25歳は転職のチャンス!転職活動4つのポイント


転職活動は年代によってやり方が大きく異る。特に20代の転職は年齢が一つ違うだけで、有利・不利が顕著に表れるため、その年齢ならではの転職活動ポイントを押さえておきたいところ。その点満25歳という年齢は、大学卒の場合は社会人3年目に該当し、転職活動は比較的有利に進めやすい。

そこで、今回は25歳の年齢における転職活動ポイントを紹介したい。

1.満25歳の市場価値

満25歳の年齢は、大学卒の場合”社会人3年目に”該当し、転職市場においては第二新卒として分類される。社会人3年目ともなると、ある程度の実績を残せるようになるため、企業も即戦力として期待し始める年齢である。一方で、まだ”若い”と判断される年齢であるため、十分な実績がなくともポテンシャルを示せれば転職活動がしやすい年齢でもある。

そのため、25歳という年齢は、転職市場において常に一定の需要がある。社会人3年以内に転職を行うことは世間的に一般的であるため、”仕事が続かずストレス耐性がない”というように見られにくいのも特徴だ。

1−1.新卒には若さで負けるが、経験に勝る

25歳という年齢となると、”若さ”という点では新卒層には当然負ける。単純に”若さだけ”を軸に置いて採用活動を行う企業であれば、新卒採用を優先するだろう。

一方で、新卒と比べて社会人経験を3年経ているという強みもある。ビジネスマナーが既に身についていることはもちろん、仕事において何かしらの実績を残すには十分な期間だ。つまり、企業にとっては新卒と比べて研修などの教育コストを低く抑えることができ、かつ即戦力としての期待が出来るという点で、採用コストを割く価値があるのだ。

1−2.30代には経験で負けるが、若さで勝る

25歳という年齢は、社会人全体で見ればまだ経験が不足している年齢だ。その点では、30代を超えた社会人には勝てないだろう。

一方で、25歳という年齢には”社会人全体の中ではまだ若い”という大きな武器がある。新卒よりは社会人経験がある上に、まだ若いために今後の伸びしろが残されており、成長に期待ができる。特定の業界・職種に染まっていない年齢でもあるので、企業のカラーに染めていくこともできる。つまり、企業において長期的に戦力として活躍することも臨めるのだ。

1−3.ライバルは同年齢

25歳という年齢は、新卒・30代のキャリア層と比べて”若さ”という独自の強みを持っているため、転職活動はしやすい時期だ。一方で、ライバルとなるのは同年齢の者たちだ。

25歳ともなると、社会に揉まれて実績を出している者たちも増えてくる年齢。つまり、同年齢でも実績値で差がつき始めるのだ。当然企業としては、実績のある者を優先的に採用したいと考えるのが自然である。

同年齢の者達と比べて、如何に自分の価値をアピールすることができるかが、25歳の転職活動における一つのポイントとなる。

2.実績とポテンシャルが見られる

2−1.実績についてもある程度見られる

25歳の転職活動では、(大学卒の場合には)社会人経験3年目の年齢となるため、ある程度”実績(経験)”も見られることになる。新卒よりは年齢が上のため、即戦力としての期待もかかるためだ。

もちろん、25歳の年齢で抜きん出た実績を持つ者はそれほどいないだろう。だからこそ、もし実績があれば、周りの求職者と比べて一歩リードすることができる。

前職においてどのような業務を行っており、どのような実績を残してきたか。そして、転職先の企業でその経験をどのように活かすことができるのかについて企業は注目する。逆に言えば社会人3年目で転職を目指す方は、転職活動でアピールできるポイントを増やすためにも、真剣に仕事に取り組み実績を残すことに注力すべきだ。
参考記事:転職成功の鍵は、今の仕事を本気でやること

2−2.今後の成長性を示すのも重要

25歳という年齢は実績を見られる一方で、まだまだ”若い”と判断される年齢でもある。企業も今後の戦力として長く働くことを期待するため、ポテンシャルにも注目する。

大手はともかくとして、若手が不足している企業は意外とある。つまり、際立った実績を残していなくとも、ポテンシャルを示すことさえできれば転職のチャンスは十分にある。

前職においてどのような努力・工夫を行ってきたか、どれだけ真剣に仕事を行っていたか。また、転職先の企業で自身がどのように成長をしようと考えているのか、どのような貢献を行おうと考えているか、しっかりとまとめてアピールをしよう。

3.未経験歓迎求人も多く、未経験業界・職種への転職チャンス

3−1.求人数も多くなってくる年齢

25歳という年齢は、ちょうど対象求人数も多くなってくる年齢だ。社会人1〜3年目の第二新卒層の中でも、特に企業のニーズがあるのが社会人3年目だからである。

就活の時は諦めていた大手でも、営業職を大量採用していることがあり、キャリアアップを目指すこともできる。若手を欲する優良な中小企業も多く、社会人1〜2年目の転職希望者と比べて選べる求人は多い。

即戦力としての期待、長期的な活躍への期待により、20代前半の中でやはり25歳の転職は大きなチャンスだ。

3−2.未経験歓迎求人で、未経験業界・職種へ転職チャンス

求人も一定数担保されている上に、25歳を対象とした求人は未経験歓迎の場合が多い。

25歳は企業にとってはまだ若い。逆に言えば、まだ特定の業界・職種に染まりきっておらず、これから自社のカラーに馴染ませていける年齢でもある。

転職はしっかりと実力をつけてから、と考える方もいるが、未経験の業界・職種への挑戦は年齢を重ねていく毎に難しくなっていく。もし未経験業界・職種に挑戦したいのであれば、25歳という年齢は絶好のチャンスとなる。

4.満25歳にオススメの転職サービス

社会人3年目の年齢である25歳となると、求職者間で実績において差が開き始める時期だ。そのため、利用すべきサービスも実績によって使い分けることをオススメする。

25歳となると対象求人も多くなっているため、転職求人サイトも使えるし、転職エージェントという選択肢もあるだろう。転職エージェントの中でも、実績に自信がなければ20代専門の転職エージェントを利用する手があり、選択肢が幅広いのが25歳転職の特徴だ。

4−1.DODA

DODA

DODA

中途市場における市場価値が低い第二新卒層において、25歳は相対的に市場価値が高くなる年齢だ。そのため、求人数が多い大手の総合転職エージェントに少なくとも一つは登録しておきたい。

その点、おすすめなのがDODAだ。

DODAは日本最大級の求人数を誇り、全国業種・職種問わず求人を扱っている。さらに、求人数が多いだけでなく、サービス体制にも定評があるのが特徴だ。

総合転職エージェントは、登録者に困っていないため、年齢が比較的若い25歳となるとまともに相手してくれないこともゼロではない。その点、DODAであれば25歳からの転職活動であろうと、大手の中では比較的サポートを手厚く行ってくれる。登録は必須だろう。

4−2.いい就職.com

いい就職.com

いい就職.com

いい就職.comは第二新卒・既卒を対象とした転職エージェントだ。

リクルートエージェントと比べると求人数は多くないが、20代を対象とした求人を中心に扱っているため、未経験歓迎求人が多いのが特徴だ。また、サポート体制も充実しており、各種セミナーの開催や面接対策・書類選考も行っている。

中小規模の転職エージェントであるため、実績に関わらずサポートを行ってくれるのも嬉しい点。実績にはまだ自信のない方にオススメしたい。

4−3.ジェイック営業カレッジ

ジェイック営業カレッジ

ジェイック営業カレッジ

ジェイック営業カレッジは、第二新卒・既卒・フリーターを対象とした転職エージェント。

ジェイック営業カレッジの大きな特徴は、なんといっても2週間に及ぶ就職講座だ。実践的な研修を通して、社会人としての基本スキルを身に付けてから、書類選考不要の合同企業選考会へ進み、内定を目指していくサービス。就職成功率は80%を超える高水準。

求人数はリクルートエージェントと比べてかなり少ないが、社会人経験のない方でも内定を目指せるサービスであるため、社会人としての実績・経験に自信のない方には強くオススメする。

4−4.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートキャリアが運営する転職エージェントが、リクルートエージェント。

求人数は業界最多であり、転職成功実績もNo.1だ。幅広い種類の求人を取り扱っており、希望の求人を探すのには苦労をしないだろう。

一方でサポート体制は他の転職エージェントと比較して淡白な面もある。また、リクルートエージェントほどの転職エージェントともなると、求職者を選べるような立場になる。つまり、”売りにくい”人材にはあまり力を入れてくれないこともある。

実績に自信があり、転職エージェントのサポートも最低限で問題のない方には、文句無しにオススメだが、そうでない方は20代専門の転職エージェントもしくはDODAの活用がおすすめだ。

4−5.リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXT

転職エージェントの力を借りずに、自分自身で転職活動を進めたい方には、リクナビNEXTがオススメだ。

25歳の年齢となると対象求人も多く、年齢によって書類選考で落とされるということも少なくなる。

それに、リクナビNEXTのような転職求人サイトは、掲載時に企業に課金するビジネスモデルであり、転職エージェントのように採用成功時の課金ではない。採用時に成功報酬が発生するわけではないので、採用コストの面で考えても、企業は積極的な採用を行いやすい。採用母数が多い求人が掲載されることも多いので、選考通過もしやすいだろう。

転職エージェントと併用した方がいいとは思うが、こちらも登録しておいて損はない。

5.まとめ

世間一般で思われているほど20代での転職は早くない。さすがに社会人1年目の転職となると求人は限られており、自分の好きに求人を選ぶことはできないが、25歳となると上述したように求人の幅はどんどん広がる。

また、20代のうちに転職活動を複数行う者も決して少なく、その点25歳の年齢は最初の転職にはちょうどいい時期だ。ちなみに、25歳で2回目の転職となると、転職エージェントで働いてきた感覚としては多い部類に入り、ジョブホッパーと見られないように注意が必要だ。

未経験の業界・職種にチャレンジできるのは20代の特権だ。若さという武器は永遠に使えない。それであれば、使えるうちに使っておくべきだ。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。