28歳は未経験転職の分岐点!転職活動4つのポイント


転職活動はキャリアを積んでからと考える方は多いが、実は20代ほど転職活動がしやすい時期もない。なぜなら、“若さ”という武器があるからだ。20代であれば、企業も即戦力というよりは教育する前提で採用を行うので、未経験業界・職種への転職活動も行いやすい。これが30代となると、一気に実績重視になる。

だが、28歳ともなると若さ”だけ”を武器に転職活動を行えなくなってくる。しかし、それでも30代までまだ2年あるので、実績だけではなく成長性も考慮して採用は行われる。

また、28歳という年齢は未経験職種への転職活動を行える分岐点でもある。なぜなら、30代になると未経験職種への転職が非常に難しくなるからだ。20代後半の転職は、年齢を一つ重ねるごとに”若さ”という武器が使いにくくなる。そういう意味では、チャレンジをするなら間違いなく早めがいい

そこで、このページでは28歳の市場価値・転職活動のポイント・おすすめの転職サービスを紹介したいと思う。未経験業界・職種を目指すなら、28歳というタイミングがベストだ。もちろん、同業界・同職種であろうと、若さという武器は使えるうちに使ったほうがいい。その点、非常にスピード感が重視される転職活動となるだろう。

1.28歳の市場価値

結論から言うと、中途市場における28歳の市場価値は高い。シビアに実績が見られ始める年齢でもあるが、まだ若さによる成長余力があると判断されることも多い。求人数が豊富にあり、20代前半層と比べると求人を選ぶのに苦労することはまずないだろう。29歳になると、さらに実績重視となることを考えると、転職活動を始めるには良いタイミングである。

以下、28歳が企業からどのように見られているかについて説明したい。

1−1.即戦力として期待される

20代前半はまだ社会人経験が浅いため、企業側も成長性を重視する。企業カラーに馴染ませながら、徐々に戦力化し、長期的に企業で活躍してもらうために企業も教育をしていく。

しかし、28歳となると社内では後輩を育てる年齢になり、職場においてもある程度責任を持たされることも多くなる。基礎的なビジネスマナーは当然身についており、自分の判断で仕事を回せる能力も身についているだろう。

つまり、28歳は企業にとっては即戦力として期待できる人材なのだ。ゆっくりと教育しながら戦力化させる必要はなく、仕事の流れをある程度教えれば早期に活躍してくれる人材なのだ。その点、教育コストを抑えられる。

このように、即戦力として期待できる28歳の中途市場における市場価値は高い

1−2.ギリギリ”育てられる”

即戦力として期待されながらも、まだ20代ということもあり、成長余力があるのも28歳の特徴だ。

新卒と違ってビジネスマナーからじっくりと教える年齢ではないが、まだギリギリ”育てられる”年齢ではある。例えば、全く異なる業界で働いていた者に対して、業界のルールを勉強してもらうくらいの教育コストはかけられる。

まだ成長余力があるため、30代になるまでの2年間でいくらでも柔軟に変化・成長できるのが28歳の強みだ。即戦力として期待できる上、柔軟に成長していける力がある点でも、28歳は中途市場における採用ニーズが高い。

1−3.ライバルは25〜27歳

28歳は中途市場における市場価値が高い年齢でもあるが、一方でライバルも多い。一つ上の29歳に対しては”若さ”という武器で対抗できるが、25〜27歳の年齢層に対しては若さでは対抗できない。

しかも、25〜27歳ともなると仕事でも実績を残し始める時期だ。特に、27歳ともなるとその割合はさらに多くなる。

求人数は多いので、選択肢を狭めなければ転職を成功させられる確率はかなり高いが、もし同じ求人に自身よりも実績を残している年下の人材が応募したら当然勝つのは難しい

20代前半はまだ実績を残している者が少ないので、実績以外の面が重視されるが、28歳では周りに強力なライバルがいることを意識しておくべきだろう。

1−4.総合転職エージェントからも欲しがられる人材

28歳は中途市場における市場価値が高い。これは、転職エージェントからすると非常に売れ筋の人材であることを意味する。28歳の者が登録すれば、高確率で企業に紹介することができ、マージンをもらうことができるからだ。

特に、総合転職エージェントからも欲しがられるようになるのは、転職活動において大きな武器となるだろう。
参考記事:転職の際に必ず登録しておきたい!総合転職エージェント7選

総合転職エージェントは大手・中小・ベンチャーとあらゆる求人数を豊富に取り扱っている。キャリアアップするためには必ず登録しておきたい。だが、総合転職エージェントは人気だからこそ、全ての登録者に対して十分にサービス提供を行わないという面もある。
参考記事:転職エージェントに相手にされない?「紹介できない」と言われた時にどうするか。

その点、20代前半だと満足なサービスを受けられないこともあるだろう。しかし、市場価値の高い28歳となると、総合転職エージェントも積極的に力を入れてくれる可能性が高い。求人数が多いことは、転職の選択肢が広がることにもつながる。

2.28歳の転職活動4つのポイント

次に、28歳の転職活動で意識した4つのポイントについて紹介したい。基本的には、これ以上年齢を重ねずにスピード感を持って転職活動をしていくのがポイントとなる。

2−1.転職を意識したら即行動

28歳を過ぎてからの転職活動はスピードが命だ。29歳になるといよいよ30代まで残り1年となり、採用担当者も実績をより重視する。逆に28歳であれば、例え29歳になるまで残り数ヶ月だったとしても、まだ30代になるまで時間があるという印象を採用担当者は受ける。もちろん、あくまで29歳と比べての話だが。

印象は大事だ。そして、数字の与える印象は大きい。28歳と29歳では、相手に与える印象は大きく異なる。

20代最大の武器は”若さ”だ。若いという印象を採用担当に与えられるうちに転職はした方がいい。若いという印象を与えられなくなったら、そこは完全に実力の世界となる。

もし今28歳で、転職活動をしようか考えているのであれば、迷う理由はない。即行動に移すべきである。

2−2.職種によっては未経験転職もまだ可能

年齢を重ねれば重ねるほど、未経験業界・職種への転職は難しくなる。特に、未経験職種となるとなおのことだ。

28歳ともなると、専門性のある仕事への転職は正直難しくなる。知識・スキルを前提とされるような職種を、あえて20代後半から育てる手間を企業も負いたいとは思わない。職種未経験だとしても、プライベートでその職種において必要とされる知識・スキルを身につけているなら別だが、そうないのならその分野での転職は困難だ。

しかし、28歳でも職種によっては未経験でも転職は可能だ。営業職・サービス職であれば、慢性的に人材は不足しているし、センスさえあれば未経験でも比較的すぐに戦力化できることから、過去の経験に関わらず募集されていることが多い。専門的な商材を扱う場合は、経験を重視されるが、商材知識を持っていることをアピールできればある程度は評価される。

28歳は20代前半と比べると未経験業界・職種への転職活動は難しくなるが、30代と比べれば遥かにしやすい。新しいチャレンジをしたいなら、28歳を未経験業界・職種への分岐点と考えて挑戦してみよう。

2−3.総合転職エージェントをメインに、状況に応じて20代特化型転職エージェント

前述したように、28歳ともなると総合転職エージェントからも欲せられる年齢層となる。実績のある20代後半層は、転職先での年収も高くなりやすく、転職エージェントからするとマージンを多く得られる人材だからだ。

総合転職エージェントは求人数・質ともにレベルが高い。登録しない手はない。

だが、28歳の年齢で目立った実績がないと、総合転職エージェントでもあまり注力されない可能性がある。その場合は、20代特化型転職エージェントを利用すべきだろう。20代特化型転職エージェントは、主に20代前半の転職をサポートしており、20代後半の登録者は少ない。しかし、20代特化型転職エージェントにとっては、28歳くらいの年齢層は例え実績が相対的に劣っていても、登録者全体の中ではかなり売上を立てやすい人材であり、注力してくれる可能性が高い。

基本は総合転職エージェントを利用すべきだが、状況に応じて20代特化型転職エージェントにも登録してみよう。

2−4.実績重視でありながら、成長性もまだ見られる

28歳ともなると会社では後輩を育てる役割を与えられる年齢であり、20代前半のときのようにポテンシャルだけで転職することは難しくなる。実績を出している者も多くなっており、そのような人材と比べた時に、実績がないことはハンデになる。

しかし、実績だけでは見られない。

もちろん、完全に実力だけで判断される求人もあるが、意外と28歳という年齢は成長性も注目される。景気にもよるが、若手人材は常に企業から求められているからだ。

実績を見せられるのが一番だが、実績が見えにくい仕事も中にはある。そのような場合でも、意欲的に仕事に取り組んでいたのであれば、その意欲は必ず評価される。また、単純に28歳で新しい環境に移ろうと考える成長意欲も評価されるだろう。

3.28歳におすすめの転職エージェント

前述したように、28歳の転職には総合転職エージェントがおすすめだ。そのため、以下では総合転職エージェントを中心に紹介をしている。

3−1.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

総合転職エージェントで必ず登録しておきたいのは、『リクルートエージェント』もしくはDODAだ。どちらか一つ、もしくは両方登録すべきだ。

リクルートエージェントは、10万件を超える求人を扱っており、どの業界・職種であろうと求人を探すのに苦労しないだろう。連絡は自動化されたメールがほとんどで事務的だが、キャリアアドバイザーに余計な干渉をされたくない者にとってはちょうどいい距離感でもある。サポート面が淡白なことで悪い評判を書かれることもあるが、転職エージェントを企業とのやり取り代行程度に考えている方にとっては問題はない。

求人数・質共に業界最高レベルなので、おすすめだ。

3−2.DODA

DODA

DODA

DODA』も取り扱い求人10万件を超える、業界最大手レベルの転職エージェントだ。また、リクルートエージェントと比べてサポートにも力を入れているため、ある程度のサポートを期待する方に大変おすすめだ

求人数・質のレベルは高く、サポート満足度も高い、バランスの取れた転職エージェントと言えるだろう。

3−3.JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメント』は、管理職・海外転職に強い転職エージェントである。

求人数はリクルートエージェント・DODAと比べて少ないが、ハイクラス求人を中心に扱っているのが強みである。逆に言えば、実績に自信がないとフィットする求人がないとも言える。リクルートエージェント・DODAは万人におすすめできるが、JACリクルートメントについては実績に自信がある方のみにおすすめする。

ハイクラス求人が多いので、キャリアアップを目指す方には最適な転職エージェントである。

3−4.ワークポート

ワークポート

ワークポート

ワークポート』は元々IT・Web分野に特化していた転職エージェントである。現在は総合転職エージェントとして事業展開しているので、IT・Web以外の求人も取り扱っている。

求人数・質はリクルートエージェント・DODAに及ばないものの、サポートに強く力を入れているのが特徴だ。世界の港をカウンセリングルームの名前につけているという細かいこだわりも遊び心がある。

ワークポートのような中堅転職エージェントは、大手ほどの求人数はないものの、サービス力で差別化を図ろうとするので大手との使い分けにもなる。リクルートエージェント・DODAは必須登録だが、サポート体制を重視する方はワークポートにも登録して比べてみよう。

3−5.パソナテック

パソナテック

パソナテック

パソナテック』は、ITエンジニア・ものづくりエンジニア・クリエイターに特化した転職エージェントだ。

求人数で選ぶなら総合転職エージェントなのだが、IT・ものづくりの分野はキャリアアドバイザー側に知識がないと、適切な求人紹介がなされない分野でもある。そのため、専門性の高いIT・ものづくりの分野で転職活動を行いたい方は、総合転職エージェントだけでなく、こういった特化型転職エージェントにも登録しておきたいところだ。

全国に拠点があるのも嬉しい。TOEIC資格受験割引・トレーニング割引・書籍購入割引といった一風変わったサービスを受けられる特典もある。

IT・ものづくり関連における実務経験を1年以上持っているような方が対象とはなるが、30代に向けて専門性をさらに身につけて仕事をしていきたい方にはおすすめだ。

3−6.いい就職.com

いい就職.com

いい就職.com

いい就職.com』は20代特化型の転職エージェントである。

基本的には総合転職エージェントを使いたい28歳の転職だが、総合転職エージェントで満足のいくサービスを受けられなかった方は20代特化型転職エージェントの活用をおすすめしたい。

取り扱い求人は多くなく、大手求人も少ないが、隠れた優良中小企業の求人は多い。中小企業には、優良企業ながら知名度がないために採用に苦戦している企業が多い。そのような企業に出会うことができるのが、いい就職.comだ。

4.28歳におすすめのその他サービス

転職エージェントを利用するのが唯一の転職方法ではない。その他にも以下のような転職サービスを活用することをおすすめしたい。

4−1.ビズリーチ

BIZREACH(ビズリーチ)

BIZREACH(ビズリーチ)

ビズリーチ』はスカウト型の転職サービスだ。

登録しておくこと、ビズリーチに登録している企業・ヘッドハンターからスカウトメールが送信され、もし興味があれば応募・選考に進んでいくことができる。即戦力人材層をメインターゲットにしているので、28歳の転職には適しているだろう

ただし、スカウトサービスであるため、基本は待ちの転職活動となる。そういう意味では、まだ具体的に転職しようと考えてはいないが「いいところがあったら」と思っている方にもおすすめだ。

4−2.リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクルートが運営する転職求人サイトと言えば『リクナビNEXT』だ。

豊富な求人が掲載されており、特徴としては大量募集・採用を急いでいる求人が多い点だ。掲載される求人は常に更新されていくので、気になる求人があればすぐに応募すべきである。転職エージェントと違って、転職活動を自分で進めていくことにはなるが、明確に受けたい企業が決まっているような場合は、リクナビNEXTを活用してみよう。

4−3.Green

Greenトップページ

Green

Greenはベンチャー業界に強い求人サイトである。

企業の採用担当者と密なコミュニケーションを取りながら転職活動を進めていけるのが特徴である。気負わずに転職活動を進めていけるように、気になる企業に対して「気になる」を送信できるような、ちょっとゆるい雰囲気があるサービスである。

ベンチャー業界への転職を目指している方には強くおすすめしたい

4.まとめ

以上、28歳の転職活動におけるポイントについて紹介させてもらった。

20代前半の転職は年齢を一つ重ねるごとに有利になり、20代後半は年齢を一つ重ねるごとに実力主義になっていく。30代になると若さの武器は使えない。思い立ったら吉日という気持ちで、即行動に移そう。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。