29歳は20代最後の転職チャンス!転職活動4つのポイント


29歳というと、20代最後の年。次の年からは会社でも中堅に分類される30代である。

29歳と30歳、たった一つの年齢差ではあるが、この響きによって植え付けられるイメージの差は大きい。29歳はまだギリギリ”若い”とされるが、30歳となるとそこそこのキャリアを積んでいると見られる。このイメージによる差は採用にも影響する。

実際に28〜29歳あたりの年齢で、「20代の区切りとして新たなチャレンジをしてみよう」と転職を目指す方は多い。

そして、29歳の年齢となると社会人としての経験も長いため、求人が豊富にあり採用市場も活発である。そのため、”若手”として転職をする最後のチャンスでもある。

そこで、このページでは29歳で転職活動を行うポイントを、人材業界で実際に働いてきた経験から紹介したいと思う。

1.29歳の市場価値

それでは、まず29歳という年齢は中途転職市場における市場価値について説明したい。

1−1.即戦力として期待できる

29歳ともなると、後輩も多くなり仕事において下を指導する役割を担うことになってくる。また、社会人経験も一定年数経ているので、実績を出す人間も増えてくる。

そして、社会人を一定年数以上経験していることにより、ストレス耐性についての不安も少なく、ビジネスマナーも既に身につけており、前職の経験を活かせる業務であれば即戦力として期待できるという点で、29歳の転職以上における市場価値は高い。

企業は採用を行うにあたり、少なくないコストをかけている。そのため、新卒採用ならまだしも中途採用ではなるべく教育コストをかけたくないというのが本音だ。何よりも採用した人材がすぐに辞めたりしたら、採用コストが全て無駄に帰してしまう。

だからこそ、ストレス耐性があることと即戦力としての期待ができることは、29歳の転職市場における大きな武器となる。求人は非常に多く、年齢を理由に求人に応募できないということは極めて少ない。企業から強く求められている年齢層となる。

1−2.ギリギリ若手

また、29歳はまだ20代ということもあり、ギリギリ若手として扱われる。もちろん20代前半のように扱われることはないが、まだ伸びしろはあると捉えられ、未経験職種・業種へのチャレンジも可能だ。

“若手”と捉えられるということは、「まだ成長性がある」と評価されるということでもある。若さは不可逆だ。年齢を重ねれば重ねるほど実績中心の評価となり、特定領域における専門性などが求められることを考えると、若さの武器を使える29歳というギリギリの年齢は転職のチャンスでもある。

1−3.ライバルは20代後半層

29歳の転職市場におけるライバルは20代後半層だ。

20代後半ともなると、社会人経験をある程度経ているので、実績の差が表れはじめる。当然、実績を出している人材の方が企業は欲しがり、それに加えて若さもあればなおのことだ。27〜28歳と比較して優位性を示すためにも、何かしらの実績や専門性を身につけていることが望まれる。

1−4.総合転職エージェントからも欲しがられる層

20代前半層は、転職をするにも面接対策のサポートが必要だったり、紹介単価があまり高くなかったりと、転職エージェントにとっては工数がかかる割にその見返りが少ない年齢層である。そのため、登録者の獲得に困らない有力な総合転職エージェントではあまり注力されない。むしろサービス提供自体を断れることさえあるだろう。有力な転職エージェントは登録者が多いため、客を選べる立場にあるのだ。

だが、29歳ともなると求人数も多く、サポートもそれほど必要なく、紹介単価も高いので、転職エージェントにとっては嬉しいお客様となる。そのため、有力な総合転職エージェントでも積極的に欲しがられるのだ。

総合転職エージェントは求人数も豊富にあるため、求職者にとっては選択の幅を広げる大きな味方だ。転職の際に利用しない手はない。

2.29歳の転職活動4つのポイント

次に、29歳の転職活動を成功に導く4つのポイントを紹介したい。20代の転職活動は一つ年齢が違うだけで、重視するべきポイントが変わってくる。特に29歳という年齢は、あと一つ年齢を重ねると30代になる、20代最後の年だ。一つの区切りとなる年なので、転職のポイントをしっかりと押さえておこう。

2−1.年齢一つで大きな差、30歳になる前にケリをつけたい

前述した通り、採用担当者から見て20代であることと30代であることは大きな違いとなる。29歳と30歳は年齢で一つしか違わないが、採用担当者に与えるイメージの差は大きい。理不尽に感じるかもしれないが、この印象は簡単には拭えない。

世間一般的にもそうだろうが、20代は”若手”・30代は”中堅”というイメージを持たれる。そのため、30代で転職を行うとなると実績をシビアに評価されるようになる。もちろん、29歳も実績を見られる。だが、30歳になるとそのシビアさは一気に上る。

“若手”のイメージを使える最後のチャンスなのだから、この武器を使わない手はない。そのため、29歳で転職を考えているのであれば、30歳になる前にケリをつけることをおすすめしたい。

2−2.20代特化型転職エージェントより総合転職エージェントに登録

20代の転職に特化した転職エージェントも多いが、29歳の方には20代特化型転職エージェントよりも総合転職エージェントへの登録をおすすめしたい。

20代特化型転職エージェントでは、20代中盤〜後半の方がアドバイザーをやっていることが多く、29歳の社会人にとっては物足りなさを感じることも多いだろう。また、求人数や質の点でも総合転職エージェントに及ばない。

そのため、求人数が豊富にある総合転職エージェントに登録をして転職活動を進めるべきだ。

2−3.ある程度ポテンシャルも見られるが、実績は重要

20代前半の転職活動はポテンシャル重視で採用可否を判断されることが多い。そもそも実績を上げている者自体が少ないからだ。

だが、29歳の年齢ともなると何かしらの実績を出していることや、前職における専門性を磨いていることが重要となる。年齢的に即戦力としての採用が前提となるからだ。

そのため、今までにどのような実績を上げてきたか、どのような専門性を身につけてきたかをアピールする必要が生じる。まだギリギリ20代ということもあり、その後の成長性を見越した採用もなされることはあるが、それでも20代前半と比べると実績への着目度はかなり高くなるのは間違いない。

2−4.未経験業界・職種を狙うならこのタイミングにやっておくべき

29歳は”若手”として扱われるギリギリのラインであるため、未経験業界・職種への転職活動を狙うなら、このタイミングを逃してはならない。

30歳以上となると、前職までに深めてきた専門性の高さを自社で活かすことを企業は求職者に求める。そのため、未経験業界・職種への転職は20代の頃と比べて著しく難しくなる。

ギリギリ”若い”と判断されるこの年齢を逃すと、新たな環境へのチャレンジをすることが難しくなる。そのため、新たな業界・職種へのチャレンジを目指すのであれば、29歳のうちにやっておくべきだ。

3.29歳におすすめの転職エージェント

29歳の年齢にもなると社会人経験も十分に積んでいるため、サポート体制が充実している転職エージェントというよりは、求人数が豊富な転職エージェントを利用したいと考えている方が多いだろう。もしくは、自身が希望している専門分野に特化した転職エージェントの利用が考えられる。

そのため、20代の転職に特化した転職エージェントよりは、総合型転職エージェントもしくはハイキャリア特化型転職エージェントの利用をおすすめする。以下、29歳の転職におすすめしたい転職エージェントを紹介したい。

3−1.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

非公開求人数が10万件を超える『リクルートエージェント』。求人数は質・量共に業界最大級だ。

サポートはメールが中心で、もはやアドバイザーがいる必要はないのでは?と思わせる部分もあるが、29歳ともなると、社会人経験も積んでいるので、ビジネスライクに進めてもらった方がいいという方も多いだろう。余計な連絡が面倒な方にはむしろちょうどいい。

3−2.DODA

DODA

DODA

リクルートエージェントと同じく10万件超という日本最大級の求人数を持つ『DODA』。

リクルートエージェントほどビジネスライクではなく、アドバイザーの評判がいい。求人紹介も登録者の性格などを把握した上で行ってくれるので、自分が求めていた企業に出会える率も高い。

リクルートエージェントと一緒に登録をして、自分の性格により合った方のサービスを使ってみるのがいいだろう。転職の際には必ず登録しておきたい転職エージェントだ。

3−3.JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメント

外資系企業・海外転職に強い転職エージェントとしておすすめなのが『JACリクルートメント』だ。もちろん、国内企業も扱っている。

求人数はリクルートエージェント・DODAに及ばない一方で、求人の質はハイクラスなものが非常に多い。すでに実績を上げている方が、一歩上のステージに立つためには最適な転職エージェントである。

外資系企業への転職を考えている方には必須であり、ハイクラス求人の選択肢を広げたい方にも強くおすすめしたい。ただ、ハイクラスを多く扱っていることもあり、万人におすすめできる転職エージェントではない。

3−4.パソナテック

パソナテック

パソナテック

パソナテック』は、ITエンジニア・ものづくりエンジニア・クリエイターに特化した転職エージェント。

IT・ものづくり業界は専門性が高く、知識のあるアドバイザーでないと適当な求人を紹介してもらえないこともしばしば。その点、専門性の高い業界については、こういった特化型転職エージェントが有用だ。

働き方も正社員からクラウドソーシングまで、様々なステージに合わせた求人を取り扱っている。そして、さすが東証一部上場のパソナグループだけあり、北海道から九州まで全国を網羅している。

パソナテックに登録すると、一般的な転職エージェントのようにカウンセリング・セミナーを受けられることに加えて、TOEIC資格受験割引・トレーニング割引・書籍購入割引といった一風変わったサービスを受けられるという特典もある。

基本的には、IT・ものづくり関連における実務経験を1年以上持っているような方が対象とはなるが、30代に向けて専門性をさらに身につけて仕事をしていきたい方にはおすすめだ。

3−5.プロコミット

プロコミット

プロコミット

プロコミットは”成長企業”への転職に特化した転職エージェントである。

代表者自身がベンチャー企業におけるIPO経験者であり、ベンチャー界隈に強いパイプを持っているのが強みなサービスだ。また、サイトには人事担当者や社長などのインタビューが掲載されており、企業理解を深めるのに役立つ。

ベンチャー企業への転職で重要なのはその企業の文化に対する理解であることは間違いない。その点、代表自身がベンチャー出身であり、求人企業への取材も丁寧に行っているプロコミットのサービスは、ベンチャーへの転職を目指すには最適なサービスだ。

3−6.Geekly

Geekly

Geekly

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門として転職エージェントでおすすめなのが、『Geekly』。

特筆すべきは転職エージェントとしてのマッチング力を高めようという意識の高さ。アドバイザーはIT業界で3年以上のコンサルティング実績を持つ者で固められており、人数は多くないながらも、確かな知識を持つ者しかいない完全な少数精鋭で組織されているのが特徴だ。その結果として『リクナビNEXTエージェントNetwork』で、「紹介求人案件満足度部門」「カウンセリング・対応満足度部門」で1位、「総合満足度部門」「転職決定人数部門」で3位に表彰されている。1位表彰されている二つの部門が、転職エージェントとしての品質に関わる部門であることを考えると、如何にサービスレベルが高いかが窺える。

求人数は決して多くはないが、関東中心のサービスであることを考えると十分。20代向け求人を取り扱っていることはもちろん、年収700万以上のエグゼクティブ求人も用意している。

IT業界への転職を考えているなら、一番におすすめをしたい。

4.その他のおすすめサービス

29歳の転職におすすめの転職エージェントを紹介したが、転職活動の方法は何も転職エージェントだけではない。以下に、29歳の転職に役立つその他の転職サービスを紹介したい。

4−1.ビズリーチ

BIZREACH(ビズリーチ)

BIZREACH(ビズリーチ)

ハイクラス転職に特化した転職サイト、『ビズリーチ』。会員数は実に8万名以上、掲載求人数は5,900以上、ヘッドハンターが520名以上と、日本最大級のハイクラス転職サイトだ。

ハイクラス向けのサービスなので、誰しもにおすすめはできないが、実績に自信がある方にとっては可能性が広がる転職サイトになるだろう。また、とりあえず登録だけしてスカウトを待つという使い方もできる。

4−2.Green

Greenトップページ

Green

今すぐに転職したい!というよりは、多少時間がかかってもいいから自分に合った企業を探したいという方におすすめなのがGreenだ。

IT・Web業界に強い転職サイトであり、求人件数は8000件を超える(2016年12月時点)。だが何よりも特徴的なのが、企業の採用担当者と求職者のコミュニケーションを促進する「気になる」機能だ。求人への応募をいきなり行わず、その求人のことが”気になっている”ということを採用担当者にお知らせできる機能である。また、採用担当者の方からも求職者へのアプローチは可能である。

この他にも、求職者と企業が簡単にコミュニケーションを取れるようにするためのこだわり機能が所々に見られる。選考前の”面談”もGreen自身が勧めており、求人媒体でありながら企業と求職者のマッチング度を高めようという意識が非常に高い。

とりあえず登録だけして、Greenを使いながら気になる企業に面談を申し込んだりする、という使い方もありだ。じっくりと使っていけば、自身の働きたい環境が必ず見つかるはずだ。

5.まとめ

29歳は、20代最後の年となり、”若さ”を使った転職活動を行える最後のチャンスである。実際転職エージェントで働いていたときも、29歳を区切りに転職活動を行う登録者は多かった。

環境を変えることは、年齢を重ねれば重ねるほど難しくなっていく。

求人数も多く、かつ新しい環境へのチャレンジもできるという点で選択肢が多いのが29歳の転職だ。せっかくなら20代最後のチャレンジをしてみることをおすすめしたい。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。