

  • 面接対策

Step5-退職〜入社-

志望する企業に内定したからといって、転職活動は終わりません。

前職の引継ぎを滞りなく完了させ、その他に必要となる手続きを済ませなければ、気持よく新たな環境に身を移すことができません。退職から入社まで気を引き締めましょう。