27歳は転職適齢期?転職活動4つのポイント


27歳にもなると、仕事の流れは当然身についており、新人教育も任せられたり、早ければ役職についていることもある。”とりあえず3年”の社会人経験を乗り越えており、責任ある仕事を任せられることも多くなっていることだろう。

一方で、現在の職場でどのようなキャリアを歩んでいくことになるか、朧気ながら想像できるようになるタイミングでもある。

私自身キャリアアドバイザーとして働いてきたが、20代前半の方が「残業が多すぎる」「仕事が合わない」など明確な不満を持って転職を決意することが多いのに対して、27歳くらいの方は”なんとなく”で転職を開始する方が多いという印象だ。

これといって現職に不満があるわけではない。しかし、これからの長い社会人生活をこのまま同じ会社で過ごしてもいいのだろうか、と悩み始める方が多いのだ。

この点、もし少しでも転職が頭をよぎるのであれば、確実に動き出した方がいい。

このページでは、なぜ27歳という年齢の市場価値、転職活動におけるポイント、おすすめの転職サービスについて紹介したいと思う。

1.27歳の市場価値

それではまず、27歳の中途市場における市場価値について説明したいと思う。

1−1.ある程度の即戦力性を期待できる

27歳となると社会人経験もある程度経ており、企業からすると即戦力性が期待できる。

新卒で採用した社員であれば、研修を行って戦力化させるまで時間をかけようと考える企業は多いが、中途採用においてはなるべく即戦力で活躍してもらいたいというのが企業の本音だ。

その点、27歳となるとビジネスマナーを一から教育する必要がなく、社会の厳しさを経験してきたことによるストレス耐性も見込める。即戦力性を期待できるのに加えて、20代前半の者と比べて”すぐに辞める”というリスクも少ないので、企業から欲しがられる年齢層なのだ。

1−2.30代と比べて成長性も期待できる

27歳はまだ”若さ”という武器がある点も強みだ。30代となると即戦力でなければ採用するメリットは企業にとってないが、20代であればまだギリギリ育てられる年齢であり、今後の成長性に期待することもできる。

一定の即戦力性に加えて、今後の成長性にも期待できるという点で、27歳は転職市場において採用ニーズがある。

1−3.ライバルは26〜29歳の年齢層

20代前半の転職は、ポテンシャル採用が中心だ。実績を残していなくとも、コミュニケーション能力が高ければ転職を成功させやすい。

だが、27歳の転職となるとそうはいかない。なぜなら、実績を残しはじめている26〜29歳の者たちがライバルとして立ちはだかるからだ。周囲のライバルたちと比較されてもアピールができるようにも、現職で少しでも実績を残せるようにしておくべきだろう。
※参考記事:転職成功の鍵は、今の仕事を本気でやること

2.27歳転職活動のポイント

次に、27歳の転職活動ポイントについて紹介したい。

2−1.実績をアピール

27歳という年齢となると、若さだけで勝負することは難しくなる。一定の社会人経験を経ているので、それ相応の実績をアピールする必要がある。

もちろんベストは定量的な実績だ。営業であれば、売上実績などをアピールすることになるだろう。ただし、定量的な実績をアピールすることが難しければ、業務への取り組み方や仕組みを改善した実績等、定性的な実績でも問題はない。

また、社会人経験に相応しい考え方も求められる。27歳にもなって面接で前職の悪口しか言っていないようであれば、考えが甘いとして採用には至らないだろう。自身の実力・スキルを客観的に把握し、それを次の職場でどのように発揮することができるかを説明できることが重要だ。

2−2.総合転職エージェントと20代向け転職エージェントを併用

27歳の年齢で転職をする際には、必ずDODAやリクルートエージェントのような総合転職エージェントに登録すべきだ。まず、何よりも求人の数が多い。全国のあらゆる職種・業界の求人に対応している。

ただし、総合転職エージェントは求人数が多い反面、サポート体制には力を入れない傾向にある。しかも登録者数が多いので、「客を選べる立場」にあり、実績が乏しかったりするとサポート自体を拒否されることすらある。
※参考記事:転職エージェントに相手にされない?「紹介できない」と言われた時にどうするか。

そのような場合には、20代向け転職エージェントにも登録しておくといいだろう。20代向け転職エージェントは、転職が初めての20代をサービス対象にしているため、サポートすることにも慣れている。求人数が多くないかわりに、アドバイザーの求人に対する理解度も深い傾向にあり、丁寧にマッチングしてくれることも魅力だ。

2−3.未経験業界・職種への挑戦が難しくなってくる

社会人全体からしたらまだまだ若い27歳という年齢だが、新人扱いされるような年齢でもない。平均年齢が若い企業なら中堅だし、そうでなくとも後輩育成の役割を負うような年齢だ。

そのため、企業が27歳を採用する際にはある程度の即戦力性を期待する。27歳のものをゼロから教育するくらいなら、20代前半の者を採用したいと考えるのは自然なことだろう。これはつまり、27歳という年齢となると未経験業界・職種への挑戦が20代前半の頃と比べて難しくなることを意味する。

もちろん、20代前半の頃と比べて相対的に難しくなるだけであり、決して不可能ではない。ただ、苦戦することは頭に入れておいた方がいい。

2−4.転職を思い立ったら悩まずに行動

27歳という年齢で転職を思い立ったら、悩まずに即行動することをおすすめしたい。特に未経験業界・職種への転職を考えているならなおさらだ。

20代の転職は一つ年齢を重ねる毎に難易度が変化していく。20代前半ならば未経験分野への転職は比較的容易だ。一方で20代後半は1歳の差で未経験分野への転職が困難になっていく。また、20代後半は実績が年々重視される傾向にある。”若さ”という武器を使うという意味でも、なるべく早めに行動した方がいいだろう。

3.おすすめ転職サービス

最後に27歳の方におすすめの転職サービスを紹介したい。まず登録必須なのが求人数が多い”総合転職エージェント”だ。それに加えて、実績に自信がある方は”ハイクラス転職エージェント”、実績に自信がない方は”20代向け転職エージェント”を使い分けるといいだろう。もちろん転職エージェント以外にも、選択肢はあるので、あわせて紹介したい。

3−1.総合転職エージェント

求人数が豊富であり、求人の質も高い総合転職エージェントは27歳の転職において登録必須だろう。全国の求人を扱っているので、地方在住の方も活用できるのが嬉しい。反面、20代向け転職エージェントと比べてサポートが薄いのも頭に入れておこう。

3−1−1.DODA

DODA

DODA

パーソルキャリアが運営する『DODA』は求人数・求人の質共に業界最高レベルである。

総合転職エージェントは登録者が多いためどうしてもサポートが淡白になりがちだが、その中でもDODAはわりと力を入れてくれる印象だ。求人数の担保のためには総合転職エージェントは最低一つは登録しておきたいところだが、それに加えてサポートについてもある程度求めるのであればDODAがベストだろう。

3−1−2.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント』はリクルートキャリアが運営する転職成功実績No.1の転職エージェントだ。

リクルートエージェントは求人数・求人の質共にDODAと同等レベルもしくはそれ以上であり、サポートについてはかなり淡白という特徴がある。逆に言えば、アドバイザーがあまり干渉してこないので、アドバイザーからの連絡を鬱陶しいと感じる方にとってはちょうどいい。

リクルートエージェントもしくはDODAへの登録は27歳の転職においてはマストだろう。

3−2.ハイクラス転職エージェント

リクルートエージェントやDODAのような総合転職エージェントにもハイクラス求人はあるが、求人数が多すぎて見つけ出すのが難しかったり、アドバイザーの理解度が薄くてピンポイントの紹介がなされないこともある。そのため、ハイクラス求人だけに絞って転職先を探したい場合は、ハイクラス転職エージェントに登録することをおすすめしたい。

3−2−1.JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメント』はハイクラス・外資・海外への転職に特化した転職エージェントである。

特化型転職エージェントながら求人数は決して少なくなく、しかも求人の質は非常に高い。業界でも有名な転職エージェントなので、ハイクラス転職をしたいならとりあえずは登録しておくべき転職エージェントだ。ただし、登録者のレベルが高いため、実績に乏しい場合は高い確率でサービス自体を受けられない。

サービスを受けられれば優良求人を紹介してもらえるので、とりあえず登録してみてもいいだろう。

3−3.20代向け転職エージェント

20代向け転職エージェントは総合転職エージェントと比べて求人数が少ないながら、未経験からチャレンジできる求人が多く、丁寧なサポートをしてくれるのも魅力だ。総合転職エージェントに登録したものの、紹介された求人に全く受からなかったり、サポート体制に不満な場合は20代向け転職エージェントに登録することをおすすめしたい。20代の転職ノウハウについてはこれらのエージェントの方が詳しいので、転職成功確率も高まるだろう。

3−3−1.type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント』は@typeで知られるキャリアデザインセンターが運営する転職エージェントだ。

明確に20代に向けたサービスではないが、20代の転職に強いのでこの分類に入れた。転職エージェントとしては後発で知名度がまだ低いだけに、サポートに力を入れているのが特徴。リクナビNEXTの総合満足度部門で2位を獲得しているのが、そのサポート力を裏付けている。

初めての転職の方はこういった、意外と転職に苦戦することが多いので、サポートが充実している20代向け転職エージェントに登録してみてもいいだろう。

3−3−2.いい就職.com

いい就職.com

いい就職.com

いい就職.com』はブラッシュアップジャパンが運営する20代向け転職エージェント。

ミスマッチの予防に力を入れており、丁寧な企業取材/説明会の開催などが特徴だ。きめ細やかなサポートをしており、利益優先な体質ではないのがこのような中小規模エージェントの魅力だろう。type転職エージェントの方が大手としての安心感はあるだろうが、サポート力では決して負けていないので、両者比較して自分に合う方を選んでもいいだろう。

3−4.その他転職サービス

転職エージェント以外にも転職サービスはもちろんある。スカウト型の転職サービスで”待ち”の転職をしてもいいし、転職サイトで自ら応募する”攻め”の転職をしてみてもいいだろう。

3−4−1.ビズリーチ

BIZREACH(ビズリーチ)

BIZREACH(ビズリーチ)

ビズリーチ』は日本ではまだ馴染みが薄いスカウト型転職サービスである。

企業やヘッドハンターから直接スカウトを受け取る転職サービスであり、基本的には”受け身”の姿勢で使うサービスだ。今すぐに転職をしたいというよりは、「良い企業があったら転職を考えている」という方が登録しておくべきサービスだろう。好条件の求人が多く、実績に自信がある方におすすめだ。

3−4−2.リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXT』はリクルートが運営する転職サイトである。

転職サイトは、一般的に大量募集求人や急募求人が多い傾向にある。転職エージェントで扱っている求人とはまた違った種類のものが多いので、使い分けてみるといいだろう。

4.まとめ

27歳の転職は即戦力としての期待に加えて若さによる成長性もアピールできるという点で、転職に適した時期と言える。

若さの武器は年々使えなくなってくるので、もし転職を少しでも考えているのであれば早めに動くことをおすすめしたい。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。