志望動機がない場合はどうすればいいか

ペンとノート

志望動機が特にない場合

転職活動を進めていると、面接も増えてきて、一つ一つの企業に対する企業研究も行えなくなってきます。そうなると、面接で志望動機を聞かれた際に、何も答えられないなんてことも出てくるでしょう。また、企業研究を行ったとしても、それでもなおはっきりとした志望動機がない場合もあるでしょう。

しかし、志望動機は面接で必ず聞かれます。「志望動機はありません」なんて言ったら、落ちます。

そこで、今回は志望動機を用意できなかった場合について、その対策を紹介します。

志望動機の本音とタテマエ

あなたの志望動機には必ず本音とタテマエがあるはずです。転職中はいくつかの企業を併願するわけで、一つの企業に全力を注ぐことなんて中々できません。そもそも、まだ入社してもいない企業に対して熱く語るのも結構難しいんですよ。本当は。

それでも、企業の採用担当者というのは、”なんで自分の企業に入社したいのか”ということは聞かずにはいられない。その時に、しっかりと筋が通っていて、かつ、「この企業は特別なんですよ」感を出しておくことが重要。

自分の本音とは

書類選考だろうと面接だろうと、自分が受けようと思っている企業について、全く志望する動機がないということはありえないだろう。お試し受験ならまだしも、そうでないのなら、入社してもOKだと考えている企業しか受験していないはず。ということは、志望動機は必ずあります。

だが、問題はその志望動機が表向きに言えるものかどうかです。例えば、”年収が高い”とか”ネームバリューがある”というのは、志望動機にはなりますが、さすがにそのままを採用担当者に伝えるわけにはいきません。つまり、”志望動機がない”という場合のほとんどが、”採用担当者に伝えられるような志望動機がない”ということですね。

とはいえ、実は本音の志望動機というのも、表現の方法を変えれば使えることもあります。そのため、本音の志望動機を改めて思い返しておきましょう。

タテマエの志望動機を用意

さて、本音の志望動機がとても採用担当者に伝えられるようなものでない場合は、タテマエの志望動機を用意するしかありません。

一番いいのは、企業研究をガッツリとして、その企業の理念・業務内容・方針を理解しておくことです。企業研究を入念に行っておけば、その企業が将来目指すべき方向性もわかります。となれば、その方向性の中で自分の能力を活かしたいというようなタテマエを用意しておけばいいのです。企業研究さえしておけば、その企業がどのような人物を求めているかは自然とわかりますので、求めている人物像に自分を近づけたうえで、志望動機を伝えれば、採用担当者にもある程度は響くはずです。

ただ、企業研究を行う時間がなかった場合にどうするか。面接の直前にできる限りスピーディーにコーポレートサイトを見て、その中から自分の知識で話せる内容をピックアップしていくしかないでしょう。志望動機としては薄くなりますが、用意しないよりはマシです。

最後に、企業研究をしたにも関わらず、志望動機が見当たらない場合。理念が特にないような企業だと、こういうことは発生します。こういう企業は逆に楽で、採用担当者の方も自社に明確なビジョンがないということを理解しているので、それほど深い志望動機を言わなくとも通用したりします。

本音とタテマエを上手く混ぜあわせよ

タテマエの志望動機というのは、無理やり用意しているせいもあり、あまりに装飾しすぎて嘘っぽく聞こえることがあります。そんな時には本音もたまに挟むのをオススメします。

企業の採用担当者も人間ですから、転職希望者に本音の志望動機があるのは理解しています。しっかりと企業のことを理解して、企業の方向性に共感している限りは、下心として”年収が高いから”という志望動機があったとしても、それはマイナス要因にはなりません。

タテマエの志望動機がしっかりと用意出来ている時に限りますが、あまりに志望動機が美しく装飾されすぎていると判断したら、下心である本音の志望動機を打ち明けることによって、人間らしさを見せることもできます。

筋が通っていればギリギリOK

志望動機はできれば事前にしっかりと用意したいところですが、準備の時間がなかった場合は、”筋が通った志望動機”を間に合わせで用意できるようにしておきましょう。

矛盾が生じるような志望動機は、ツッコまれると痛いです。とにかくツッコミどころさえ、なくすようにしておけば、痛いところを突かれて絶句するような、最悪の事態は避けられるでしょう。

苦しい逃げ道としては、”まだまだ知らないことも多いので、入社してからもっと企業にういて勉強したいです”という、ちょっと下手に出る方法。

理想を言えば事前準備を

理想を言えば、全企業に対して、採用担当者が納得するような志望動機を用意しておくべきです。しかし、現実はそんなに上手くいかないもの。そんなときには、うまい具合に乗り切る技術も身に付けておくべきです。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。