転職エージェントに複数登録する際の3つの選定ポイント


転職の際に転職エージェント(人材紹介サービス)の利用を検討する方は多いだろう。

だが、転職エージェントは無数にあり、どの転職エージェントに登録すべきか迷ってしまう方も多い。そのような時には、複数の転職エージェントに登録することをオススメしたい。

転職エージェントは上手く活用することさえできれば、転職活動を大幅に効率化する手助けとなる。そこで、本記事では以下の点について説明したいと思う。

  • なぜ転職エージェントに複数登録すべきか
  • 複数登録する際の選定ポイント
  • 効果的な複数登録のやり方

自身の今後のキャリアにも関わる転職活動、悔いを残さないようにしたいところ。自身の転職活動を強力にサポートしてくれる転職エージェントを妥協せずに探してみよう。

1.転職エージェントに複数登録すべき理由

転職エージェントは、キャリアアドバイザーを介して転職活動を行うサービス。

面接対策・書類添削・求人紹介・企業とのやり取り・内定交渉など、転職活動の始まりから終わりまでをサポートするサービスであり、全て無料で受けられることがメリットである。特に、仕事をしながら限られた時間で転職活動を行う方にとって、手続きを代行してくれることはありがたいはずだ。

だが、転職エージェントはキャリアアドバイザーという”人”を介するアナログなサービスであるため、サービスによって特徴が大きく異なる。さらに、サイトを使ってみればそのサービスが自分に合うか合わないかが分かる転職求人サイトに対して、転職エージェントはカウンセリングを受けるまで自分に合うかどうか判断しづらい。

自身に合わない転職エージェントをメインに使っても、転職活動に無駄が生じるだけである。メリットの多い転職エージェントではあるが、その反面、自分に合わない転職エージェントを利用するとかえって転職活動が非効率になってしまうという面もあるのだ。

だからこそ、複数の転職エージェントに登録をして、自分に合った転職エージェントを見つけることをオススメしたいのである。複数登録をする手間を時間の無駄と考えるかもしれないが、相性の良い転職エージェントでサービスを受けることができれば、転職活動は大幅に効率化され、十分な見返りはある。

転職活動で転職エージェントの利用を思い立ったら、3〜5種類の転職エージェントに登録し、そこから自身に最も合う転職エージェントに絞っていけばいい。

2.自分に合う転職エージェントを選ぶ3つのポイント

自分に合う転職エージェントを選ぶポイントは大きく分けて3つある。3つのポイントを基に、複数登録した転職エージェントの中からメインに使っていく転職エージェントを絞っていこう。

2−1.キャリアアドバイザーとの相性

転職エージェントに登録すると、専任のキャリアアドバイザーが求職者一人一人に担当としてつくことになる。
※キャリアアドバイザーの呼称はサービス毎に異なる。

転職エージェントでは、転職活動の始まりから終わりまで常にキャリアアドバイザーと関わることになる。そして、このキャリアアドバイザーの能力次第で転職活動の成否が分かれると言っても過言ではない。

例えば、あなたの希望する職種・業界に関する知識が薄いキャリアアドバイザーに求人紹介されても、全く希望とは異なる的はずれな求人しか出てこないだろう。それでは転職エージェントを利用する意味は無い。転職求人サイトで自力で求人を探した方がいい。

また、連絡が遅いキャリアアドバイザーが担当だと、それだけで転職活動が後手後手になっていく。

あなたが希望する職種・業界に詳しく、あなたに対して熱心にサポートをしてくれるキャリアアドバイザーが担当としてつけば、転職活動はかなり楽になる。妥協せずに、自身と相性の良いキャリアアドバイザーを見つけよう。

2−2.転職エージェントの特徴

日本には転職エージェントが無数にある。そして、それぞれにその転職エージェントならではの特徴がある。

特定の職種・業界に強い転職エージェント、20代に特化した転職エージェント、ハイクラス求人に特化した転職エージェントなど、その特徴は様々である。

転職エージェントに登録する際には、その転職エージェントの特徴についても必ず把握しておこう。極端な話、30代なのに20代に特化した転職エージェントに登録してもサービスを受けることができない。

逆に、自身の経歴と親和性の高い特徴を持つ転職エージェントに登録すれば、あなたの経歴への理解を持つキャリアアドバイザーや、あなたの希望にマッチした求人と出会える可能性が高まる。

2−3.転職エージェントの規模

転職エージェントは「大手=サービスレベルが高い」とはならない。むしろ、大手であるために、満足の行くサービスを受けられないこともある。その理由は、転職エージェントがキャリアアドバイザーという”人”を介するサービスだからである。

キャリアアドバイザーが”人”である限りは、一度に対応することのできる求職者の数には限界がある。そうなると、キャリアアドバイザーは自然と「金になる求職者」を優先的に対応してくようになる。「金になる求職者」とは、スペックが高かったり、実績のある求職者のことである。

転職エージェントはサービスが無料であるため、求職者を企業に紹介できなければタダ働きとなってしまう。そう考えると、求職者によってサービスレベルを変えるのは仕方のないこと。

その点大手の転職エージェントは、求職者の登録数が多く、求職者を”選べる”立場にあると言える。つまり、「金になる求職者」でないと注力してもらえない可能性もある。

転職エージェントでは、転職エージェントの規模とサービスレベルが正比例するわけではないことは常に念頭に置いておこう。規模が小さいからこそ、一人一人の求職者に対して全力で力を注いでくれることもある。

3.大手と中小転職エージェントを使い分け

転職エージェントに複数登録する際、大手転職エージェントと中小転職エージェントにそれぞれ登録することをオススメする。そのことにより、自身に合った転職エージェントが見つかる可能性も高まるはずだ。

3−1.求人の質・量を確保するために大手転職エージェントに登録

転職エージェントを利用する際、大手への登録は外せない。なぜなら、大手転職エージェントが有する求人の質・量は中小の転職エージェントを遥かに上回るからだ。

転職を行うにあたり、選択肢は多いほうがいい。大手転職エージェントであれば、幅広い選択肢の中から、あなたに合った求人を紹介してくれるだろう。また、大手は優秀なキャリアアドバイザーを揃えており、どのような求職者にも対応できる。

だが、前述したように大手の転職エージェントは、求職者の登録者数が多いからために、売れる人材を優先的に扱う傾向にある。そのため、望んでいるようなサービスを受けられないこともある。

キャリアアドバイザーとの相性が良く、丁寧なサービスを受けられるのであれば、大手転職エージェントをそのまま使えばいいが、そうでない場合も考えて中小転職エージェントにも登録をしておこう。

3−2.自身の経歴に合った強みを持つ中小転職エージェントに登録

中小転職エージェントは、求人の数では大手の転職エージェントにまず勝てない。ハイスペック特化型の転職エージェントであれば、求人の質で勝てることもあるが、ケースとしては少ない。

それでは、中小転職エージェントの強みとは何か。それは、ある領域に特化させた上でサービス提供をする点である。

例えば、最近増えてきている既卒・フリーター層に特化した転職エージェント。既卒・フリーターは転職市場においてはどうしても”売りにくい人材”である。大手の転職エージェントに登録しても、後回しにされたり、サービス自体が受けられないこともあるだろう。だが、既卒・フリーター特化型の転職エージェントであれば、当然既卒・フリーターであろうと対応をしてくれるし、既卒・フリーター層歓迎の求人を紹介してくれる。

中小の転職エージェントは、大手の転職エージェントでは対応しきれない部分に焦点を当ててサービス提供していることが多い。そのため、自身の経歴に合った特徴を持つような中小転職エージェントにも登録しておこう。

4.まとめ:転職エージェントに複数登録して転職活動をスムーズに進めよう

相性の良い転職エージェントに登録することが出来れば、転職活動はスムーズに進めることができる。

そのためには、妥協せずに手間でも複数の転職エージェントに登録してみよう。大手と中小転職エージェントを各1〜2くらい登録しておきば、その中に自身に合う転職エージェントはきっと見つかるはずである。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。