24歳から転職先が増えてくる?転職活動4つのポイント


24歳というと、大学卒の方であれば社会人1年目が終わった2年目の年になる。まだまだ社会人としては経験が浅く、やっと現職での業務に慣れてくる頃だろう。そのような状態で果たして転職はできるのか?

結論から言うと、出来る。

転職は力をつけてからでないとできないと思っている方は多いが、考えている以上に若手を欲しがる企業は存在するのだ。特に好景気であればなおさらだ。

そうはいっても、24歳では経験が浅すぎて転職先が限られるのでは?と疑問に思うだろう。確かに、20代後半の即戦力層と比べると選択肢は少ないかもしれない。だが一方で、24歳という年齢はまだ若いからこそ未経験の職種・業界に挑戦ができるチャンスとも言える。加えて、24歳という年齢は1年間の社会人生活を乗り切ったという点が評価されるため、社会人1年未満の頃と比べて求人数は一気に増える。

転職エージェントで働いてきた経験からも、社会人1年未満は敬遠されることが多いのに比べて、社会人1年以上となると急に応募OKとする企業が急増するのを感じる。しかも、24歳という年齢の強みは、まだ若いという点だ。

20代後半になると実績が評価ポイントとなり、ポテンシャルで採用されるということは相対的に少なくなる。当然、即戦力としての期待もかかり、一から教育することを企業側も考えていない。そのため、未経験職種へのチャレンジがしにくくなる。その点、24歳なら企業側も「ビジネスマナーが身についている新卒」という程度の考えであり、教育することを前提に考える。つまり、未経験職種へのチャレンジが非常にしやすいのだ。

そこで、このページでは24歳で転職を考えている方に向けて、24歳における転職のポイントやおすすめの転職エージェントを紹介したいと思う。

1.そもそも24歳での転職は早いのか?

そもそも、24歳で転職をすることは早いのか。「とりあえず3年」という言葉があるが、現実としては学校卒業3年以内に退職していく人は多い。

下の表を見て欲しい。

23年3月新規学校卒業者の離職率

23年3月新規学校卒業者の離職率(参考:厚生労働省:新規学卒者の離職状況

厚生労働省が発表しているデータだが、実に大学卒の約30%が大学卒業後3年以内に離職をしているのである。短大・高校・中学卒となるとその数値はさらに高くなる。しかも、一番離職率が高いのは、なんと社会人1年目の年なのだ。

離職していく人たちは、ストレス耐性のない弱い人、という考え方もできる。だが、そもそも働いたこともない学生が、自分に合った企業を見つけることの方が難しい。ミスマッチが起きることは至極当たり前なのだ。そういう意味では、見切りをつけるのが早いという見方もできる。

人材業界で働いていても、社会人1年目での相談が多いことに驚く。まだ入社1ヶ月程度でも登録をするのだ。ただ、現実として社会人1年未満での求人はどうしても少ない。
参考記事:23歳の転職活動4つのポイント

転職ができないということはないが、24歳から求人が一気に増えることを考えると、どうせ辞めるなら1年くらいは我慢した方がいい。あくまで、一般論としてだが。

いずれにせよ、24歳での転職は早い方になるだろうが、人数は多い。全く珍しいことではないのだ。

2.満24歳の市場価値

それでは、24歳の転職市場における価値とはどのようなものなのか。経験が浅くて不安な方も多いと思うが、社会人を1年経験していることから、転職市場における価値は決して低くない。むしろ、社会人1年未満と比べて一気に高くなる。

2−1.新卒よりビジネスマナーが身についている

24歳となると、社会人を1年間乗り切り社会人としての基礎的な業務を一通り経験したこととなる。ビジネスマナーといった点では教育する必要性が薄くなっており、その点では新卒よりも教育コストが少なく済むというのが企業の評価だ。

しかも、1年という区切りまでは退職しなかったことで、ストレス耐性も多少はあると見られる。この点、社会人1年未満の経験はストレス耐性がないと見られがちなので、大きな違いとなる。

2−2.経験では20代後半に負けるが、同じ土俵では見られない

24歳だと、よほどの実績を残していない限り20代後半と比べて即戦力としての期待をされることはない。

だが、24歳だとどちらかという新卒の延長で採用する企業も多く、そもそも20代後半と同じ土俵で比べられることは少ない。24歳を採用したい企業は、新卒採用で人材を確保しきれなかった企業や、好景気のうちにできるだけ若手を確保しておきたい企業などが多い。

しかも、社会人1年目での転職がストレス耐性によって敬遠されることを考えると、転職市場の中で若さを一番活用できる年齢だと言えるだろう。

2−3.ライバルは25〜26歳

24歳のライバルとしては25〜26歳の層になるだろう。

社会人1年目の者と比べると、社会人2年目での転職はストレス耐性での評価は高いが、25〜26歳の者と比べると劣る。もちろん、ストレス耐性が全てではないが、25〜26歳となると実績も出している者も増えてくるのでライバルとしては強力だ。

如何に25〜26歳の層と比べて成長性を示せるかがポイントとなる。

2−4.24歳は転職エージェントも欲しがる層

実は、24歳という年齢は転職エージェントからも欲しがられる層なのである。特に、第二新卒専門の転職エージェントでは顕著だ。

転職エージェントは、ビジネスモデルの関係上、全ての登録者にサービスを提供するわけではない。やはり売れる人材を優先する。転職エージェントにもよるが、社会人1年未満の者に力を入れない転職エージェントは多い。なぜなら、求人が少ないからだ。
参考記事:転職エージェントに相手にされない?「紹介できない」と言われた時にどうするか。

その点、24歳は対象求人も増えるため、転職エージェントも力を入れ始める。特に、第二新卒専門の転職エージェントにとって、24歳はコアターゲットだ。積極的に求人を紹介してくれるだろう。

3.ポテンシャル重視で見られる

24歳を中途で採用する企業は、新卒の延長としての採用を行う企業が多い。そのため、実績というよりはポテンシャル重視で評価がなされる。もちろん、実績があるに越したことはない。むしろ24歳の年齢で実績もあれば超優良人材となる。

だが、さすがにこの年齢で実績を出している者も稀なので、人事も実績には期待していない。

なので、社会人1年目の期間でどのような姿勢で仕事に取り組んできたか、どのようなことを学んできたのか、といった点を深掘りされる。また、「なぜ1年で辞めたのか」といった点も聞かれることが多い。この点については、納得のいく答えを用意することが重要だろう。

またすぐに辞められることを警戒されることはあるので、意欲を持って前向きな気持で転職をしようと思っているという姿勢を見せることが大事になるだろう。

4.満24歳におすすめの転職エージェント

満24歳におすすめの転職エージェントは、基本的に第二新卒を専門とする転職エージェントだ。知名度のある有力転職エージェントだと登録者が多いため、転職エージェントが登録者を選べるような状況だ。24歳だと経験が浅いと判断されて、大手の転職エージェントでは注力されない可能性があるのだ。

逆に第二新卒専門の転職エージェントにとっては、24歳は売りやすい人材であり、売上に繋げやすい。そのため、力を入れてサポートしてくれるだろう。

4−1.いい就職.com

いい就職.com

いい就職.com

いい就職.com』は第二新卒を専門とした転職エージェントだ。アドバイザーがフレンドリーで、求職者との距離が近い点が特徴であり、親身にアドバイスをしてくれる。

また、いい就職.comでしか扱っていない求人も多く、他では出会えない求人を紹介してもらえる可能性が高い。

特に、いい就職.comはミスマッチの防止に力を入れている点に好感が持てる。企業説明会は頻繁に開催しているし、求人情報も実によく取材がなされている。中小の転職エージェントなのだが、それだけに代表者の想いがしっかりとサービスに反映されているのだろう。中小転職エージェントの強みの一つだ。

4−2.就職Shop(リクルートキャリア)

就職Shop

就職Shop

就職Shop』はリクルートキャリアが運営する第二新卒・既卒・フリーター向けの仕事紹介カウンターである。

人材最大手のリクルートとあって、求人数は他の20代向けサービスと比べてもかなり多く7,500件を超える。また、応募する求人は書類選考なしで進めるのも未経験層にとっては嬉しい。20代前半の方は書類選考で苦戦しやすい。その中で書類選考を省略できるサービスは心強いと言える。もちろん、他の転職エージェントと同じように面接対策といったサービスもなされる。

東京都内はもちろん、千葉・埼玉・神奈川さらには大阪・名古屋・京都に、駅徒歩5分程度の立地に構えているため気軽に相談に行けるので面談予約をしてみよう。

4−3.DODA

DODA

DODA

第二新卒専門の転職エージェントはサポート体制が充実している傾向にある一方で、求人数は大手の総合型転職エージェントに劣る。求人数が多いことは、それだけ転職の幅が広がることを意味する。そのため、大手の転職エージェントにも登録することをおすすめしたい。

特に『DODA』が24歳の転職には向いているだろう。求人数という点ではリクルートエージェントが魅力的なのだが、一方でリクルートエージェントは求職者によってサポートのレベルを変える傾向にある。人気の転職エージェントなので、求職者を選べる立場にあり、社会人1年程の職務経歴ではサポートが満足に受けられない可能性があるのだ。だが、DODAはサポート体制にも定評がある。求人数リクルートエージェントに匹敵する。求人数に困ることはまずないと言っていい。

24歳の年齢で転職を成功させるには、転職エージェントのサポートは重要だ。適切な求人を紹介してくれ、面接対策などをしっかりと行ってくれる転職エージェントを選ぶべきだ。

DODAであれば、サポートのレベルと求人数のバランスがちょうどいい。また、中小転職エージェントと異なり、全国の求人を扱っているので、地方での転職を考えている方でも利用できるのが心強い。

4−4.ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブ

急成長ベンチャーとして有名なレバレジーズが運営する『ハタラクティブ』も20代の転職に強く、おすすめの転職エージェントだ。

サービス内容自体はオーソドックスだが、未経験でも応募できる求人が多く、既卒・第二新卒・フリーターの20代にはうってつけのサービスである。

未経験での申込みが多い転職エージェントであるため、経験の浅い若手層の転職ノウハウには精通している。

4−5.第二新卒ナビ

第二新卒ナビ

第二新卒ナビ

第二新卒ナビ』は、新興の人材ベンチャーである株式会社ウズウズが運営する転職エージェントだ。既卒・第二新卒といった若手に注力しており、面接対策・カウンセリングに力を入れていることが特徴である。

数週間に及ぶ研修プログラムを用意していたり、無料で利用できる勉強スペースが用意されていたり、万全の状態で転職ができるようにサービスを充実させている。

とことん下準備をしてから転職をしたい方にとってはおすすめの転職エージェントだ。

5.24歳の転職4つのポイント

最後に、24歳で転職をする上での4つのポイントについて紹介したい。20代前半は、年齢が一つ違うだけで転職で注意するポイントが全く違う。24歳ならではの転職ポイントを押さえて、転職活動を成功に導いてほしい。

5−1.大手+第二新卒特化の転職エージェントに登録

24歳という年齢は転職市場においては非常に若い。経験が浅いため、大手の総合転職エージェントだけの登録だけでは満足したサービスを受けられない可能性がある。しかし、前述したように求人数ではやはり大手に分がある。そのため、大手の総合転職エージェントに1社は登録しておくべきだろう。

ただし、同時にサポート体制の充実が重要であることも前述したとおりだ。職歴の浅さは面接の場で必ず質問をされる点だ。その職歴の浅さをカバーするためには、適切な受け答えをすることが重要だ。

そのため、若手の転職を専門に扱っている転職エージェントにも必ず登録するべきだろう。第二新卒に特化した転職エージェントならば、既卒・フリーター層もサービス対象としていることが多い。つまり、経験が浅い者の転職を成功させるスペシャリストと言ってもいいだろう。

第二新卒特化型の転職エージェントは、若手の転職にはサポートがつきものだと理解しており、書類添削・面接対策といったサポートも丁寧に行ってくれる。また、企業がどのような若手を採用したいかを把握している。そのため、第二新卒特化型転職エージェントにも必ず登録しておくべきだ。

5−2.面接対策・書類添削は納得するまでやってもらおう

転職エージェントの利用は基本的に無料だ。せっかく無料なのであれば、受けられるサポートをフル活用することをおすすめする。

転職の面接は新卒の面接とは異なり、アピールするポイントも異なる。そのため、面接でどのようなことをアピールするべきかといった点は面接対策でアドバイスを受けたほうがいい。また、職務経歴書を書くことも初めての経験になるはずだ。職務経歴書の体裁などの書き方についてもアドバイスを受けよう。

5−3.なぜ1年で辞めてしまったのか、という質問に対する答えを用意しよう

24歳の転職で必ず聞かれるのが、「なぜ1年で辞めてしまったのか」という点だ。この質問に対する受け答えが24歳の転職の成否を左右する。

ここで重要なのが、他人のせいにしないことだ。新卒で入社した企業は、あなたにとって人生初めての社会人経験だ。社会がどういうものかわからないままに就職しているのだからミスマッチを起こすことはなにも不思議なことではない。実際に入社してみて「こんなはずじゃなかった」ということは多いだろう。

しかし、それでも選んだのは自分だ。思った以上に会社がブラックだったということもあるだろうが、就職活動を通して自身が決めた選択なのであれば、完全に会社のせいということにはできない。

企業の人事も、新卒でミスマッチを起こすことは理解している。だが、自身が決めた選択について全くの反省がないと、転職においてもまた同じような過ちを犯してしまう可能性があると判断される。

企業が24歳を採用する際に恐れるのは、またすぐに辞められることだ。新卒のときは自身のリサーチ不足でミスマッチを起こしてしまったが、次はそのようなことがないようにしているということを見せ、転職先では戦力なれるように前向けであるという姿勢を見せることが、24歳の転職における転職のポイントとなる。

5−4.選考に落ちても落胆しない

24歳という年齢は、転職市場においてはまだまだ弱い人材である。即戦力としての期待はかけれないし、またすぐ辞めるリスクがあるからだ。そのため、選考に落ちることはいくらでもあるだろう。だが、それは当然のことなのだ。

しかし、24歳の年齢は求人数も多くなる年齢だし、企業からのニーズはしっかりとある。辞められるリスクを考えて慎重になってしまう企業はあるが、転職成功例はいくらでもある。

選考に落ちても落胆せずに、次に気持ちを切り替えていくことが重要だろう。

6.まとめ

世間的には24歳での転職は早すぎると思われているだろうが、人材業界で働いているとその辺りの感覚は麻痺してくる。社会人1年で辞めた方の相談を毎日にように受けるからだ。正直1年で辞めてしまうことに対して我慢が足りないと思う気持ちがないでもないが、一方でどうせ辞めるなら早めに辞めてもいいのではとも感じる。

特に、20代で身につける経験・スキルは後の社会人人生を左右すると言っても過言ではない。ろくな経験・スキルを身につけられる見込みがないままに20代前半を過ごすのは危険だ。そのような環境であれば、早めに見切りをつけるべきだ。

社会人1年未満だと求人が限られてしまうので強くは転職をおすすめできないが、社会人1年を過ぎれば、多少の苦戦を強いられるにしても割りと皆スムーズに転職ができる。1年を区切りに転職をすることも考えてみよう。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。