転職サービス一覧

転職サイト・転職エージェント・スカウトサービスなど、転職をする際に利用できるサービスは多数ある。どれを使うべきか迷われるだろう。

そこで、このページでは、それぞれの転職サービスを簡単に紹介していきたいと思う。

1.転職エージェント

転職エージェントとは、転職のプロであるキャリアアドバイザーを介して求人の紹介を受けるサービスだ。転職の際に利用される最も人気のサービスの一つだろう。だが、転職エージェントにも様々な種類がある。若手に特化した転職エージェントや外資系に特化した転職エージェントなどその種類は限りない。
参考記事:転職エージェント(人材紹介サービス)について

そこで、それぞれの特徴に分けて転職エージェントを紹介していきたい。

1−1.総合転職エージェント

「総合転職エージェント」は全年齢・全職種・全業種を対象とした網羅的な転職エージェントである。オールラウンダータイプの転職エージェントで、どのような方にでも対応できることが最大の特徴。大手によって運営されていることが多く、転職エージェントの利用を検討する際に第一に登録しておきたい。
参考記事:転職の際に必ず登録しておきたい!総合転職エージェント7選

1−1−1.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

拠点: 全国
特徴: 転職成功実績No.1/10万超の求人数

リクルートエージェント』は業界No.1の実績を誇る転職エージェント。

全年齢・全職種・全業界をカバーする10万を超える圧倒的な求人数が何よりの強み。拠点も全国に広がっているので、どこに住んでいていてもサービスが受けやすいのも魅力。若手からキャリア層までどなたにでも対応できる転職エージェントなので、まず悩んだらここに登録すべき。

詳しく知る:「リクルートエージェント」を詳しく紹介

1−1−2.DODA

DODA

DODA

 

拠点: 全国
特徴: 10万件を超える求人数/サポート体制の評判良し

求人数ではリクルートエージェントに匹敵する総合転職エージェントが『DODA』である。

実績ではリクルートエージェントに遅れを取っているが、求人数はリクルートエージェントに匹敵する。全国に拠点を広げているので、どなたでもサービスを受けやすいのも魅力。また、サポート体制の評判も良い。リクルートエージェントとDODAの2つに登録して、相性によって選ぶというのは転職を始める際の王道だ。

詳しく知る:「DODA」を詳しく紹介

1−1−3.ワークポート

ワークポート

ワークポート

拠点: 東京・横浜オ・埼玉・大阪・神戸・仙台・名古屋・福岡
特徴: サポートに力を入れている/IT分野に強い

ワークポート』はサポートに力を入れている総合転職エージェントだ。

元々はIT業界を専門に扱っていたこともあり、IT業界への転職に特に強い。また、2017年度上半期リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』の『転職決定人数部門』で第一位を獲得しているという実績もある。キャリアアドバイザーのことを「転職コンシェルジュ」と呼んでおり、転職の様々な要望に応えていくという寄り添い型のサポート体制が特徴。求人数はリクルートエージェント・DODAに及ばないながら、きめ細やかなサポートの評判は良く、サポート体制を重視したい方におすすめだ。

詳しく知る:「ワークポート」を詳しく紹介

1−2.外資系・ハイクラスに強い転職エージェント

外資系・ハイクラス求人を探している場合は、大手総合転職エージェントよりもその領域に特化した転職エージェントを利用した方がいいだろう。これらの求人は一般的な転職エージェントで扱われていないことが多いからだ。
参考記事:外資系企業を目指す方におすすめの転職エージェント9選!

1−2−1.JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメント

拠点: 東京・横浜・埼玉・京都・名古屋・大阪・静岡・神戸・広島
特徴: 外資系、海外転職に強い/ハイクラス求人多数

JACリクルートメント』は外資系・海外への転職に強い転職エージェント。

英語が話せるorハイキャリア人材でないと、紹介できる求人は少ないので、リクルートエージェントやDODAのように気軽に登録できるわけではない。だが、グローバル人材にとっては高年収の求人が多く、非常に魅力だろう。求人数で勝負しているというよりは、求人の”質”で勝負しているタイプの転職エージェントだ。

外資・ハイクラスの分野におけるリクルートエージェントのようなもので、外資・ハイクラスの転職においては、まず初めに登録すべきだろう。

詳しく知る:「JACリクルートメント」を詳しく知る

1−2−2.ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

拠点: 東京・大阪
特徴: 外資系、日系グローバル転職に強い/ハイクラスから契約・派遣社員求人まで

ロバート・ウォルターズ』は英国発の外資系特化型転職エージェント。

JACリクルートメントのように外資系・日系グローバルへの転職に強いが、ハイクラス求人のみならず契約社員・派遣社員の求人も扱っている点が特徴だ。英語が一定レベル以上話せることはマストだが、経歴に自信がなくとも紹介してもらえる求人はあるだろう。

詳しく知る:「ロバート・ウォルターズ」を詳しく知る

1−3.ベンチャー特化型転職エージェント

1−3−1.プロコミット

プロコミット

プロコミット

拠点: 東京
特徴: 転職成功実績No.1・10万超の求人数

プロコミットは成長企業・ベンチャー企業に特化した転職エージェントだ。代表者自身がIPO経験者であるため、ベンチャー業界とのパイプは太く、成長途上ベンチャーからメガベンチャーまで求人を扱っている。アドバイザーのベンチャー理解も深く、ベンチャー業界への転職におすすめだ。

1−4.IT業界特化型転職エージェント

1−4−1.Geekly

Geekly

Geekly

拠点: 東京
特徴: 満足度ランキング受賞歴多数・IT業界3年以上のコンサルタント・エグゼクティブ求人

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門として転職エージェントで最もおすすめなのが、Geekly。IT業界コンサルティング実績3年以上のコンサルトで固められた少数精鋭による品質の高いサービスが特徴。そのサービスの高さは『リクナビNEXTエージェントNetwork』における数々の受賞歴で証明されている。年収700万以上のエグゼクティブ求人も多数。

1−4−2.パソナテック

パソナテック

パソナテック

拠点: 全国
特徴: 一風変わった割引制度・全国対応

IT特化型転職エージェントながら、全国対応をしているパソナテック。TOEIC資格受験割引・トレーニング割引・書籍購入割引といった一風変わったサービスを受けられるという特典もある。

1−5.20代特化型転職エージェント

1−5−1.いい就職.com

いい就職.com

いい就職.com

対象: 既卒・第二新卒・新卒
拠点: 東京・大阪・名古屋・京都
特徴: 求人企業への取材・会社研究セミナー・体験入社

いい就職.comは中小規模の転職エージェントながら、ミスマッチの予防に力を入れる姿勢が評判。求人企業への丁寧な取材、頻繁に開催される求人企業の説明会、体験入社のサービスなど、求職者の企業理解を深めるためにはどこまでもサポートする。次の企業こそはミスマッチを起こしたくないという方には強くおすすめ。

1−5−2.ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブ

対象: 既卒・第二新卒・フリーター
拠点: 東京
特徴: 未経験サポート実績多数・厚生労働省認定サービス

ハタラクティブは、人材業界で急成長中のレバレジーズが運営する転職エージェント。20代向け転職エージェントとして特段サポート内容に特筆すべき点はないが、未経験者の転職サポート実績はとにかく豊富。

1−5−3.第二新卒ナビ

第二新卒ナビ

第二新卒ナビ

対象: 既卒・第二新卒・フリーター
拠点: 東京
特徴: アドバイザーは全員元既卒・第二新卒・一ヶ月20時間以上のカウンセリング・無料就活スペース・研修制度

第二新卒は新興のベンチャー系転職エージェントだ。ベンチャーらしくサービス開発がとにかく素早く、未経験向けの4週間に及ぶ研修サービスや、無料の就活スペースの運営などを提供している。カウンセリングも月で20時間以上行うこともあり、未経験転職の方にはおすすめだ。

1−5−4.マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20’s

対象: 東京・大阪・名古屋・京都
拠点: 東京
特徴: 大手運営の20代向け転職エージェント

マイナビジョブ20’s』は大手マイナビが運営する20代特化型転職エージェント。大手が運営する安心感とカウンセリング・面接対策を中心とした充実したサポート体制が評判である。

詳しく知る:「マイナビジョブ20’s」を詳しく紹介

1−6.既卒・フリーター向け転職エージェント

既卒・フリーターといった就業経験のない方については、大手の転職エージェントよりも未経験層に特化した転職エージェントに登録した方が、転職を成功させられる可能性が高い。

これらの転職エージェントは求人数は正直少ないが、扱っている求人が未経験でもOKなので、選考の通過率が高い。また、選考に進む前に研修を行っていることまであり、サポート体制には相当力を入れている。既卒・フリーターの方が苦労するのが面接だ。その点、これらの転職エージェントは面接での質問の答え方から教えてくれるので、未経験でも安心できる。

1−6−1.ジェイック営業カレッジ

ジェイック営業カレッジ

ジェイック営業カレッジ

対象: 既卒・第二新卒・フリーター
拠点: 東京・大阪・名古屋・横浜・福岡その他期間限定拠点あり
特徴: 2週間の就職講座・合同企業説明会・就職成功率80%以上・入社後定着率90%以上

ジェイック営業カレッジ』は既卒・第二新卒・フリーターを対象に、2週間の就職講座〜合同企業説明会〜選考というフローを通して内定を目指す転職エージェント。

元々研修事業を行っていた企業の運営だけあり、就職講座のノウハウは簡単には真似のできないものになっている。アフターフォローも充実しており、就職成功率80%以上・入社後定着率90%以上という高い水準の成功率・定着率を実現しているのも特徴だ。サービス名からも想像できるとおり、営業職を目指していくサービスであることはあらかじめ理解しておこう。

詳しく知る:「ジェイック営業カレッジ」を詳しく紹介

1−6−2.TOKYO START LINE

TOKYO START LINE

TOKYO START LINE

対象: 既卒・第二新卒・フリーター・ニート
拠点: 東京
特徴: 20日間の職場体験・最大10万円の奨励金・合同企業説明会・東京都支援事業

TOKYO START LINEは東京都の支援事業をインテリジェンスが委託を受けて運営している転職支援サービスだ。合同企業説明会に参加し、気に入った企業で約20日間の職場体験を受けられるのが最大の特徴だ。また、転職活動中の金銭的問題を解決するためにも、最大10万円の奨励金が与えられる。

1−6−3.就活アウトロー採用

就活アウトロー採用

就活アウトロー採用

対象: 就職経験のない29歳までの若者
拠点: 東京
特徴: 既存の就活に囚われない独自性・ワークショップ・合宿

就活アウトロー採用』は、既存の就職活動から全く外れた独自なマッチング手法が特徴の、就職経験のない29歳までの若者を対象とした転職エージェントだ。

既存の就職活動への違和感を出発点として開始されたサービスであり、これまでの常識とは全く異なる方法で、企業とのマッチングを目指す。ワークショップ・合宿・セッションといったサービスが用意されているが、これらのサービスでは決まったカリキュラムがあるわけではない。参加者同士で自由にテーマを決めて討論することになっている。参加者同士が互いに関わりあう中で、それぞれが自分自身の中で新たな発見をしていくことを目的としているサービスと言える。既存の就活の在り方に対する疑問をぶつけ合って、自分なりの答えを見つけた上で企業とのマッチングを進めていくようなサービスだ。

詳しく知る:「就活アウトロー採用」を詳しく紹介

1−7.女性向け転職エージェント

1−7−1.JAIC女子カレッジ

女子カレッジ

女子カレッジ

特徴:6日間の就職講座・就職成功率80%以上・入社後定着率90%以上

対象: 既卒・第二新卒・フリーター
拠点: 東京・大阪・名古屋・横浜・その他期間限定拠点あり

JAIC女子カレッジは、経験の浅い若年層の女性を教育した上で企業に紹介することが特徴の、既卒・第二新卒・フリーターの女性を対象とした転職エージェントだ。
企業とのマッチングを行う前には、ビジネスマナーや実践的スキルを身につける就職講座が用意されており、まだ経験は浅いがこれから長く働きたいと考えている若手女性層に適している。就職講座は6日間に及び、研修を修了しなければ企業とのマッチングには参加できない。就職講座には社会人としての基礎的能力を身につける内容はもちろん、街頭インタビューといった実践的な内容も含まれており、企業の”戦力”になれるための研修が多くを占めている。ただ入社することだけを目的とせず、入社後のアフターフォロー研修により、入社先で活躍できるような体制が整っている。就職成功率も80%以上であり、入社後定着率も90%以上に達している。

2.転職求人サイト

転職エージェントはキャリアアドバイザーからのアドバイスを受けながら転職を進めていくサービスだが、サービスを受けるにはキャリアアドバイザーとの面談を行わなければいけないという点で、ひと手間はかかる。自分で求人を探して自分で応募していきたい、という方には必ずしも向いてはいないだろう。そのような方は転職求人サイトを利用しよう。

とはいっても求人数は転職エージェントの方が多かったりするので、転職求人サイトだけを利用することはおすすめできないが、気になる求人があれば即応募できるのは魅力だ。

2−1.リクナビNEXT(オールラウンド型)

リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXT』は大手リクルートが運営する転職求人サイトだ。

求人数は1万程度あり、求人サイトとしては最大規模だと言えるだろう。転職求人サイト全般に言えるが、どちらかというと採用を急いでいる求人や大量採用の求人が多い。求人の幅は広く、とりあえず求人サイトで求人を探したいのであれば、まず初めにリクナビNEXTを見るといいだろう。

詳しく知る:「リクナビNEXT」を詳しく知る

2−2.マイナビ転職(オールラウンド型)

マイナビ転職

マイナビ転職

マイナビ転職』は大手マイナビが運営する転職求人サイトだ。

求人数はリクナビと同規模の1万件程度。転職エージェントではリクナビに遅れを取っているマイナビだが、求人サイトとしては同等のレベルとなっている。求人サイトで転職をしたいのであれば、リクナビ・マイナビの両方は基本的に外せない。両方で求人を探しながら、気になる求人に応募していこう。ただし、転職エージェントでは転職求人サイトにない求人も扱っているので、転職求人サイトだけでなく転職エージェントの利用もおすすめしたい。

詳しく知る:「マイナビ転職」を詳しく紹介

2−3.Green(ベンチャー・IT/WEB業界特化型)

Green

Green

Green』はIT・WEB系の企業に特化した転職求人サイトだ。

IT・Web系に特化しているので求人の幅は決して広くないが、それでも求人数は1万件程度はある。ベンチャー企業が多い傾向にあるが、IT・WEB系の大手求人も決して少なくない。IT・WEB分野に転職したいのであれば、リクナビ・マイナビよりもGreenを利用した方がいいだろう。特にGreenには登録者と企業のやり取りが密に行われるという、他の求人サイトにはない”文化”がある。一本釣りで人材を採用しようという意欲の強い企業が多いのも特徴。

詳しく知る:「Green」を詳しく紹介

2−4.Switch.(WEB業界特化型)

Switch.のサイト

Switch.

Switch.』はFacebookと連動した一風変わった転職サービス。

Facebookアカウントを持っているのが前提としたサービスであり、Facebook上で企業からいいね!が来るようなサービスである。WEB業界に特化したサービスで、かなり気軽に転職を進められるのが特徴だ。正直、これ単体で転職を進めるのは難しいが、補助的なサービスとして使うのはいいだろう。

詳しく知る:「Switch.」を詳しく紹介

その他サービス

検索エンジン型求人サイト

検索エンジン型求人サイトとは、求人検索に特化したGoogleのようなサービスのことである。インターネット上にある求人を横断的に検索できるのが特徴であり、海外では利用されることが多い。基本的にはindeedの一強状況なので、indeedさえ抑えておけば問題ないだろう。

indeed

indeed

indeed

indeed』は求人検索に特化したGoogleのようなサービス。

職種や勤務地など、調べたい検索ワードを入力すると、それに応じた求人をインターネット上から収集してきて、Googleのように検索結果として表示してくれる。特定のサービスの求人に限らず、インターネット上にある求人情報を横断的に検索してくれるのが最大の特徴。つまり、リクナビとDODAといった違う会社によって運営されているサービスの求人を同時に表示してくれるのだ。

海外ではよく使われているが、まだ日本ではそれほど馴染みがないかもしれない。しかし、便利なサービスなので一度使ってみることをおすすめする。登録なども不要なので気軽に使えるのも魅力

詳しく知る:「indeed」を詳しく紹介

CareerJET

CareerJET

CareerJET

CareerJET』もindeedと同じく求人に特化した検索エンジンだ。

英国発のサービスであり、インターネット上にある求人をGoogleのように検索できるという点で機能はindeedだと同じである。ただ、indeedの方が有名。indeedがリクルートに買収されたこともあり、日本での活動も圧倒的にindeedの方が目立っている。

利用登録は不要なので、indeedと使い比べてみよう。

詳しく知る:「CareerJET」を詳しく紹介