志望順位は嘘をつくべき?就職・転職での答え方3例!


「当社の志望順位は何位ですか?」。就職・転職活動の面接で採用担当者から聞かれることのある質問だ。この質問に対して、正直に答えるべきか・嘘をつくべきか、判断しかねるだろう。

結論から言うと、完全な正解はない。

面接というのは、人対人で行われる。全く同じ考えをする人間など存在しない以上、全ての採用担当者に万能な答えなどないのだ。多くの就職・転職ノウハウでは、必ず「○○○○」と答えなさいというようなことが書かれているが、そのようなマニュアル返答は採用担当者にも気づかれる。面接というのは、採用担当者の性格や自身の性格等、様々な状況を全て総合した上で、その時々で返答が変わるはずだ。

とはいっても、志望順位に関する質問は中々返答に窮する質問であることには変わりない。そこで、そもそも採用担当者はなぜ志望順位を聞いてくるのか、という点について改めて考えてみるといい。質問の意図を読み取ることで、自分なりの返答をすることができるようになるはずだ。

正解はない。しかし、自分なりの返答ができるようになるためにも、このページでは志望順位を質問されたときの対策方法について紹介したいと思う。

1.なぜ志望順位を聞かれるのか?

それではまず、なぜ採用担当者が志望順位を質問するのか説明したい。

1−1.形式的に質問しているだけの場合

企業の採用担当者とは言っても、あくまで一人のサラリーマンでしかない。そのため、各採用担当者の間にも実力差がある。

企業が求める人材を理解した上で質問を考える採用担当者がいる一方で、ただ単に仕事として”こなすだけ”の採用担当者も残念ながらいる。後者の採用担当者だと、質問内容もテンプレートになりがちだ。採用担当者自身が求職者を見極めるための質問能力に欠如しているため、とりあえずわかりやすい判断材料として志望順位を聞くということはよくあることだ。

志望順位に関する質問を形式的に聞いているか否かの判断は簡単だ。面接全体を通して質問内容が形式的であり、求職者の返答に対しても深掘りを全くしてこない場合は、大して考えて質問していないと判断していいだろう。

1−2.今後の動き方を決めるために、温度感を確かめたい場合

一方で、しっかりと意図を持って志望順位を聞く採用担当者もいる。

人を採用することは手間のかかることだ。書類選考・面接選考はもちろん、人材会社とのやり取りもあるし、広告を掲載するにもお金はかかる。与えられた予算と時間の中で効果的に採用を行うためには、採用も戦略的に行わなければいけない。

そして、採用を効率的に進めていくためには求職者の志望順位を聞くことは効果的なのである。例えば、どうしても自社に入社させたい人材がいたとして、その人材の志望順位が2位だったらどうするか。獲得を諦めるというのも手だが、2位であれば自社についての理解度を深めてもらい、より強くアピールすることで志望順位を逆転させるという動きも考えられる。

さらに、志望順位が低い場合に、なぜ低いのかを聞くことで、求職者が持っている懸念も明らかにすることができる。懸念が給与面であれば、昇給のシステムについて説明することで、求職者に納得してもらえる可能性もある。意図を持って志望順位について質問をする採用担当者は、その後の動き方を考えるために質問を行っているのである。

面接は採用担当者が”上”で、求職者が”下”というものではない。むしろ、求職者も企業を選べる立場にあるのであり、頭の良い採用担当者ほどそのことを深く理解している。つまり、欲しい人材がいる場合は、企業側から積極的にアプローチをかけなければいけないことを理解しているのだ。

2.志望順位の質問に対する答え方3例

それでは、次に志望順位に関する質問への答え方を3例紹介したい。ただ、ここで紹介する答え方は”正解”ではない。求職者の経験値やキャラクターに合わせて答えるのがベストだ。あくまで参考までに受け取ってもらいたい。

2−1.第一志望と言い切る

多くの就職・転職ノウハウ本でも紹介される「第一志望です。」と言い切るパターンをまず紹介したい。無難は無難なので、迷ったらこの答え方を使うこと自体は問題ない。だが、ともすれば嘘くさくなりやすいという欠点もある。

もし第一志望と言うのであれば、その理由を説明することが重要となる。採用担当者も数多くの求職者と会っており、「第一志望です。」という台詞も聞き飽きている。納得のできる理由がないと、単なるテンプレートの答え方になってしまう。

自分がその企業に入ってどのような働き方をしたいのか、どのような活躍をしたいのか、どのような貢献ができるのか。”具体的に”言語化して伝えることによって、採用担当者も納得してくれるようになるはずだ。

本心とは違うことを言っても構わない。この時ばかりは役者になったつもりで、熱意を持っているかのように振る舞おう。もちろん、やり過ぎは禁物。愛社精神の強い採用担当者であれば多少オーバーにやっても問題はないが、あまりやる気のない冷めた採用担当者であれば”なぜ入社したいのか”という点に論理破綻がないように注意する程度でいいだろう。

2−2.正直な順位を言ってしまう

万人にはおすすめできないが、自分のスキル・実績に自信がある方であれば正直な順位を言ってしまうのもありだ。ただし、「現在他で魅力に感じている企業がある」程度に言い方は緩和した方が棘がなくていいだろう。

実績が伴っている求職者であれば、企業は選ぶ方ではなく選ばれる方となる。正直な腹の中を見せることで、企業側に危機感を抱かせ、条件交渉もしやすくなる。ただし、実績が伴っていなければその効果がないことは忘れずに。

 

2−3.まだ志望順位が確定していないと言う

まだ志望順位が確定していないと言うのも一つの手だ。「現在受けている企業はどれも魅力的に感じており、選考を通して総合的に判断したい。」というような言い方がいいだろう。

このことにより、やはり同じように企業側への危機感を抱かせることができる。経験・実績に多少の自信があるものの、企業を自由に選べるほどではない方などは、このような答え方が下手に出すぎず、ちょうどいいだろう。

3.エージェントを通して志望順位を伝えるのが楽

就職エージェント・転職エージェントを利用していると、エージェント側から企業に対する志望順位が聞かれることもある。果たしてエージェントに対して志望順位を伝えるべきか否か。その点について、以下で説明したい。

3−1.エージェントに志望順位を正直に伝えるべきか?

面接選考の後に、多くの就職エージェント・転職エージェントでは企業への志望順位を聞いてくる。正直に伝えるべきか迷われるかもしれないが、この場合は伝えても問題ない。

なぜならエージェントは求職者が企業に入社しなければ売上が立たないため、基本的には求職者が上手く内定を得られるように立ち回ってくれるからだ。志望順位を伝えたところで、そのことによって選考が不利になるようなことはしない。

3−2.エージェントは志望順位を聞いて、企業へのフォローを行う

それでは、エージェントは志望順位をなぜ聞くのか。それは、企業へのフォローを行うためだ。

場合によっては採用担当者に求職者の志望順位を伝えて、相手に危機感を与えさせたりもする。もちろん、採用担当者の性格に応じて開示するか否かを決めるので。志望順位が低いことで不合格にするような採用担当者には志望順位を伝えないだろう。要は、駆け引きの道具として志望順位を使うのだ。

「志望順位は決して低くないが、給与面に不安があるようだ」等、求職者が入社する上での不安を伝えたりして、交渉をしていくのがエージェントである。その点、志望順位をただ単に伝えるのではなく、その理由もしっかりと明記すべきである。

ただ、あまりに志望順位が低いと、「内定しても入社しない」と思われてエージェントもその企業に対して注力してくれなくなる。それでもいいのであれば問題はないが、そのような意図がない場合は、低い志望順位の企業に対しても「どのような条件が揃えば志望順位が上がるか」をしっかりとエージェントに伝えよう。

3−3.エージェントは伝えにくいことを伝えるのに便利

就職エージェント・転職エージェントは、企業側に伝えにくいことを伝えるのに非常に便利である。志望順位をエージェントに伝える分にはまず悪いようにされない。

また、面接で上手く伝えきれなかった点についても、エージェントを利用していれば面接後にフォローもしてくれる。志望順位を駆け引きの道具として使ってくれるという点以外にもエージェントは有用な点が多いので、おすすめだ。
参考記事:就活の新しいカタチ。おすすめの就職エージェント6選!
参考記事:20代におすすめの転職エージェント13選

4.まとめ

以上、面接において志望順位をどのように伝えるべきか、紹介させてもらった。

ただ、ここに書いてあることは完璧な”正解”ではない。何度も言っているが、採用担当者の性格と自分自身のキャリア・性格によってもベストな答え方は変わってくる。一番まずいのは、何も考えずにテンプレートな返答をすることだ。

面接は他者を相手にするものなので、万能なテクニックはないということを肝に命じておこう。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。