転職エージェントと転職サイトの違いとは?


転職エージェントと転職サイトの違いとは?

転職活動を行うにあたり、ほとんどの方が転職エージェント(人材紹介サービス)もしくは転職情報サイトを使うことになると思います。

その他にはindeedcareerJETのような求人型の検索エンジンもありますが、これらの検索エンジンが辿り着くところもほとんどの場合、転職エージェントか転職情報サイトになる。

では、両サービスの違いとは何だろうか?

転職エージェントと転職情報サイトは、転職を目指すためのサービスという点では共通していますが、利用の仕方は根本的に異なる。

そのため、両サービスの違いを理解していないと、せっかくのサービスをフルに活用することが出来なくなってしまう。そこで、両サービスの概要を説明しながら、両サービスの違いについて紹介したいと思います。

転職エージェントとは?

転職エージェント(人材紹介サービス)とは、転職希望者に求人を紹介するサービスです。

転職情報サイトも同じでは?と思われるかもしれません。

しかし、転職エージェントの場合は、一人一人の転職希望者に対してエージェント(代理人)が担当としてつくのが一般的です。転職希望者はエージェントに、転職における希望を伝えて、エージェントがその希望にマッチした求人を紹介します。

そして、求人を紹介した後も面接対策や選考における調整を行ったり、エージェントが転職希望者を内定までサポートするのです。

このエージェントの存在が転職エージェントの最大の特徴ですね。ちなみに、サービスによって”キャリアコンサルタント”や”キャリアアドバイザー”という呼称がありますが、これらは全てエージェントのことです。

なお、転職エージェントの利用は無料であることが一般的です。企業に転職希望者を紹介し、内定・入社が達成された場合に、企業から成果報酬をもらうビジネスモデルによって、収益をあげているのです。

リクルートエージェントやマイナビエージェントなどが、このサービスに当たります。

転職情報サイトとは?

一方、転職情報サイトは、サイト上に求人情報を掲載していますが、求人への応募やその後の企業とのやり取りは、基本全て自分自身で行うことになります。

転職情報サイトも利用は無料であることが一般的です。ただ、転職情報サイトとはビジネスモデルが異なり、内定者の有無に関わらず、求人を掲載すること自体に企業への費用負担が発生することが多いです。そのため極端な話、誰からも応募がされなくとも、企業は費用を支払わなければいけません。
※ただし、中には成果報酬型の転職情報サイトもあり。

リクナビNEXTやマイナビ転職のようなサイトが、このサービスに当たります。

それぞれのサービスの細かい違い

以上のように、転職エージェントと転職情報サイトの最大の違いは、”エージェント”の有無となりますが、サービスの細かな違いについてもさらに見ていきましょう。

求人の種類

転職エージェントサイトでは”非公開求人”と呼ばれる、一般に公開されていない求人が掲載されていることが多くあります。背景には、募集人員が少ない求人に、多数の応募が来られても、企業側の対応が困難であるという事情があります。転職エージェントにおいて”非公開求人”の形で扱ってもらうことにより、応募の数を限定し、企業側の負担が軽減されます。

一般的な転職情報サイトでは取り扱われないような、”非公開求人”の中から求人を紹介してもらえるのが、転職エージェントの一つの強みでしょう。

ただし、転職エージェントは企業にとって無駄な費用が発生するリスクが少ない反面、一人一人の内定・入社者に対して費用が発生するので、場合によってはコスト高になることがあります。そのため、募集人員が多い求人については、転職情報サイトに掲載した方がメリットになります。

このような背景により、転職情報サイトは求人の数という点で、転職エージェントより遥かに多いことが一般的です。

また、転職エージェントは”非公開求人”を扱っている関係で、サイト上に求人を掲載していないことが多々あります。もしサイト上に掲載されていたとしても、”非公開求人”については社名が伏せられています。つまり、転職エージェントに登録してサービスを受けるまでは、どのような求人があるか分かりにくいのです。

転職情報サイトはこの点、全ての求人をサイト上で自分で検索することができますので、いつでも自分の希望に合った企業を探すことができます。

選考における各種調整

転職エージェントでは、選考における各種調整を全てエージェントが代行します。日程調整から入社前の条件交渉まで、自分の口からは直接言いにくいことも、エージェントを通して伝えることができる点は大きなメリットです。

一方で、転職情報サイトでは、基本的に全ての手続を自分自身で行うことになります。

各種調整を代行してくれることは、選考において一つストレスが減ることを意味するので、この点について転職エージェントを利用するメリットは大きいでしょう。

カウンセリング・面接対策など

転職エージェントは、紹介する人材を入社させないと企業から費用をもらえません。

そのため、転職希望者を内定させるために、カウンセリングや面接対策など、様々なサポートを受けられます。転職情報サイトでも、書類添削を受けられるサービスを設けている場合もあるようですが、転職エージェントみたいに専任のアドバイザーが一人一人につくわけではないので、どうしても手厚さに差がでます。

企業の情報

転職情報サイトでは、サイト上に掲載されている企業の情報が全てですが、転職エージェントでは、エージェントから直接企業に関する情報を聞くことができます。

企業がどのような人材を求めているか、過去に合格した人材の傾向、落選した場合の理由など、”裏情報”を教えてくれるのは大きいメリットですね。

残業代は出るのかどうかなど、企業に直接聞けないことなんかも、転職エージェントから聞くことができます。

新しい企業との出会い

転職エージェントは、あなたの適性に合った企業を紹介してくれます。その企業の中には、まず自分自身では選ぶことのなかったような企業も含まれている可能性があります。

転職情報サイトは自分自身で求人を探すので、第三者の目から、自分自身に合った企業を見つけ出すという点では少し弱いですね。

フィルタリング

転職エージェントは慈善事業ではありません。企業に転職希望者を入社させないとタダ働きになってしまいます。

そのため、有望な転職希望者に力を入れる傾向はどうしてもあります。転職希望者のレベルに合わせて求人を紹介するので、無理筋な求人は紹介しません。場合によっては、登録してもロクに求人を紹介してもらえないことさえあります。まあ、これは転職エージェントのビジネスモデル上、甘んじて受け入れる必要があります。

一方で、転職情報サイトであれば、自分自身で好きな求人にどんどん応募することができます。自分のレベルから考えて背伸びしている求人でも、応募は自由です。こういった意味では、転職情報サイトの方が幅広く希望企業を模索できるという強みがあります。

転職エージェントと転職情報サイトは併用すべき

以上が転職エージェントと転職情報サイトの違いとなります。

個人的には、転職活動の際、どちらかに絞らずに両サービスを併用すべきだと思います。転職エージェントはサービスが充実しているのですが、求人数という意味では心もとなく、自由に応募ができないというデメリットがあります。

逆に転職情報サイトは、求人数が豊富で自由に応募はできますが、細かなサービスはありませんし、エージェントという第三者の視点の存在がありません。

両サービスに登録した上で、どちらのサービスをメインに利用するかは、自分の性格に合わせていけばいいでしょう。

いずれにせよサービス自体は両サービスとも無料なので、登録することに損はありません。納得のいく転職活動を行うために、とりあえず登録だけでもしておきましょう。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。