精勤手当とは


世の企業は、基本給の他に様々な手当を設けていることが多い。今回は、中でも”精勤手当”について紹介したいと思う。

精勤手当とは?

そもそも”精勤”とは、「熱心に職務に励むこと。休まずに出勤・出席すること」を意味する言葉である。つまり、”精勤手当”とは熱心に仕事をしている人や、休まずに出勤している人に与えられる手当なのである。

だが、精勤手当は法律で義務付けられている手当ではないため、企業が導入するかは任意である。また、精勤手当の詳細についても特に決まりはなく、企業が独自に内容を決めることになる。

そのため、無欠勤の場合は月額◯万円・欠勤1日以内の場合は月額◯万円というように、欠勤日数によって手当内容を変えることももちろん問題はない。

有給休暇を取得した場合、精勤手当はもらえなくなるのか?

欠勤が少ない者に付与される精勤手当だが、「有給休暇を取得した場合、精勤手当はもらえなくなるのだろうか?」と疑問に思う方もいるだろう。

有給休暇は法律で定められている休暇であり、それを取得したことにより、結果的に給与が減ってしまっては納得がいかないという方も多いはずだ。

この問題を考える際には、労働基準法附則第136条に注目したい。

労働基準法附則第136条には、「使用者は、(中略)有給休暇を取得した労働者に対して、賃金の減額その他不利益な取扱いをしないようにしなければならない。」と定められている。

さらに、厚生労働省が出している「有給休暇ハンドブック」にも、精勤手当の計算を行うに際して、有給休暇の取得によって不利益な取り扱いをしないようにするべき、と記載されている。

法的な解釈には議論はあるのかもしれないが、少なくとも厚生労働省が公表している文書において、不利益な取扱を行うべきでないと書かれているのであるから、基本的には企業もこの方針に準ずるべきだろう。

また、業務上の負傷や疾病によって休んでいる場合にも、”業務上”によって生じた休みのため、やはり精勤手当において不利益な取扱はすべきではないだろう。

遅刻・早退については、企業によって定めは異なるが、遅刻・早退◯回で欠勤1回分としてカウントする、というような例が見られる。

いずれにせよ、精勤手当は法律で内容が定められているわけではないので、企業の就業規則などで内容を確認する必要がある。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。