転職エージェント(人材紹介サービス)について


転職エージェントとは

転職エージェント(人材紹介サービス)とは、転職希望者を企業に紹介するサービスのことを指します。

通常の転職サイトでは、転職希望者は自分自身で求人を探し、応募し、そして企業と直接やり取りをしながら選考を進めていきます。一方、転職エージェントでは、転職希望者一人一人に専任のエージェントがつき、求人の紹介から選考の調整など、転職希望者と企業を媒介する役割を果たします。

転職活動くらい一人でできる、とお思いかもしれませんが、自分一人で転職活動を進めることに比べて様々なメリットが転職エージェントにはあります。

そこで、転職エージェントのサービスの流れや、転職エージェントのメリット・デメリットなどを紹介します。転職エージェントを使うメリットを理解したうえで、必要に応じて利用してみましょう。

転職エージェントサービスの流れ

まず、転職エージェントサービスの主な流れを説明します。細かいサービス内容は会社によって異なりますが、大まかな流れでは大きな違いはありません。

カウンセリング

転職エージェントでは、転職希望者一人一人に専任のエージェントがつきます。会社によってキャリアカウンセラーやキャリアアドバイザー、キャリアコンサルタントなど名称は異なりますが、担う役割に大差ありません。

この専任のエージェントが、転職希望者の希望を細かくヒアリングし、その希望に合った求人を紹介していくことになります。そのため、転職エージェントサービスでは大抵の場合、最低一回はエージェントと直接会ってカウンセリングを受けることになります。このカウンセリングを面倒と思うかどうかが、転職エージェントを利用するか否かの最初の分かれ道になります。

カウンセリングの手間を考慮しても、転職エージェントを利用するメリットは十分にあると思います。

求人の紹介

カウンセリングの内容を基に、求人を紹介されます。自分の条件に沿った求人を、エージェントが探してくれるので、自分で探す手間が省けます。また、自分で求人検索していると、ついつい求人に偏りがでたり、有名な企業しか検索しない、ということがあると思います。その点、転職の専門家でもある第三者のエージェントを介すことにより、あなたにマッチした思わぬ優良企業に出会える可能性があります。

選考に進む

紹介された求人の中に気になるものがあれば、応募して選考に進みます。選考中の日程調整など、企業とのやり取りは自分で行う必要がなく、エージェントが全て代わりに行います。合否の結果もエージェントより連絡がなされます。

内定から入社まで

一般的に、内定してから入社までの企業とのやり取りも、エージェントが代理してくれます。条件面での交渉もエージェントが代わりに行いますので、自分では言い難いことも、エージェントに相談して言ってもらうことができます。

転職エージェントの仕組み(無料の理由)

転職エージェントのサービスは一般的には全て無料です。カウンセリングから内定まで特に料金が発生することは通常ありません。ですが、慈善事業ではないので、サービスを無料にしていても利益を出す仕組みが当然あります。

転職エージェントサービスは、紹介した転職希望者が企業に入社した場合に、企業から費用をもらう、成功報酬型の料金体系で行っている場合が多いです。

転職希望者からは料金をとりませんが、転職に成功した場合に企業から費用をもらうことにより成り立っています。

転職エージェントのメリット

1.サービスが無料である

転職エージェントの大きなメリットは、やはり利用が無料であることだろう。応募から内定までサービスが充実していながら、それを無料で利用できるのであれば、使わない手はないだろう。

2.あなたに合った求人を紹介してくれる

転職エージェントでは、エージェントに自分の条件を伝えれば、その内容に合った求人を紹介してくれます。求人くらい自分で探せる、と思われるかもしれませんが、エージェントは転職活動のプロです。隠れた優良企業なども把握しており、自分で探していてはまず見つからないような求人も提案してくれます。

また、自分では合っていないと考えていたような業界・職種も、エージェントの目から見れば適性があると判断されることもあります。そのような求人も紹介してもらうことにより、転職活動の幅が広がります。

3.非公開求人を紹介してくれる

転職エージェントサービスはサービスの性質上、多くの人材を一気に獲得したい求人には向いていません。逆にピンポイントに必要な人材を一本釣りするような求人には向いております。だが、そのような求人に数多く応募が来られてもフィルタリングが難しいため、非公開で求人を募集することになります。

転職エージェントは、そのような非公開求人を紹介してくれます。一般には募集されていないような求人に応募できるという転職エージェントならではのメリットです。

4.相談できる

転職活動は人生で何度も経験するわけではありません。そのため、転職活動をしているといろいろな疑問が浮かんでくるかと思われます。現在の会社をどのタイミングで辞めればいいのか、職務経歴書はどのように書けばいいのか、面接はどのように対策すればいいのか、など。

これらの疑問に親身になって答えてくれる人がいるというのは、転職活動において大きなアドバンテージになります。転職活動を通して浮かんだ疑問は遠慮なくエージェントに質問し、転職活動をスムーズに進めていきましょう。

5.エージェントならではの情報を教えてくれる

あなたと企業の間に立つエージェントは、企業に関するエージェントならではの情報を持っています。志望企業の合否の傾向や、面接官それぞれの特性、企業が求める人物像を把握しており、面接の際には事前に教えてくれる場合があります。自分自身のみで転職活動を行っていては手に入らない情報も伝えてくれますので、企業ごとにより深い対策をしていくことができます。

6.選考中の各種調整を行ってくれる

転職エージェントでは、選考中の日程調整や合否の連絡など、全てエージェントが代理で行ってくれます。働きながら転職活動をしている場合、企業と直接やり取りをするのが難しい場合がありますが、エージェントが代わりに行ってくれることにより、選考への対策に集中できるようになります。また、志望企業には言いにくい日程の希望なども、エージェントには言いやすいですよね。

志望企業とのやり取りがなくなることは、思った以上にストレスを軽減してくれるはずです。

7.内定後の条件交渉を行ってくれる

転職エージェントでは、内定後から入社までの企業とのやり取りも代理で行ってくれます。特に、企業への条件交渉を行ってくれる点は大きいでしょう。入りたい企業に対して直接条件交渉するのは、中々やりにくいですよね。

しかし、エージェントに対してはいくらでも希望する条件を言っても大丈夫です。もしあまりに無茶な条件であれば、エージェントもその旨を事前に伝えてくれます。入社してしまうと、条件を変更することは困難です。そのため、できる限り入社前の条件交渉で、希望の条件に近づけるように努めるべきです。

転職エージェントのデメリット

1.エージェントごとの特色の違い

転職エージェントには専門特化型のものも多く、自分に合わない場合も多々あると思います。”既卒専門”、”第二新卒専門”など専門特化型の転職エージェントだと、あなたの希望に合ったサービスは受けられない可能性があります。エージェントごとの特色の違いを把握したうえで利用しなければ、望ましい結果は出ないでしょう。

2.求人が限られている

転職エージェントは通常の求人広告媒体と異なり、求人が限られていることが多いです。マスに向けた求人であれば、そもそも企業側としても転職エージェントを利用するメリットは少なく、求人広告媒体に求人を掲載してしまうからです。

また、専門特化型の転職エージェントだと、専門としている分野には強いが、それ以外の求人には弱いという傾向にあります。

幅広い求人の中から、志望企業を見つけたい場合にはあまり適していません。

3.担当者によって差がある

転職エージェントの最大の特徴は、エージェントの存在ですが、エージェントが人である以上、エージェントによってサービスの質は大きく異なります。エージェントと考え方が合わないと、自分には全く合わない求人ばかり紹介されたりする危険性があり、転職活動がスムーズに進まなくなります。また、あまり力を入れてくれないエージェントに当ってしまうと、同様に転職活動が進まなくなってしまいます。

エージェントとの相性次第で転職活動が左右される点では諸刃の剣と言えます。

転職エージェントの活用方法

このように転職エージェントにはそれぞれメリット・デメリットがありますが、サービスが無料である以上はデメリットはさして気にならないはずです。登録しておいて決して損はないはずです。

ただし、求人数が限られるというデメリットについては無視できませんので、求人広告媒体と併用することが望ましいです。

また、転職エージェントごとに専門性が異なったりしますので、それぞれの転職エージェントの特徴を押さえたうえで、登録すべきです。また、一つの転職エージェントではなく、複数の転職エージェントに登録した方が、可能性を広くできます。

転職エージェントを上手く活用しながら転職を進めることにより、納得のいく転職活動ができるはずです。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。