転職エージェントとの相性は重要


転職エージェントを利用するにあたり

転職活動を進めるにあたり、転職エージェント(人材紹介サービス)の活用を考えていませんか?

転職エージェントは一般的に、エージェント(代理人)が転職希望者に対して求人の紹介・選考の調整・転職に関するアドバイスを行い、転職活動をサポートするサービスです。

無料で利用することができるため、今では転職活動を行う際の、主な手段の一つとなっています。

非常に便利なサービスのため、利用するメリットは大いにあると思いますが、一方で、エージェントとの相性次第では、転職活動がスムーズに進まなくなってしまう可能性も否定はできません。

そこで、エージェントとの相性が重要な理由、そして相性の良いエージェントを探す方法についてご紹介します。

エージェントとの相性が重要な理由

転職エージェントに登録をすると、一人一人の転職希望者に対して担当のエージェントがつきます。もちろん、エージェントが人間である限り、担当によってサービスの質に個人差が出ます。特に以下の点がマッチしていないとエージェントを活用しても良い結果は得られないでしょう。

仕事観

エージェントと自身の仕事観がマッチしているかどうか、という点は重要です。

エージェントも人なので、自分自身の”仕事観”を持っている場合が多いです。”ガツガツ働くことこそが重要である”、”ワークライフバランスを重視した働き方が重要である”というように、個々によって考え方が様々です。そして、あくまで傾向ではありますが、エージェントは自分自身が転職希望者を導く存在として、若干上から目線な場合が多いのも事実。

自分自身が目指す方向性と正反対の仕事観を押し付けられるということもあり得ないことではありません。もちろん、その結果、むしろ成長に繋がることもあるのは否定できないので、仕事観が合わないからといって、そのエージェントが自分と相性が悪いとは一概には言えません。

しかし、自分の中にどうしても譲れない点というのもあるでしょう。

譲れない点で相容れないとなると、それ以上そのエージェントと一緒に転職活動を進めても、満足のいく転職活動はできない可能性が高いです。

そもそも、あくまでエージェントは一人の人間です。エージェントが全て正しいということは絶対にあり得ません。”ベンチャーで働くことが成長に繋がる”と考えているのに、”大企業で働くべき”と勧められても平行線のまま話が進まないのは明らか。

エージェントの得意としている分野

様々な業界の求人を扱っているので、エージェントは業界・職種にある程度精通しています。ただ、専門家ではありません。

自分が実際に経験していた業界・職種については深い知識を持っていることはありますが、そうでない業界・職種についてはあくまでエージェントとしての知識に留まります。

そのため、自分が志望する業界・職種に精通していないエージェントに当ってしまうと、全く的はずれな求人を紹介されてしまうこともしばしば。そのような場合はいくら説明したところで、中々希望の求人を紹介してもらえません。

また、転職エージェントサービスによって、”エージェントが営業も兼ねている場合”と”エージェントと営業が別部隊として動いている場合”があります。エージェントが営業を兼ねている場合であれば、自分の持っている求人について知識はある程度持っていることを想定されます。しかし、エージェントと営業が分かれている場合には、エージェントの情報はあくまで営業からの二次情報となってしまいます。

エージェントがどのような業界・職種に精通しているかは、自分が求めている求人を紹介してもらえるかに関わってくるので、無視はできません。

エージェント自身の能力

エージェントも一人のサラリーマンです。エージェントとして経験が浅いということもあります。

そのため、エージェント自身の能力も個人差が激しくあります。

エージェントがどのような経験をしてきて現在の仕事についているかによっても、そのエージェントの能力は変わってきます。特に何も経験したことのないエージェントにアドバイスされても、なんとなくしっくりこないということもあるのではないでしょうか。

自分自身より能力の高いエージェントを選ぶことによって、転職活動がスムーズに進みます。

相性の良い転職エージェントと出会うために

そもそものサービス対象を把握する

まず、一番初めに確認しなければいけないのは、自分自身が登録した転職エージェントサービスの対象者です。転職エージェントサービスによってサービス対象者は異なる場合があります。

既卒・フリーター・第二新卒・キャリア層・業界特化・職種特化など、転職エージェントサービス自体が対象としている層を確認しておかないと、自分の求めている求人を見つけることはできません。例えば、既卒・フリーター専門の転職エージェントサービスだと、未経験歓迎である代わりに年収が低いということもあります。

そして当然、転職エージェントサービスによって抱えているエージェントの能力に違いも生じます。

自分自身の立ち位置を見極めながら転職エージェントサービスを探すことが重要です。

エージェントのモチベーションを見る

エージェントのモチベーションは転職活動を進める上で最重要でしょう。

エージェントは最終的には転職希望者を転職させなければ売上を立てられません。そのため、売れ筋の人材に力を入れる傾向にあります。しかし、中にはどのような人材に対しても全力で力を入れてくれるエージェントもいます。

エージェントのモチベーションが低いと、求人紹介さえままならないこともあります。エージェントのモチベーションを見極めて、自分に力を入れてくれるかどうかを判断しましょう。

エージェントの能力を見る

転職エージェントサービスでは、面接対策や書類添削などを行ってくれることもあります。

しかし、ここで重要なのがエージェントの能力。エージェントのアドバイスがいまいち自分にとって役に立たなそうということもあるでしょう。業界・職種知識が浅いエージェントや、経験が浅いエージェントなどの場合にこういうケースはあります。

自分より高い能力のエージェントを必ずつけてもらって、転職活動を進めましょう。そうでないと、望んでいる転職を行うことは難しくなってしまいます。

エージェントはあくまで売上を立てることが目的であることを忘れずに

エージェントの最終的な目的は、人材を企業に紹介して売上を立てることです。ボランティアではないのです。この点は忘れはいけません。

そのため、エージェントのことを信じすぎてはいけません。内定が出て、自分自身ではあまり入社する気がなくとも、入社を強く勧めてくる場合もあります。あなたのためになることを本気で考えて転職活動を進めてくれるエージェントももちろんいるはずですが、あくまで入社させることが目的の方も多くいます。

エージェントも一人の人間である

転職エージェントサービスは転職活動を行うにあたり、非常に有用なサービスです。

でも、エージェントという”人”が介在しているということは、良い点もあり悪い点もあります。

“人”なので絶対ではありません。エージェントが言っていることにも間違いはあります。エージェントを過信することだけは絶対に避けるべきでしょう。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。