転職エージェントで「現在の就業状況」が聞かれる理由


転職エージェントに登録する際、”現在の就業状況”という項目がたまにある。”就業中”か”離職中”の二択であるケースが多いが、そもそも就業状況についてなぜ確認されるのか疑問に思う方もいるだろう。選択によってサービスを受けられなかったり、転職が不利になるのではないかと心配してしまうこともあるだろう。

結論から言うと、転職エージェントが”現在の就業状況”を登録時に聞くのは、登録者をフィルタリングするためである。だが、どちらか一方の選択を行うことにより、一律で足切りがされるといった種類のフィルタリングではない。では、一体どのようなフィルタリングが行われるのか気になるところだろう。

そこで本記事では、転職エージェントが”現在の就業状況”を登録者に聞く裏の事情について説明したいと思う。

1.転職エージェントのビジネスモデルを理解する

転職エージェントは、登録者に対してキャリアアドバイザーが担当としてつき、求人紹介・面接対策・求人応募・選考調整・入社交渉といった転職の始まりから終わりまでを全てサポートするサービスである。サービスの利用は無料であり、サポート内容も充実しているため、転職希望者にとって基本的にデメリットがないのが特徴だ。
参考記事:転職エージェント(人材紹介サービス)について

だが、転職エージェントは充実したサポートを無料で提供する反面、全ての登録者にサービス提供を行うわけではなく、実は「登録者を選ぶ」という性質も持つ。
参考記事:転職エージェントに相手にされない?「紹介できない」と言われた時にどうするか。

なぜ、転職エージェントが全ての登録者に対してサービス提供を行わないのか。それは、以下の理由による。

1−1.キャリアアドバイザーのキャパシティに限界がある

転職エージェントは、キャリアアドバイザーが登録者の担当としてつく、人手の必要なサービスだ。当然、キャリアアドバイザーが人である限りは、一度に対応できる登録者数の”キャパシティ”がある。そうなると、全ての登録者に対してサービス提供を行うことができなくなるのだ。

そのため、転職エージェントではキャリアアドバイザーが捌ける登録者数の中で売上を最大化するために、”売れる”人材を優先的に扱うことになる。

1−2.売上は人材の紹介が成功して初めて成り立つ

また転職エージェントは、紹介した人材が企業に入社して初めて売上が発生する、成果報酬制を採用している場合がほとんどだ。つまり、紹介した人材が選考を進んで企業に入社できなければ、いつまでたってもタダ働きということになる。そのため、利益を出すためにも、なおのこと”売れる”人材を優先的に対応していかなければいけなくなる。

2.「現在の就業状況」によって行われるフィルタリング

以上のような性質を理解すれば、転職エージェントがなぜ”現在の就業状況”を登録者に聞くのかが理解できるはずだ。転職エージェントは”現在の就業状況”を聞くことにより、”売れる人材”をフィルタリングしているのである。だが前述したように、「就業中であればOK」で「離職中であればNG」ということではない。

転職エージェントがフィルタリングする基準については、以下を参考にして欲しい。

2−1.離職直後の登録者は売上見込を立てやすい

世間一般的な感覚で言えば、”就業中”の方が”離職中”より売れそうだと思われるだろう。だが、転職エージェントの立場に立つとそうではない。実は転職エージェントの立場に立つと、「離職直後の登録者」が売上見込を立てやすいのだ。

なぜかというと、離職している登録者は就業中の登録者と比べてスケジュールに空きがあるため、多くの企業の選考に参加できるからだ。就業中に転職活動を行うと、現職の都合により時間の都合をあまりつけられず、結果的には限られた企業にしか応募できないが、離職中の場合はこのようなことがない。

つまり転職エージェントにとっては、離職中の登録者は入社までのスピードが早く、その分売上が早期に見込める登録者となるのだ。特に、転職エージェントのノルマがキツイ期間は、なおのことノルマ達成のために離職中の登録者を優先的に対応したくなるのだ。

2−2.離職から一定期間が過ぎた登録者は売上を見込みにくい

しかし、全ての”離職中”の登録者が売上見込を立てやすいわけではない。転職エージェントとしては、可能な限り離職”直後”の登録者の方が売上見込を立てやすいという事情がある。逆に言えば、離職から期間が経過すればするほど、転職エージェントから敬遠される可能性が残念ながらある。

なぜかというと、離職直後であれば”転職のための離職期間”とみなされる反面、離職期間が長いと”ブランク期間”と判断されるためだ。

ブランク期間が長いと、企業もなぜその間がブランク期間となってしまったのか気になってしまうため、書類選考率が悪化してしまい、転職エージェントとしては売上が見込みにくくなってしまう。転職エージェントに基準は様々だが、3ヶ月・半年といった節目を境目に、転職エージェントにおいて後手の対応をされていく。
参考記事:ブランク期間(空白期間)があると転職活動は不利になるのか?

3.まとめ

3−1.「離職中」は有利にも不利にもなり得る

以上が、”現在の就業状況”を転職エージェントが登録者に聞く理由だ。

“離職中”というと、一般的には悪いイメージがあるかもしれないが、むしろ転職においては有利になり得るという点は覚えておこう。一方で、離職期間が長いと不利になってしまう点は否めない。

3−2.長期ブランクがある場合は特化型転職エージェントがオススメ

では、離職期間が長い場合は転職が不可能かというと、そういうわけではない。大手の転職エージェントであればあるほど、登録者が多いため、登録者を”選り好み”できるが、中小規模の転職エージェントは登録者が大手と比べて少ないため、丁寧に対応してくれる場合が多い。ハローワークを利用する手もある。
参考記事:中小転職エージェントの魅力

特に転職エージェントの中には、フリーター・既卒層といった、長期ブランクがある求職者をターゲットにしているサービスもある。こういったサービスは若年層限定である場合が多いが、以下にいくつかフリーター・既卒を対象とする特化型転職エージェントを紹介したい。
参考記事:既卒者の就職におすすめの転職エージェント

3−2−1.ジェイック営業カレッジ

ジェイック営業カレッジはフリーター・既卒といった、ブランクのある求職者も対象としている転職エージェントである。

一般的な転職エージェントと違って、2週間の就職講座を開催しており、登録者にビジネススキルを身に付けさせてから企業へ紹介するのが特徴だ。書類選考はなく、参加者は就職講座を終えれば一律で合同企業選考会に進めるのも強み。転職成功率は80%という高水準を維持しており、ブランク期間が気になる方にはオススメしたい。

ジェイック営業カレッジに登録する

3−2−2.ハタラクティブ

ハタラクティブも既卒・フリーターを対象としている転職エージェントである。

利用者の3分の2が正社員未経験者であり、フリーター・既卒層も多い。学歴不問求人も多く扱っている。長期の離職期間があっても、サービスを受ける上では大きな問題にはならない。
ハタラクティブに登録する

第二新卒ナビ

第二新卒ナビも既卒・フリーターを対象としている転職エージェントだ。

キャリアアドバイザーも既卒からの転職経験者が多く、自身がブランクを経験しているだけに、役に立つアドバイスを聞けるだろう。面談時間を通常の転職エージェントよりも長く取っており、サポート体制も充実している。
第二新卒ナビに登録する


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。