転職エージェントに相手にされない?「紹介できない」と言われた時にどうするか。


1.「紹介できない」のお断り

転職エージェントに登録しても、「ご紹介可能な求人がございません」もしくは「条件に合う求人がございません」と言われ、サービスを利用できないことがあります。多数の求人を扱っているはずの転職エージェントにおいて、求人が”紹介できない”なんてことはあるのか、と疑問に思った方もいるでしょう。

もちろん、本当に紹介できないということも稀にありますが、ほとんどの場合はサービス対象外の方を門前払いする際の断り文句です。

つまり、「紹介できない」と言われた場合は、実質その転職エージェントにおいてサービスを受けることができないことを意味します。

2.なぜ”紹介できない”のか?

それでは、なぜ”紹介できない=サービスを利用できない”ということが起こるのか。

転職エージェントでは、一人一人の求職者に対して専任のアドバイザーがつきます。アドバイザーは何人もの求職者を同時に担当することになりますが、人である限りは一度に対応できる求職者の数に限界があります。

また、転職エージェントは慈善事業ではありません。民間企業である以上、営利目的で事業を運営しています。つまり、売上が立たないとサービスを存続させることができません。このような転職エージェントの性質を把握していれば、自ずと”紹介できない”求職者が発生する理由がわかるでしょう。

転職エージェントでは、一人あたりのアドバイザーの売上を最大化するために、“売れる”人材を優先的に対応します。逆に、”売れない”人材については、サービス対象外としてサービス利用自体を断る場合があるのです。不公平のように感じるかもしれませんが、アドバイザーが捌ける求職者に限りがある以上、事業を存続させるために求職者を選りすぐりすることは仕方のないことです。

ちなみに、“売れる人材”は必ずしも”優秀な人材”とは限りません。例えばハイクラス求人を扱っていない転職エージェントでは、逆に”優秀な人材”に対して紹介できる求人が少なくなってしまうからです。そのため、自身のスペックに自信がなくとも、自分のことを”売れない”人材と考える必要はありません。その人材を”売れる”か”売れない”かは、それぞれの転職エージェントの特性によって異なります。

ある転職エージェントで”売れない”と判断されても、他の転職エージェントでは”売れる”と判断されることがあります。全ては、転職エージェントの得意分野によるので、登録する前に転職エージェントの得手不得手を把握することが重要です。

3.転職エージェントの利用を断られる理由

それでは、どのような場合に転職エージェントから”求人を紹介できない”と断られるのでしょうか。理由は様々ですが、いくつか例を記載します。

3−1.サービス対象地域外に住んでいる

中小規模の転職エージェントでよくあるパターンです。

拠点が限られているような転職エージェントでは、拠点外に住んでいる方に対してサービス提供できないことがあります。転職エージェントのサービスが、基本的に対面でのカウンセリングを前提としたサービスだからです。もちろん電話面談の対応を行っている場合も多いですが、電話面談は対話面談と比べてマッチング精度が落ちるため、実際問題としては積極的に行っているわけではありません。

そのため、転職エージェントの登録前にサービス対象地域は確認しておくといいでしょう。

3−2.サービス対象年齢外の方

こちらも中小規模の転職エージェントでよくあるパターン。

中小転職エージェントでは、20代限定・30代限定のように、サービス対象年齢を制限していることがあります。サービス対象年齢外の方に登録されたとしても、紹介できる求人がないためサービス提供は不可能となります、

登録前にどの年齢層を対象としたサービスであるのか、確認しておきましょう。

3−3.サービス対象職種・業界外の方

職種・業界特化型の転職エージェントの場合、経歴・希望によってはサービスを受けられないことがあります。

例えばIT特化型の転職エージェントにおいて、”飲食店勤務希望”で登録しても、紹介できる求人は当然ありません。職種・業界特化型の転職エージェントに登録する場合は、自身の方向性と合っているかどうかを確認しましょう。

3−4.スペック・経歴

残念なことではありますが、やはりスペック・経歴によって転職エージェントの利用ができないこともあります

  • 転職回数が多い
  • ブランク期間が長い
  • 学歴によるフィルタリング
  • 社会人経験がない

以上のようなハンデを抱えていると、サービスを断られてしまうこともあるでしょう。ただし、ハンデを抱えている方を専門とした転職エージェントもあるので、このような場合でも転職エージェントの利用を諦める必要はありません

大手総合転職エージェントやハイクラス特化型転職エージェントは、スペックによるフィルリングを行う傾向がありますのでご注意ください。

3−5.希望がニッチすぎる

あまりに希望する転職条件がニッチすぎて、転職エージェントにおいて求人が用意できない場合もあります。この場合は、文字通り”紹介できない”ということになります。

ただ、条件がニッチすぎるだけであれば、門前払いされることはあまり考えられません。「代わりにこのような求人はどうでしょう?」というように代替提案がなされる可能性が高いです。

しかし、希望の条件が多ければ多いほど、それに見合った経歴・スキルも必要になります。極端な話、就業経験がないのに「大手が良い」「年収は高い方が良い」「残業はゼロが良い」といったような要望を出すと、転職エージェントから敬遠されます。なぜなら、就業経験状態でそのような人気求人に受かる見込みがないからです。

転職エージェントは慈善事業ではなく、あくまでマッチングを行う事業であることを忘れないように

4.転職エージェントに相手にされない場合の対策

転職エージェントからサービス利用を断られた場合、以下のような対策をとりましょう。

4−1.サービスを断られた理由を考える

転職エージェントから直接サービスを断られた理由を聞けることは中々ありません。自分で考える必要があります

まず、断られた転職エージェントのサービス対象を明らかにしましょう。「拠点が遠方だった」「20代専門サービスだった」「コンサル業界特化型サービスだった」。このようにサービス対象が特定されている場合は、対象となる要件を満たしていないと断られてしまいます。もし要件を満たしていても断られた場合は、スペック・経歴によるフィルタリングが考えられます。

以上のように、サービスを断られた理由を明らかにすれば、次の対策を打つことができます。

4−2.自身に合った転職エージェントを探す

サービスを断られた理由を明らかにしたら、その理由によって登録拒否されない転職エージェントを探せばいいだけです。

サービス対象地域外によって断られていたのであれば、次は対象地域を確認して申し込みましょう。年齢によって断られていたのであれば、自身の年齢を対象としている転職エージェントに登録します。また、スペック・経歴が原因であれば、スペック・経歴不問の転職エージェントに登録しましょう。このような転職エージェントは最近増えており、意外と探すのに苦労はしないと思います。
参考:既卒者の就職におすすめの転職エージェント
参考:第二新卒におすすめの転職エージェント

さらに、もし大手の転職エージェントにまだ登録していなかったのであれば、大手にも登録しておきましょう。大手の転職エージェントは拠点数も多く、対象年齢も広いので、大体の求職者に対応することが可能です。残念ながらスペック・経歴によって断られることもありますが、アドバイザーの数も多いので、一度に対応できる人数も多いはずです。

5.利用を断られた場合におすすめの転職エージェント

経験・スキルといった理由によって転職エージェントの利用を断れた場合の転職エージェントを以下で紹介します。経験・スキル面で断られることが多いのは、第二新卒・既卒層です。要は社会人経験が浅いか全くない方たちです。しかし、このような方たちでもサービス対象としている転職エージェントはしっかりとあります。

以下、下にいけばいくほど、断られにくい転職エージェントを紹介していきます。

5−1.DODA

DODA

DODA

DODA』は大手インテリジェンスが運営する総合転職エージェントだ。全年齢・全地域を対象とした転職エージェントであるため、対応範囲は非常に幅広い。

人気の転職エージェントなだけに登録者が多く、経歴・スペックで利用を断られることは正直あるにはあるが、この規模の転職エージェントの中では比較的サービスを受けられることが多い。DODAは求人数が多いので、様々な求人の中から応募していくことができる点が心強く、登録しておきたいところだ。

5−2.type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント』は@typeで知られるキャリアデザインセンターが運営する転職エージェントだ。

@typeの知名度は高いながらも、転職エージェントとしては後発であるため、type転職エージェントはまだまだ登録者が多いとは言えない状態だ。そのため、第二新卒・既卒層だとしてもしっかりとサービス提供を行ってくれる場合が多い。

DODAと比べて求人数は少ないが、未経験歓迎求人は多く、サポートに対する満足度も高い。DODAと同時に登録しておくといいだろう。

5−3.いい就職.com

いい就職.com

いい就職.com<

いい就職.com』はブラッシュアップジャパンが運営する既卒・第二新卒を専門とした転職エージェントだ。

元々既卒・第二新卒層がサービス対象となっているので、経歴・スキルがなくともサービス提供される可能性が非常に高い。しかも、マッチング精度に自信を持っておりサービスレベルは非常に高い

頻繁に会社説明会を開催しており、企業に対する取材もかなり丁寧に行っているので、自分に合った企業を探すのにはうってつけだ。個人的には、既卒・第二新卒層は他の転職エージェントに登録せず、いきなりこちらを利用してもいいのではないかと感じるほどだ。

5−4.ジェイック営業カレッジ

ジェイック営業カレッジ

ジェイック営業カレッジ

ジェイック営業カレッジ』は第二新卒・既卒・フリーター向けの研修型転職エージェントである。

2週間に及ぶ営業研修を受けてから合同企業説明会に参加して内定を目指すという、他の転職エージェントとは違ったサービス内容が特徴である。元々教育・研修事業を行っていたジェイックによる研修なだけに、未経験からの人材育成についてはその他転職エージェントと比較して一日の長がある。そのため、未経験からでも就職・転職を目指していくことができるのだ。

経験のない方を採用するのは企業にとってもリスクだ。そのため、研修によってしっかりと実力を身につけて、企業へのアピールを行うことは重要である。営業マンとしての基礎を身につけてから就職・転職するにはジェイック営業カレッジを利用してみよう。

5−5.ProEngineer

ProEngineer

ProEngineer

ProEngineer』はインターノウス株式会社によって運営される、完全無料でプログラマー・エンジニアを目指せる転職エージェントだ。

自社で保有する研修施設内で行われるプログラミング研修は、未経験からでも知識・スキルを身につけられる充実した内容。ITはなんとなく難しそうと考えていた方でも、一から実践的な技術を身につけていくことができる

第二新卒はもちろん、既卒でも参加は可能であり、手に職をつけてこれからな長く働いていきたいと考えている方におすすめだ。

6.まとめ

以上のように転職エージェントから求人を「紹介できない」と言われてサービスの利用を断られても、就職・転職を諦める必要はない。各転職エージェントにはそれぞれ得意分野がある。特に、既卒・第二新卒層などの経験が浅い転職希望者となると、それらの転職希望者に注力している転職エージェントに登録した方が満足のいくサービスは受けられるだろう。

重要なのは、自身がなぜサービスの利用を断られたかを客観的に分析した上で、より自身に適した転職エージェントに登録していくことである。転職エージェントは日本に数多くあるので、必ずサービスを受けられる転職エージェントは存在するはずである。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。